芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの今話題の女優さん俳優さん、アイドルグループ、芸人さんなど多数芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    タグ:北川景子

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     女優の北川景子3月13日、「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ系)に出演。夫でミュージシャンDAIGOとは子育ての考え方が180度違うことを明かした。

     番組の中で占い師・星ひとみ氏による鑑定を受けた北川は、現在2歳になるという娘の育て方について相談。テレビや本では“叱らない育て方”が主流であるとしつつ、「でも私はお風呂、ご飯、寝かしつけなどルーティンで決まっていた環境で育ってきたので」と告白。娘も同様に育てたいのだが、夫のDAIGOは真逆なのだという。

     例えば、食事を子どもがなかなか食べない時、北川は「じゃあ下げちゃうよ、いつまでもあると思わないで!」と叱るというが、DAIGOは「そんなこと言わなくていい、自分もお腹減ってなかったら食べられないでしょ?食べたい時に食べさせれば」とかばい、絶対に叱らないのだという。北川は「夫婦で同じ方向を向いて接したほうがいいのか、迷ってる」と明かした。

    「これに星氏は“母は叱り、父が甘い”という今の状態がよく、『両方甘くしたら不良になる』とアドバイス。それを受けて北川は『私ばっかり嫌われ役』と笑いつつも『鬼を貫きます』と、決意を新たにしていていましたね」(テレビライター

     このやりとりに視聴者からは、「嫌われ役になってでも躾けないといけない時はあるもんね。きちんとしたお母さんしてそう」「ママの悲しい性よね。でも叱る時はちゃんと叱らないとだからそのままでいいと思う」など同情や賛同の声が続出。また、「DAIGOなんかゆるそうだもんな、坊ちゃんの雰囲気。北川景子のほうがしっかりしてそう」「DAIGOは怒らなそうだもんね。奥さんにも怒らなそう」などDAIGOの人柄を推測する声もあった。

    「北川は子どもの頃、両親に対して敬語を使い、父親が特に厳格だったそうです。また、父親がプロ野球テレビで観ている時に喋ってはいけないというルールがあったとも明かしています。対してDAIGOは周知の通り、竹下登元総理の母方の孫。竹下氏にはとても可愛がられていたそうで、幼少期は“天狗”だったと本人も認めています。周囲が『ダイゴちゃん』と呼ぶのに、竹下氏の秘書だけ『ダイゴ』と呼び捨てにしたことを竹下氏に密告したら翌日秘書は『ダイゴちゃん』と呼ぶようになったこともあったとか。相当甘やかされていたと想像できます」(芸能記者)

     育児に対する考え方が違うのも納得か。

    (柏原廉)

    f942103f31b1d84990933bfbf2d1ab9e20230124125204233



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】北川景子、夫・DAIGOと育児で対立!“真逆”な部分もあった「育てられ方の違い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 フォーエバー ★ :2023/02/11(土) 13:24:27.50ID:AneFecgA9
    2/11(土) 12:38配信

    スポニチアネックス

     女優の北川景子(36)が10日放送のフジテレビ「ネタパレ」(金曜後11・40)にゲスト出演。共演した高校の同級生をイジる場面があった。

     この日ゲストの北川がレギュラー陣とトークをする中、「NEWS」の増田貴久が「高校の同級生なんですよ」と質問。北川も「本当の同級生」と、ドラマなどの同級生などではなく、本当の同級生であると認めた。

     陣内智則とか「どうですか、まっすーのイメージは?」と増田の印象を聞かれた北川は「マヌケ?」と痛烈。これには、増田も微妙な表情を浮かべるしかなかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4df7e65db9ea656a66661bc768cd62193ee352a9


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800

    【【芸能】北川景子が印象聞かれて「マヌケ?」と答えた高校の同級生の男性アイドル 番組で共演】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 jinjin ★ :2023/01/09(月) 23:33:51.78ID:F/KvStnz9
    主演北川景子の熱演でフジ新月9「女神の教室」トレンド入り「魅力的」「新境地」「華がある」


    女優北川景子(36)主演のフジテレビ系連続ドラマ「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」(月曜午後9時、初回30分拡大)の第1話が9日、放送された。

    北川は同局看板ドラマ枠「月9」出演5作目にして初の主演を務め、裁判官で実務家担当教員の主人公・柊木雫(ひいらぎ・しずく)を演じる。


    同時間帯にはツイッターで「#女神の教室」がトレンド入りを果たした。模擬裁判で勝利に導いた柊木に、称賛の書き込みが集まった。

    「リーガル物でもロースクールを舞台にした新鮮味があり、かつ取り上げる模擬裁判の内容などはリアリティーがあって面白い 北川景子ちゃん、山田裕貴くん、それぞれ個性的な教員役で魅力的」「想像以上に面白い。北川景子さんついに新境地拓いたわね」
    「北川景子さん、魅力的だし、ストーリー面白いです 見続けることにします」「北川景子さん相変わらず華がある」「もうあんたやりなよ、北川景子裁判長」などと書き込まれていた。


    脚本は「ラジエーションハウス」シリーズの大北はるか氏と神田優氏が務める。
    「人を知らなければいい法律家にはなれない」をモットーにする柊木と、周囲を取り巻く人々が自身の価値観をぶつけ合いながら、法曹界のあり方を問うリーガルエンターテインメントドラマ。

    裁判官や検察官、弁護士などの“法曹界”を目指す学生たちが通う法科大学院(ロースクール)が舞台となる。

    20230107-00403685-encount-000-5-view

    https://news.yahoo.co.jp/articles/db9440a49ec1434e5f9c16d04c0cd2fb3aeeacff

    【【芸能】主演・北川景子の熱演でフジ新月9ドラマ『女神の教室』トレンド入り! 「魅力的」「新境地」「華がある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     俳優の北川景子が、9日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ぽかぽか』(前11:45)に出演。「たぶん自分が一番だと思うランキング」との企画で、見事に1位を獲得した。

    【集合ショット】月9の豪華キャストがずらり!笑みを浮かべ手を振る北川景子&及川光博&山田裕貴ら

     北川が「自分が一番だと思う」としたのは「番組でVTRを見る際にメガネをかける芸能人といえば?」というもの。「これは独占企業」と自信をのぞかせる中、順位が発表されていった。

     「5位:東国原英夫、4位:国生さゆり、3位:高木美保、2位:西島秀俊」と発表され、見事に1位に選ばれると大喜び。「コツコツやり続ければ(笑)。積み上げてきたっていう、よかったです」と笑顔を見せていた。

     同番組は、『笑っていいとも!』(1982年2014年)、『バイキング』(2014年2020年)を手掛けてきた同局のバラエティー制作陣が再び総力を結集して挑む、新時代の“平日お昼の生バラエティー”。番組のコンセプトは、「みんなの“楽しい”が集まる場所」。何が起きるかわからないスタジオ生放送の楽しさ、人気者たちが繰り広げるトークの楽しさ、今まで知らなかったことや人と出会える楽しさ、そして、視聴者テレビの前で自分も参加している感覚を味わえる楽しさ。いろいろな“楽しい”がふんだんに盛り込まれた、明るくにぎやかな生放送を繰り広げていく。

    thumb-12173-2095386-entame

    北川景子 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】北川景子“専売特許”「VTRを見る際にメガネをかける芸能人」で1位に「積み上げてきた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     女優の北川景子が来年1月期のフジテレビ系「女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~」で月9枠に初主演することが先ごろ、発表された。

     裁判官や検察官、弁護士などの法曹界をめざす学生が通う架空の青南大学法科大学院を舞台にしたオリジナルドラマ

     北川演じる主人公は実務家教員として派遣された現役裁判官で、信念は「人を知らなければいい法律家にはなれない」。司法試験合格のみをめざす生徒らに対し、「まずは人を知ること、知ろうとすることが大事」だと教えていく物語だという。

     ​>>男女問わず好感度の高いDAIGO夫妻 普段北川景子の話題にあまり触れない理由は<<​​​

     「今年の入っての月9主演は菅田将暉綾瀬はるか坂口健太郎(杏とW主演)、吉沢亮と月9枠初主演の役者陣ばかり。新顔で新たな視聴者層を掘り起こそうという狙いのようだが、視聴率は苦戦続き」(テレビ局関係者)

     北川のドラマでの代表作といえば、敏腕の不動産営業ウーマンを演じた日本テレビ系の「家売るオンナ」。16年7月期の第1シリーズが好評&高視聴率で19年1月期に第2シーズンが放送され、今後も続編がありそう。

     そして、昨年4月期に放送されたTBS系の主演ドラマ「リコカツ」は全10話の平均世帯視聴率は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

     「北川を起用したところで、ドラマの内容からしても、そこまでの高視聴率は期待できないだろう。そこで、気になるのがフジの狙いだが、どうやら、今後、北川と同じ事務所永野芽郁を起用するためのステップだろう。永野はもともとティーン誌のモデルを務めていたこともあって同年代の女性の支持率が高い。おまけに、NHK朝ドラ『半分、青い。』のヒロインを務めてファン層を広げた。フジにとっては何としてもオファーを受けてもらいたいはず」(芸能記者)

     その前に、北川のドラマが当たったら続編もありそうだ。

    m_npn-200025020

    北川景子


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】北川景子を月9初主演に抜てきしたフジテレビの狙い】の続きを読む

    このページのトップヘ