芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの今話題の女優さん俳優さん、アイドルグループ、芸人さんなど多数芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    タグ:橋本環奈

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 ニーニーφ ★ :2024/01/14(日) 12:07:19.77 ID:g5Utdp1q9
     紅白歌合戦では2年連続で司会を務め、朝ドラの主演も決定。25歳の年も引っ張りだこなのが女優の橋本環奈である。その彼女、新年には新規ビジネスへの進出も視野に入れていて…。

    「千年に一度のアイドル」と呼ばれてブレイクした橋本。2023年も連続ドラマの主演2本に映画出演は6本と、人もうらやむ稼ぎっぷりである。

     その橋本は「ディスカバリー・ネクスト」なる事務所の所属であるが、一方で「個人事務所」ともいえる会社を持っていることは知られていない。その会社を仮に「K社」とすると、同社は19年に設立され、取締役には橋本と彼女の母親が名を連ねているのだ。

     もっとも、芸能人が売れると、個人事務所を設立するのはよくある話。

     芸能事務所の経営者でもある、経営コンサルタントの和田哲幸氏によれば、

    「個人会社を設立すると、税制面でのメリットを享受できます。個人事業主であれば収入に対して所得税は最大45%もかかりますが、事務所を作り、そこに収入を入れればかかるのは法人税となり、最大で23%程度。収入が多い芸能人ほど、法人化するメリットはあります。また、自宅の家賃や移動用の車両購入費、仕事用の携帯電話料金、衣装代や化粧品代まで経費として認められる可能性もあり、その場合も収入が圧縮され、支払う税金が少なくなります」

     ところが――。

     この個人事務所の登記簿をよく見ると、奇妙な点に気付く。彼女と同様の売れっ子女優、例えば、綾瀬はるかや石原さとみ、川口春奈も個人事務所を持っている。しかし彼女らのそれはいずれも代表や取締役を親族と見られる面々が占めているのに対し、橋本の場合、代表は彼女のマネージャーを務めたこともある所属事務所スタッフ、取締役にも所属事務所の社長の名がある。K社の所在地は、所属事務所と同一だ。

    「珍しいケースですよね」

     と首をひねるのは、さる芸能プロの関係者。

    「所属事務所が社長やスタッフを入れているということは、出資もしているということでしょう。単なる節税のためだけの会社なら、そこまで面倒を見るのは異例。彼女って事務所の稼ぎ頭ですから、将来的な独立を防ぐ目的か」

     ついては当のディスカバリー社にK社設立の理由を尋ねてみると、

    「橋本環奈を中心としたブランド、飲食等新規事業を行うための会社です。(24年度は)本格的に事業もスタートする予定です」

     社長らが取締役を務めているわけについても、

    「新規事業を行うに際してもわれわれが本人から決裁等委託してもらわないと進める事ができないからです」

     と、どうやら実際に事業を開始する予定らしい……。

     24年も馬車馬の日々を送りそうである。

    「週刊新潮」2024年1月4・11日号 掲載
    20240114-01075146-shincho-000-1-view

    新潮社
    https://news.yahoo.co.jp/articles/13fb8988c8850a93e18ccbd7eeac1bbaf33dcdab

    【【芸能】橋本環奈が始める新ビジネス】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 冬月記者 ★ :2024/01/06(土) 00:56:29.71 ID:zvChO5Xp9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b917d15a96bb6d9528d8aacb4c7903e78a071603
    20240105-00000134-ykf-000-4-view

    橋本環奈に称賛の声 紅白司会の有吉弘行、浜辺美波に緊張感 「本来の視聴者層も民放に奪われ…」2部制以降で過去最低視聴率


    ■〝ジャニ勢〟ゼロの影響か前年比3・4ポイント減31・9%

     2023年の大みそかに放送された第74回NHK紅白歌合戦で、トリを含むヤマ場の第2部(午後9時~11時45分)の関東地区の平均世帯視聴率は前年比3・4ポイント減の31・9%(ビデオリサーチ調べ)で、2部制となった1989年以降で過去最低となった。そんな中、安定の司会ぶりで株を上げたのが女優の橋本環奈(24)だ。

     旧ジャニーズ勢の出場がゼロとなったことへの影響が懸念された。関西地区の第2部は32・5%でやはり前年から4・2ポイント下げた。

     第1部でも関東地区は29・0%(同2・2ポイント減)で初めて30%の大台を下回り、関西地区も27・5%(同2・7ポイント減)と軒並み前年よりも数字を落とす結果となった。

    「第1部が30%を割った背景には、これまで番組前半は未成年のジュニア勢も多く出場していたこともあり、旧ジャニーズ勢がゼロになった影響も否めないだろう」と音楽関係者は指摘する。

     紅白の〝裏番組〟で、民放トップとなったのは、テレビ朝日系で放送された「ザワつく!大晦日 一茂良純ちさ子の会」の第2部で12・3%だった。

    「テレ朝の『ザワつく』のターゲットは若い世代ではなく、中高年世代。TBSのWBCものも10%近くまで数字を上げたことを考えると、紅白は本来の視聴者層も民放に奪われた可能性がある。30%を切らなかったことがせめてもの救い」と先の音楽関係者。

     そんな中、前年に引き続き紅白の司会という大役を乗り切った橋本に称賛の声が集まる。

    「有吉弘行さんと浜辺美波さんが初司会とあって冒頭は緊張感が漂っていました。橋本さんはそんな2人を引っ張るような見事な進行ぶりでした。最後に少し甘噛みしたぐらいというアナウンサー顔負けのよどみないしゃべりや、NiziUの縄跳びダンスやディズニーメドレーなどにも参加するなど多才ぶりを発揮しました。今年は朝ドラ撮影が入ってくるため、3年連続の司会は厳しいかもしれませんが、橋本さんならこなしてしまいそうです」と放送関係者は話す。

    【【芸能】橋本環奈に称賛の声 紅白司会の有吉弘行、浜辺美波に緊張感 「本来の視聴者層も民放に奪われ…」2部制以降で過去最低視聴率】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 フォーエバー ★ :2023/12/23(土) 18:33:23.47 ID:9vDXRtDB9
    12/23(土) 18:08配信

    SmartFLASH
    Copyright©2023 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

     12月21日、女優の橋本環奈が3rd写真集「カレイドスコープ」(講談社)を発売することを発表した。発売日は彼女の25歳の誕生日である2024年2月3日となる予定だ。

    【写真】有村架純と橋本環奈をもっと見る

    「写真集は20歳のとき以来で5年ぶりとなります。スペイン・バルセロナで撮影が行われ、公開された先行カットは、ざっくりと背中の空いた淡いピンク色のドレスを身にまとい大人の色気を感じさせます。現在、Amazonの『特殊写真』ランキングでは1位になっており期待の高さがうかがえます」(芸能記者)

     しかし、SNSでは不穏な空気が漂っている。橋本環奈といえば、2022年10月に『女性自身』(11月8日号)で中川大志との熱愛が報じられ、12月には同誌がクリスマス自宅デートも報道している。X(旧Twitter)では熱愛相手の顔がチラつくとの意見も……。

    《中川大志がチラつくやろ》

    《橋本環奈の写真集って中川大志用の出版?》

     奇しくも橋本と同時期に3冊目の写真集を発売する予定なのが、有村架純だ。

    「有村さんの3rd写真集『sou.』(マガジンハウス)の発売日は2024年2月9日。タイトルには『想う』という意味が込められています。国内とタイの離島で撮影され、水着ショットも盛り込まれているようです。3月3日には直筆サインが入った写真集を本人から貰えるお渡し会も開催予定です。しかし、ここでも熱愛報道が頭をよぎりますよね。『女性セブン』(1月4・11日号)で髙橋海人さんとの熱愛が報じられたばかり。ショックを受けるファンも多いようです」(同)

     写真集のお渡し会ともあれば、ファンにとっては有村本人に直接会える滅多にない機会だが、ファン歴10年の40代男性は肩を落としこう呟いた。

    「恋愛は自由だと思うけど、2回目の熱愛もジャニーズでしょ。しかも写真集発売直前に交際発覚なんて……。2013年からは一度も週刊誌に撮られてなかった架純ちゃんだけに、やっぱりプロ意識が高いんだなと思っていたのに本当にガッカリ。写真集の購入も悩みますよ。お渡し会を楽しみに年越ししようと思っていたのに、楽しみがなくなってしまいました」

     こうした“ファン離れ”の動きはX上でも見受けられている。

    《相手も含めていろいろがっかりしたので、写真集をポチるのをやめた》

    《有村架純さんの2rd写真集をBOOKOFFに持っていくとしますか。いままでありがとうございました》

    《来年有村架純、写真集出すのにこの時期に熱愛報道はマイナスやろなー》

     年の瀬のショックは、来年になっても尾を引きそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cabd081e09500031d37d952faeb5e2ac78b40fb1


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800

    【【芸能】「熱愛出たから購入悩む」「買うの辞めた…」有村架純・橋本環奈 熱愛女優の「3月発売」写真集に深刻な“ファン離れ”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 フォーエバー ★ :2023/12/20(水) 17:22:13.38 ID:XKnkzI/b9
    12/20(水) 15:59配信

    日刊スポーツ

     女優橋本環奈(24)が福岡発のアイドルグループ「Rev. from DVL」のメンバーとして活動していた当時に関するSNS上のデマについて、元メンバーでアイドルグループ「泡沫パーティーズ」の立花咲希が否定した。

    【お宝写真】「不人気だった?」アイドル時代の橋本環奈

     橋本は同グループ在籍時の2013年にファンが撮影した写真がネットで拡散され、「1000年に1人の逸材」「天使すぎるアイドル」などと話題になり、一気にブレークを果たした。しかしネット上では「アイドル時代は不人気メンバーだった」などとする書き込みもあり、立花はそうした投稿を貼り付け、「なんかこれ系のデマ何億回も流れてくるんだけど なんで不人気メンにされてるの?笑」と言及した。

     「元メンバーですが見ただけでモヤッとくるのにRev's fanはもっと嘘言われるのいやだよね」とファンの胸中を推し量るとともに、「全然この頃から人気だったしセンター曲あったしソロの仕事もしてたし、尊敬するところ沢山の先輩でしたよ!!!!!(大声)」と強調した。

     Rev. from DVLは03年、前身グループの「DVL」として結成。11年に改名し、14年4月にメジャーデビューを果たしたが、17年3月をもって解散した。
    202312200000613-w500_0

    https://news.yahoo.co.jp/articles/95ffbfa1efd82ce08439ce55ef9970ab1d7e3be9

    【【芸能】「橋本環奈は不人気だった」アイドル時代のデマを元メンバー否定「全然この頃から人気だったし」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 ネギうどん ★ :2023/11/15(水) 09:46:55.98 ID:pfPMySu49
     11月13日で第5話を迎えたドラマ「トクメイ!警視庁特別会計係」(フジテレビ系)で、特別会計係の警察官・一円(はじめまどか)を演じる女優・橋本環奈。ドラマの宣伝を兼ね、プライベートでも“1円”単位で節約を図るほどの倹約家だと橋本が明かしたインタビュー記事に思わぬ反響が寄せられているという。

    「さる10月28日配信の『女性自身』の記事です。円を演じるにあたり、橋本は『刑事ドラマはたくさんありますが、1円玉がどこに落ちているかというような、“お金”を糸口に事件を解決するところが面白いと思います』と語ったほか、物価高に悩む“庶民派な一面”を感じさせる言葉もありました。所轄署の経費削減を特命として背負わされ、お金の管理を徹底する役所を演じた橋本は、『スーパーの卵が1パック300円だとためらったり、ガスと電気をまとめると安くなるというようなお得な話は調べたりします』とのことで、ドラマ内だけでなく、私生活でも節約のトクメイを実践しているようです」(テレビ誌ライター)

     ただし、同記事では、休みの日は山梨県にあるというプライベートサウナ(個室で楽しめるサウナ)や、ゴルフを楽しむとも明かし、「私、時間の使い方がうまくて、半日休みがあるとすぐに旅行の計画を立てちゃうんです」とも。どうやら、節約と遊びのメリハリを満喫している、ということのようだ。が、これに反発を覚える読者がいたという。

    「ネット上で、卵についての発言に、『別に庶民派アピールしなくていいのに』との反応がありました。橋本といえば、今や国民的人気若手女優で、その人気はトップクラス。2021年11月に同じ女性自身が、20年10月に橋本が東京都内の3億円相当の超高級マンションの一室を購入しており、CM出演料は1本あたり3000万円程で、CMだけでも年間5億円以上の収入があると報じているんです。そんな超セレブな橋本による“卵の値段上昇”を気にするような発言に『こういう芸能人が節約の話してるの見ても、全く説得力がない』などの声や、一方で、生活のために泣く泣く卵の値上げに踏み切った農家の立場に寄り添い『生産者さんの事を何も考えていない発言』『私は卵農家さんのためにも多少高くても買います』などとの指摘。さらには、『稼いでる芸能人まで節約し始めたら経済どうやって回るの?』『そこで買わないからいつまでもデフレを抜け出せない』という意見まで見られるほど様々な反応が出てしまったんです」(前出・テレビ誌ライター)

     橋本の発言には確かに違和感を覚えなくもないが、そう長くはないインタビュー記事での発言に、ここまで話が広がっていたとは本人にとっては全くの想定外!?
    20231113_asajo_hashikan

    https://asajo.jp/excerpt/197692

    【【芸能】年収5億円の橋本環奈「卵が1パック300円だとためらう」発言に “日本を憂う” 反響】の続きを読む

    このページのトップヘ