芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの今話題の女優さん俳優さん、アイドルグループ、芸人さんなど多数芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    タグ:唐田えりか

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    th

    18日から公開中の映画『死体の人』で唐田えりかヒロインを務めている。一時期は「スキャンダル」の影響で表舞台から姿を消していた唐田。

    だが、最近は主役やヒロインに抜擢されていて…。

    【関連】唐田えりか、東出昌大が「狩猟生活」の裏で… 経験していた”下積み期間”


    ■「スキャンダル」から3年

    唐田は2014年千葉県マザー牧場でアルバイトしていたところをスカウトされ、芸能界入り。15年のドラマ『恋仲』(フジテレビ系)、18年の『トドメの接吻』(日本テレビ系)、19年の『凪のお暇』(TBS系)など、話題作に出演し注目を浴びていた。

    だが、20年に東出昌大との不倫を報じられたことで状況は一変。当時、レギュラー出演していたドラマは降板になり、ネット上では唐田に対する厳しい批判の声があがった。


    関連記事:東出昌大、「山ごもり生活」でも発揮 ”意外な強み”でピンチを救われていた…

    ■主役、ヒロイン役が続くのは…

    しばらく表舞台から姿を消していたが、21年9月から女優業を再開。復帰後の活動は順調だ。

    昨年11月には映画『の方へ、流れる』で遠藤雄弥とW主演を務め、現在公開中の映画『死体の人』ではヒロイン、今年公開予定の映画『真夜中のキッス』と『朝がくるとむなしくなる』では主演を務めることが決まっている。ある芸能事務所関係者は、主演やヒロイン役が続く背景について語る。

    「もともと、唐田さんは演技の幅が広く、クセの強い役もこなせるので、女優としての評価は高かったんです。また、NG事項がほとんどなく、どんな役にも体当たりで挑む姿勢も好評です。今年Netflixで配信予定のドラマ『極悪女王』でも、プロレスラー役を演じるために10キロ以上体重を増やしたといいます」(芸能事務所関係者)。

    演技に向き合う姿勢が改めて評価されているのだろう。


    ■イベント後に見せた姿に仰天

    唐田に対しては、今も一部で批判的な意見が見受けられる。前出の芸能事務所関係者は、「一連のスキャンダルに関しては擁護できない」としつつ、彼女の覚悟の強さを評価する。

    「昨年の映画『の方へ、流れる』の舞台挨拶終了後、会場の前に多くの人が集まり、唐田さんの出待ちをする一幕がありました。当時、まだ彼女に対する批判が多かったこともあり、安全面を考慮して周囲のスタッフは『対応しないほうがいいのでは?』とアドバイスしたそうです。でも、唐田さんは『集まってくれた人にきちんと向き合いたい』と笑顔で対応していましたよ」(前出・芸能事務所関係者)。

    たとえ、集まった人から心ない言葉をかけられても、すべて受け止めようという思いだったのだろうか…。


    ■「オファーが増える可能性」

    スタートから約2年経ち、真摯に仕事に取り組んでいる唐田。業界内では、そんな彼女に対する見方も変わってきているようだ。

    「唐田さんは事実上の活動休止状態になった期間、電車で所属事務所に通い、1日中事務仕事をしていたそうです。そんなふうに、自分のできるところからコツコツ仕事する姿が評価されています。主演作の評判も良いですし、今後彼女へのオファーはさらに増えると思いますよ」(前出・芸能事務所関係者)。

    生まれ変わった「女優・唐田えりか」の快進撃はまだ始まったばかりかもしれない。

    ・合わせて読みたい→小出恵介、結婚の裏で乗り越えた「苦難」 関係者からの評判にも変化が…

    (取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

    唐田えりか、主演オファー続出の裏で固めた覚悟 仕事先での「ある行動」に周囲も仰天


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】唐田えりか、主演オファー続出の裏で固めた覚悟 仕事先での「ある行動」に周囲も仰天】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 jinjin ★ :2023/02/27(月) 22:03:12.70ID:Uy+PqgyF9
    唐田えりか *嬢役で新境地「挑戦的な役」 主演は「これやるの?」と驚き


    女優の唐田えりか(25)が27日、都内で行われた映画「死体の人」(3月17日公開)の完成披露舞台あいさつに主演の奥野瑛太(37)らと登壇した。

    「まだ存在しない映画の予告編」を競うコンテストの最優秀作品を映画化し、死体役ばかりを演じる売れない役者の姿をユーモラスに描く。

    唐田はヒロインとなる*嬢役。

    奥野が「台本をみたときに『これ、唐田さんやられるの?』って役柄」と驚くほどで、新境地を開いている。


    撮影を振り返り、唐田は「自分の中でも挑戦的な役だったなと思うんですけど、それを身構えず、役としての土台を作った上で現場で奥野さんとのセッションを素直にする。自分の感情を素直に信じようと思ってやりました」と明かした。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/a281af85c1d72879ec5bcf58d15e0b76abb6bd82

    (出典 i.imgur.com)




    (出典 Youtube)


    【【芸能】唐田えりか、デリヘル嬢役で新境地「挑戦的な役」 主演は「これやるの?」と驚き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     女優の唐田えりか11月26日、都内で行われた映画「の方へ、流れる」(竹馬靖具監督)の初日舞台あいさつに登場したことを、各メディアが報じた。

     唐田は2020年1月に、俳優の東出昌大との不倫が報じられ、活動休止状態となって以来、初の公の場。同作は、出会ったばかりの男女が街をさまよい、曖昧な会話の中に真実を探り合う恋愛物語で、唐田は今回の役をオーディションで射止めたという。 

     ​>>もう“商品価値”がない? 東出昌大、巨額の違約金を肩代わりしてくれた事務所をクビになったワケ<<​​​

     唐田は「今日という日を迎えられたこと…本当に感謝しています」とこみ上げる涙で声を震わせ、活動休止中の胸中を「自分という者に向き合っていました。自分のダメなところや弱いところ、自分と向き合っている中で、(自分と)向き合ってくださる方たちがいて、今ここに立てています」と明かし感謝した。

     「すでに唐田は、レジェンド女子プロレスラー・長与千種役で出演するNetflixの『極悪女王』の撮影に臨んでいる。現在、主演でダンプ松本役のゆりやんレトリィバァの負傷で撮影が中断しているが、唐田は増量して撮影に臨んでいるので、撮影を終えるまではダイエットできない。それでも、話題を集める作品になりそうで、唐田も並々ならぬ覚悟で臨んでいるはず」(芸能記者) 

     一部報道によると、唐田の所属事務所社長が唐田を気遣ってか、「極悪女王」の現場を頻繁に訪れているというが、事務所の唐田への〝ガード〟はしばらく続きそうだというのだ。

     「ようやく公の場に登場して〝みそぎ〟が済んだ。唐田と同じ事務所には有村架純戸田恵梨香、広末涼子らが所属。当分は自社の先輩女優たちのバーターで仕事をこなすことになりそうだ。CMスポンサーの関係があるので、まだまだテレビ番組への出演までは時間がかかるだろうから、映画とネット配信の作品が中心になるだろう」(芸能記者)

     これで唐田は「極悪女王」のPRイベントにも堂々と登場することができそうだ。 

    m_npn-200025739

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】〝みそぎ〟が済んだ? 唐田えりか、事務所社長からも手厚いガードで公の場にも復帰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     女優の唐田えりか11月26日、主演映画「の方へ、流れる」の公開初日舞台挨拶に登場した。登壇した際の唐田の様子を、映画ライターが振り返る。

    「あのスキャンダル以降、初の公の場とあって、目は泳ぎっぱなしで声も震え、極度に緊張していました。ただ、観客から『復活おめでとう』などと声がかかると涙を見せつつ、これまでの心境を長い時間を割いて語っていました。ドン底からここまで這い上がるだけの、神経の太さを感じましたよ」

     唐田が東出昌大との不貞関係を報じられたのが、20年1月。以降、約1年以上にわたって活動休止の状態となったが、昨年秋には短編映画に出演して女優復帰。今年に入ってからは「の方へ、流れる」のほか、来春も短編映画の主演や配信ドラマの出演が決まるなど、本格的に活動を再開させている。芸能記者が言う。

    「彼女にとっては今回が3年ぶりの主演映画となったわけですが、あれだけの大騒動を起こしながら短期間で本格復帰できたのは、所属事務所をはじめ関係者のおかげであり、決して世間の待望論に押された形ではないのが現実的なところ。そのため、舞台挨拶で彼女は『この日を迎えられて感謝しています』『大切な方たちに恩返ししたい』としていた。が、やはり一部からは東出と離婚した杏に対して『謝ったのか』『感謝よりそっちが先では』との、冷ややかな声も上がっていますね」

     もっとも、水面下で唐田が杏に謝罪した、との報道もあったが、世間的にはまだミソギが済んでいないという印象が強いのだろう。

    「杏が渡仏したタイミングでの本格復帰、という点にもケチがついているほど。こうした状況では、映画はOKでも地上波での主演ドラマなどは、まだまだ遠い話でしょうね」(前出・芸能記者)

     今後は正真正銘の、自身の演技力で切り開いていくしかないだろう。

    sirabee200124karata01



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】スキャンダル復活!唐田えりか「3年ぶり映画主演」でも「ミソギは済んでいない」論】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 jinjin ★ :2022/11/26(土) 20:05:29.97ID:FuVJQf8f9
    唐田えりか、主演映画の舞台挨拶で思わず涙 「不倫は犯罪ではない」増える応援、“相手”の東出昌大も現場で高評価


    11月26日、女優の唐田えりか(25)が、自身が主演を務めた長編映画『の方へ、流れる』の初日舞台挨拶に登場した。

    2020年1月、東出昌大(34)との不倫を「週刊文春」によって報じられ、事実上、休業状態にあった唐田。
    長編映画への出演は『チア男子!!』以来、3年ぶりだ。

    舞台挨拶に登場した唐田には、観客から「おかえり! 復活おめでとう!」との声が上がった。それに対して、「ありがとうございます! 今日という日を迎えられたことを、すごく感謝しています」と語り、唐田は涙を流した。


    「活動休止直後は日々、所属事務所で裏方として働いていました。髪型をショートヘアにして、事務作業に真面目に励んでいるという情報が、複数の週刊誌で報じられていました」(芸能記者)


    ショートヘアで“禊”生活を送っていた彼女。
    一時、ロングヘアに戻していた時期もあったが、復帰映画の公開前にはNetflixドラマ『極悪女王』でプロレスラー役を演じるため、体重を10kg増やし、髪を再びバッサリと切り、撮影に臨む様子がたびたび目撃されていた。


    不倫発覚から2年10カ月を経て、世間の受け止め方も変化してきた。

    《少なくともこの国で不倫は犯罪ではない以上、当人間の謝罪があれば禊も何も必要ないと思う》

    《犯罪者になったわけじゃないんだ。実力ある女優さんなんだから陰ながら応援しますよ》

    《人生の半分位の経験を積まれた唐田さん、暖かく見守りたい》

    意外にも、応援の声も増えてきているようだ。


    最近では、不倫相手だった東出にも『福田村事件(仮)』や、元ブルゾンちえみの藤原しおり(32)との共演作など、映画への出演依頼が殺到している。

    「2022年1月に所属事務所から独立して以降、ギャラを一気に下げたことも影響しています。それと同時に、いまマネージャーもつけず、自ら窓口になって仕事を受けている東出さんは、撮影現場のスタッフからも『つねに腰が低く、現場で大人気です』と言われるなど、評判がいいんです」(前出・芸能記者)

    応援してくれる人がいるからこそ、人間は頑張れるものだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b5e5ff11d5c4d1eab65e961ca1bbcdb22450bb5f


    507a2e995a4c553bd7e5bae472ff91ca_1669457167_l

    【【芸能】唐田えりか、主演映画の舞台挨拶で思わず涙 「不倫は犯罪ではない」 増える応援、“相手”の東出昌大も現場で高評価】の続きを読む

    このページのトップヘ