芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ:訃報 > 【訃報・追悼】筒美京平関連記事



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/10/12(月) 19:32:37.26 ID:CAP_USER9.net

    10/12(月) 17:54
    スポーツ報知

    NOKKOが「人魚」を作曲した筒美京平さんを追悼「2日前に筒美さんの事を思い出していました」
    NOKKO
     昭和歌謡の全盛期を支えた作曲家の筒美京平(つつみ・きょうへい)さんが7日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去したことが12日、分かった。80歳だった。筒美さんが作曲した「人魚」(1994年)がヒットした歌手のNOKKOがツイッターで追悼した。

     「筒美京平さんの突然の訃報に愕然としています。つい2日程前に筒美さんの事を思い出していました。『人魚』を作曲していただいた時、ホテルのロビーで打ち合わせした際に『もっとどんどん曲を頼んで欲しい、プレッシャーの中で名曲は生まれるんだ。』とおっしゃっていたことです。

     今も大変多くの皆さんに、『人魚』が好き、と言っていただき、その度に、筒美さんの偉大さを思い出さずにはいられません。これからも筒美さんが残してくださったメロディを大切に歌い継いでゆきます。心よりご冥福をお祈りいたします。NOKKO」


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/9aa79360b93c44253035076ac037402fbf8e1615


    【【芸能】NOKKOが「人魚」を作曲した筒美京平さんを追悼「2日前に筒美さんの事を思い出していました」】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/10/13(火) 11:36:48.90 ID:CAP_USER9.net

    10/13(火) 10:51
    日刊スポーツ

    元Buono!鈴木愛理ら、筒美さん曲「大切に」
    鈴木愛理
    アイドルグループ「℃-ute」や「Buono!」の元メンバー鈴木愛理(26)が、数々の名曲を作曲し世に送り出した作曲家の筒美京平さんを悼んだ。

    【写真】ロッテ対西武 ファーストピッチセレモニーに登場した鈴木愛理(20年10月4日撮影)

    鈴木は12日、ツイッターを更新。「筒美京平さんの訃報を聞き、大変悲しい思いです」とつづり、「『星の羊たち』『紅茶の美味しい店』Buono!に素敵な楽曲を頂きました。儚くて美しいメロディ。どちらも新しい世界に飛び込ませてくださった大好きな曲」と、筒美さんから提供された楽曲についてつづった

    それらの楽曲について「これからも大切に大切に歌い続けていきます」とし、「心よりご冥福をお祈り致します」と追悼した。

    また、同じくBuono!のメンバーだったBerryz工房の夏焼雅もツイッターで筒美さんから提供された同楽曲に触れ、「とても素敵な曲をありがとうございました。これからもずっと大切にしていきます。ご冥福をお祈りいたします…」とつづった。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b04323c5b72deb5d0c851a2896cf5a48e33ca025


    【【芸能】元Buono!鈴木愛理ら、筒美さん曲「大切に」】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/10/13(火) 09:14:40.56 ID:CAP_USER9.net

    10/13(火) 5:38
    スポニチアネックス

    作詞家の松本隆氏

     「はっぴぃえんど」の元ドラマーで作詞家の松本隆氏(72)が13日、自身のツイッターを更新し、今月7日に誤嚥(ごえん)性肺炎のため80歳で死去した作曲家・筒美京平(つつみ・きょうへい、本名渡辺栄吉=わたなべ・えいきち)さんへの追悼メッセージをつづった。タッグを組んで1970年代から数々のヒット曲を送り出した盟友の死を悼んだ。

     「筒美京平さんに捧ぐ」とし貴重なツーショット写真とともに連続投稿。

     「神戸のラジオ局でマイクに向かってると、「京平先生が亡くなった、、、」と太田裕美からメールが入った。瞬間、涙の洪水になりそうな心を抑えて、平常心を保ちながらラジオを終わらせた。取り乱さなくて偉いでしょ、褒めてよと天国の京平さんに呟く。」

     さらに「作詞家になった瞬間、目の前に筒美京平は立っていて、先輩と後輩であり、兄と弟であり、ピッチャーとキャッチャーであり、そして別れなければならない日が来ると、右半身と左半身に裂かれるようだ。」

     そして「ぼくが京平さんからもらったものはありったけの愛。彼ほどぼくの言葉を愛してくれた人はいない。ありがとう、京平さん。いつかぼくも音符の船に乗り、天の園に舞い上がる日が来る。少しの間、待ってて。そうしたら笑顔で、喜んだり怒られたり哀しんだり楽しく語り合おうね。」と続けた。

     筒美さんとは70代に伊藤ゆかり、天地真理、桜田淳子、岩崎宏美らに作品を提供。中でも太田裕美の歌唱曲は、「木綿のハンカチーフ」のほか、「赤いハイヒール」「しあわせ未満」「九月の雨」など数多く手掛けた。

     80年代も近藤真彦の「スニーカーぶる~す」、C-C-Bの「Romanticが止まらない」、斉藤由貴の「卒業」など、筒美さんとのコンビでヒット曲を連発。薬師丸ひろ子、小泉今日子、早見優、中山美穂、本田美奈子.さん、後藤久美子、西田ひかるら多くの女性歌手の楽曲に関わり、昭和のアイドル史を彩った。

     一方、男性では野口五郎、水谷豊、渡辺徹、藤井隆らの作品にも携わり、桑名正博さんが歌った「セクシャルバイオレットNo.1」も松本氏が作詞し、筒美さんが作曲したナンバーだ。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/3de06615586c8a45d0f746102c78fb461e25aa5c

    sponichin_20201013_0064_0-enlarge


    【【芸能】松本隆氏、黄金コンビだった筒美京平さん訃報に「右半身と左半身に裂かれるようだ」】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/10/13(火) 05:18:27.75 ID:CAP_USER9.net

    10/13(火) 5:00
    スポーツ報知

    笠浩二

     1980年代に活躍し、「Romanticが止まらない」「Lucky Chanceをもう一度」など筒美さんから多くの楽曲の提供を受けたロックバンド「C―C―B」の元メンバー・笠浩二(57)が12日、スポーツ報知の取材に応じ、筒美さんへの追悼と感謝の思いを語った。

     笠らは83年に「Coconut Boys」のバンド名でデビューしたが、当初はヒット曲に恵まれなかった。「C―C―B」と改名し、85年に起死回生の思いで発売したのが、松本隆氏が作詞し、筒美さんが作曲した大ヒット曲「Romanticが止まらない」だった。

     「当時、ドラムをたたきながら歌うというのは斬新でしたが、僕は全く自信がなかったんです。でも、筒美さんは『おまえの声がいいんだ。80年代では一番(の声質)だ』と言ってくれたんです」。笠のプレッシャーを軽くするためにおだてたのではなく、本心からの言葉だったことは、後の筒美さんの言葉で確信した。

     「インタビューで『Romantic―』の話題が上がった時に『笠は本当に歌もうまくなって、あの曲には理想的(なボーカル)だった』と話してくれているのを見ました。筒美さんがいたからこそ、僕は勇気を持って歌うことができているんだと思います」。現在、故郷・熊本を拠点に音楽活動を続けていられるのも、当時の筒美さんの言葉が胸にあるからだという。

     近年は会う機会が無く、訃報も報道で知った。「突然だったので、あたふたしちゃって…。大先生という感じではありましたが、本当に気を使っていただきました。キチッとお礼を言いたかったのに…」と悔しさをにじませていた。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/afc434cd9cebf87b0a36f7b9fdf48e9d0c7368c1

    20201013-10120162-sph-000-2-view


    【【芸能】元C―C―B笠浩二、「筒美京平さんに歌う勇気をもらった」】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/10/12(月) 19:32:37.26 ID:CAP_USER9.net

    10/12(月) 17:54
    スポーツ報知

    NOKKOが「人魚」を作曲した筒美京平さんを追悼「2日前に筒美さんの事を思い出していました」
    NOKKO
     昭和歌謡の全盛期を支えた作曲家の筒美京平(つつみ・きょうへい)さんが7日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去したことが12日、分かった。80歳だった。筒美さんが作曲した「人魚」(1994年)がヒットした歌手のNOKKOがツイッターで追悼した。

     「筒美京平さんの突然の訃報に愕然としています。つい2日程前に筒美さんの事を思い出していました。『人魚』を作曲していただいた時、ホテルのロビーで打ち合わせした際に『もっとどんどん曲を頼んで欲しい、プレッシャーの中で名曲は生まれるんだ。』とおっしゃっていたことです。

     今も大変多くの皆さんに、『人魚』が好き、と言っていただき、その度に、筒美さんの偉大さを思い出さずにはいられません。これからも筒美さんが残してくださったメロディを大切に歌い継いでゆきます。心よりご冥福をお祈りいたします。NOKKO」


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/9aa79360b93c44253035076ac037402fbf8e1615


    【【芸能】NOKKOが「人魚」を作曲した筒美京平さんを追悼「2日前に筒美さんの事を思い出していました」】の続きを読む

    このページのトップヘ