芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの今話題の女優さん俳優さん、アイドルグループ、芸人さんなど多数芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    タグ:香川照之

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     8月10日配信の「NEWSポストセブン」が、再婚を発表した俳優・香川照之に関する記事を掲載。一部で再婚相手は20代女性の一般人だと報じられているが、過去に女優活動もしていたという。

    「記事によると香川が結婚したAさんは、芸能活動の経験があり、石原さとみ綾瀬はるかなどを輩出した新人発掘オーディションホリプロタレントスカウトキャラバン』にて、ファイナリストに選ばれた過去もあるのだとか。その後、彼女は映画やMVなどで活躍するも、2021年からは芸能活動に区切りをつけ、トヨタレース事業を支える会社に勤めていたとのこと。トヨタといえば香川がテレビCMを務めていましたから、そのつながりで2人が出会い、ゴールインした可能性もあるそうです」(芸能記者)

     また、今回の「NEWSポストセブン」は、Aさんが「スカウトキャラバン」の舞台上でポーズを取る写真も掲載。顔は隠されていたものの、記事のプロフィールやその写真から正体が特定されてしまったという。

    「今回記事に掲載されたAさんの過去写真が、2013年の『スカウトキャラバン』でポーズを取る女性の服装や髪型と完全一致していたため、ネットで名前が特定されることに。その女性は当時、一部メディアで“未来の石原さとみ候補”として取り上げられていたほか、ファイナリストとして撮影されたアピール動画もYouTube上にまだ残っているのです。今回、香川の結婚相手だと噂されたことで、当時まだ女子高生だった彼女の動画にアクセスが殺到しており、『クールビューティー系』『香川さんも若い子が好きなんだね』『まさかこの子が将来、香川照之の奥さんになるなんて!』などと驚きの声があがっています」(前出・芸能記者)

     今後は梨園の妻として、香川を支えることになるAさん。いつか彼女がマスコミの前に姿を現すことはあるのだろうか。

    4799811_280_01

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】香川照之の再婚相手が判明し…“未来の石原さとみ”候補だった元女優で妻の「YouTube動画」に驚きの声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    デイリー新潮」が香川照之の性加害スキャンダルを報じたのは、22年8月24日だった。記事によれば、香川は19年、銀座のクラブに勤務するホステスの胸を触るなどして、被害女性がPTSD(心的外傷性ストレス障害)を発症。結果、クラブ責任者に対し、ホステスが損賠賠償請求を求める訴訟に発展する(その後、訴えを取り下げ)経緯などが詳細に報じられていた。

     報道を受けて翌25日、所属事務所が謝罪コメントを発表するも、事態を重く見たトヨタなど大手スポンサーはCM放送の中止を決定。さらにレギュラー番組も降板し、表舞台から姿を消すことになった。

     この問題で、被害女性が心にどれほを大きな傷を負ったかは想像に難くないが、実はもうひとり、香川の独裁的な言動で心に傷を負い、離婚に踏み切ったとされる女性がいる。元妻のAさんだ。

     CAだったAさんと香川は、95年に結婚。当時はまだ東大卒というプロフィールが話題になる程度の中堅俳優だったが、その後メキメキと頭角を現し、演技派としての地位を確立していった。だが、私生活では激動の日々が続く。

     というのも、香川は幼い頃から母で女優の浜木綿子に女手ひとつで育てられ、父で歌舞伎俳優の市川猿翁とは長年にわたり冷戦状態だった。ところが11年に猿翁が脳梗塞で倒れたことを機に、電撃和解。すると夫人に何の相談なく、父親を自宅に同居させたのだという。

    「さらに、香川は自分が果たせなかった『市川猿之助』の大名跡を長男に継がせるため、長男を歌舞伎俳優としてデビューさせ、おまけに自身も歌舞伎デビュー。その結果、Aさんには突然、梨園の妻と義父の介護という重責がのしかかることになった。しかも多忙な香川に代わり、Aさんが全てに対応しなければならず、徐々に2人の関係が悪化していったと言われています」(ワイドショーデスク

     そんな2人が21年間の結婚生活にピリオドを打ったのは、2016年12月12日。一部スポーツ紙の報道を受け、12月14日夜に東京・歌舞伎座の楽屋口で報道陣の囲み取材に答えた香川は、

    「経緯も含め、離婚したという事実以外は何も語らない、ということを約束していますので」

     として詳細については明言を避け、

    「ひとえに私の力不足です。お騒がせしてしまったことを、深くお詫び申し上げます」

     だが、前出のワイドショーデスクが言うには、

    「離婚を抜いたスポーツ報知によれば、香川はこの6年間、ドラマ・映画・歌舞伎で全く休みがなかったとあります。好んで歌舞伎役者の妻になったならまだしも、ある日突然、専業主婦だった女性が梨園の妻になり、義父の介護まで担うことになった。にもかかわらず、多忙な夫は6年間も休みなし。夫人の心が折れるのは時間の問題だったのかもしれません」

     仕事での名声を選んだ香川にとって、その代償はあまりにも大きかったのである。

    (山川敦司)

    1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

    20230521_asagei_kagawa-2

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】銀座クラブ狼藉だけじゃない…香川照之が心の傷を負わせた「もうひとりの女性」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 冬月記者 ★ :2023/05/01(月) 18:45:12.29ID:26EjRz309
    https://news.yahoo.co.jp/articles/68b759725df34bb1b15e21bb50b8c2885c297dbb
    20230501-00010002-jisin-000-8-view

    香川照之「俺にはもう歌舞伎だけ」追放から半年で漏らした“テレビ復帰”への諦め


    「毎月のように歌舞伎の舞台に立っている市川中車さん(香川照之)ですが、6月公演でついに主役を務めます」(歌舞伎関係者)

     昨年8月に銀座のホステスに対する性加害を報じられた香川照之(57)。昨年末の「十二月大歌舞伎」で舞台復帰しているが、歌舞伎ファンからは辛口な声も聞こえてきた。

     「まったく声が出ていませんでしたね。襲名披露した10年前から変わっていないようで残念でした」

     「六月大歌舞伎」では、『傾城反魂香』で主役の浮世又平を演じるが、果たして観客を満足させることはできるのか。

    「通称“吃又(どもまた)”と呼ばれる人気の演目です。吃音を抱える主人公が自分のコンプレックスを克服し絵師として成長していく物語で、夫婦愛も描かれます。中車さんにとって初めて演じる役どころですが、主役としてどれくらいの存在感を出せるかに、今後がかかってくると思います」(歌舞伎ライター・仲野マリさん)


     いっぽう、テレビについては“追放”されたまま半年以上が過ぎた。

     「香川さんと結びつきの強かったTBSからも声はかかりません。7月期の日曜劇場は主演が堺雅人さん、演出は福澤克雄さんと『半沢直樹』チームの制作だったのですが……」(テレビ誌記者)

     そんな香川は、自分をとりまく状況について近しい仲間にこう語っているという。

     「“テレビ復帰はもう諦めた。俺にはもう歌舞伎だけだ”と言っていました。性加害報道でそっぽを向いた視聴者よりも、“自分を理解してくれるお客さんのために演技したい”とも……」(香川の知人)

     梨園だけで生きていく決断をしたという香川。

     「先輩後輩にかかわらず、自分から挨拶したり、差し入れがあればおすそ分けするなど殊勝な態度です。以前は時折見られた“上から目線”も消えましたね」(前出・歌舞伎関係者)

     出演の決定権を持つ座頭には特に気を使っているようだ。

     「中車さんをよく起用しているのが、市川猿之助さん(47)です。中車さんは、演技で評判を落とすと彼の顔をつぶすことになってしまうので、必死ですよ。また、復帰の手を差し伸べてくれた市川團十郎さん(45)にも、一生頭が上がらないでしょう」(前出・歌舞伎関係者)

     主役に向けて、歌舞伎にとりつかれたように稽古しているという。ドラマ『半沢直樹』では一度失脚した大和田常務が復活していたが、果たして香川もしぶとさを見せられるか。

    【【芸能】香川照之「俺にはもう歌舞伎だけ」 追放から半年で漏らした“テレビ復帰”への諦め 歌舞伎の6月公演でついに主役】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/12/06(火) 19:43:34.12ID:hZ+uEKgK9
    12/6(火) 11:20配信
    スポーツ報知

    香川照之、市川中車として俳優復帰 團十郎襲名披露「十二月大歌舞伎」で松緑、幸四郎と共演

     8月に3年前の女性へのわいせつ行為を一部週刊誌で報じられ、TBS系「THE TIME,」の金曜司会や同局系ドラマ「アトムの童(こ)」、複数のCMなどを降板した俳優の香川照之が6日、歌舞伎俳優・市川中車として13代目市川團十郎白猿襲名披露の歌舞伎座「十二月大歌舞伎」(26日千秋楽)の昼の部「鞘當(さやあて)」で俳優復帰した。

     11月18日から主演映画「宮松と山下」が公開されているが、実際に演技をするのは9月29日に最終回を迎えたテレビ朝日系ドラマ「六本木クラス」以来、約3か月ぶり。華やかな吉原を舞台に、名古屋山三(松本幸四郎)、不破伴左衛門(尾上松緑)がすれ違ったところ、互いの刀の鞘(さや)が当たったところから争いになる物語で、中車は仲裁に入る茶屋亭主の照右衛門を演じた。市川姓の役者中心に37人が列座する夜の部「口上」にも出演している。

     以前は歌舞伎でもドラマ「半沢直樹」での名ゼリフ「おしまいデス!」を披露したり、「新・三国志」では昆虫好きをもじって羅昆虫(ら・こんちゅう)の役名で出演したこともあるが、今回は持ち前のギラギラ感を封印。年齢は下だが、歌舞伎界では先輩である幸四郎、松緑の胸を借りる形で、江戸の町人になりきった。花道からの登場や、3人そろって見得(みえ)を切る場面では「澤瀉(おもだか)屋!」の大向こうが掛かり、大きな拍手に包まれた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/20b19183fab86d423e029d8604329732d2fb301d


    20221206-12051259-sph-000-11-view

    【【芸能】香川照之、俳優復帰のお知らせ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/03(木) 15:45:22.58ID:wtmZVKvT9
    11/3(木) 8:46配信
    東スポWEB

     俳優の香川照之(56)が出演する殺虫剤のCMが打ち切られず、継続されることが2日、分かった。メーカー側が取材に答えた。

     香川は8月、銀座ホステスへの〝性加害〟が報じられ、金曜日司会のTBS系「THE TIME,」や同局系日曜劇場「アトムの童」などを降板。トヨタやサントリーなど、出演したCM7社のうち6社が終了した。

     残るは「キンチョー」の愛称で知られる「大日本除虫菊」(大阪市)のみ。香川は同社の殺虫スプレー「キンチョール」と殺虫剤「ゴキブリムエンダー」の2商品のCMに出演している。

     広告代理店関係者は「香川さんのCMの継続をめぐってはSNS上で『当然打ち切りだ』という声や『そこまでしなくても』という声がありました。キンチョーは相当議論を重ねたようですが、継続と決めたようです」と語った。

     同社担当者も2日、取材に、CMを契約期間途中で打ち切ることなく継続すると説明した。同社は9月時点では、CMの扱いは「検討中」としていた。

     香川の露出減も下げ止まりになった。

     10月31日に東京・歌舞伎座で行われた、十三代目市川團十郎の襲名記念公演の顔寄せ手打式に歌舞伎役者の市川中車として出席。9月2日放送の「THE TIME,」で謝罪して降板して以降、初の公の場だった。また、市川中車としては、團十郎の襲名記念公演「十二月大歌舞伎」(12月5~26日、歌舞伎座)に出演予定。当面は歌舞伎での活動が濃厚とされている。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9c995ef3374e4ef413a0140b7300e2b363da71c7

    【【芸能】香川照之〝CM全滅〟免れた! キンチョーが「打ち切りなし」を明言】の続きを読む

    このページのトップヘ