芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 生活


    「セックスをせずに人生を終わりにしたくない」コロナで離婚決意した夫


    NO.8930716 2020/10/13 18:25
    「セックスをせずに人生を終わりにしたくない」コロナで離婚決意した夫
    「セックスをせずに人生を終わりにしたくない」コロナで離婚決意した夫
    コロナ禍をきっかけに離婚する人は、何を考えているのか。

    夫婦問題研究家の岡野あつこさんは「これまで浮気をしたこともなかった“マジメ夫”たちの離婚相談が増えている。コロナを機に、生き方を見つめ直した結果だ」という――。

    ■「マジメ夫」たちが離婚したがっている
    当初、新型コロナウイルスの影響で危機を迎えた夫婦の多くは、そのきっかけがステイホーム期間の長期化によるものだった。

    「夫と長時間、一緒にいるのは耐えられない」「家事や子育てのストレスに加え、夫へのイライラが募り爆発寸前」といった妻からの悩みもよく聞いた。

    最悪の場合、夫との生活に見切りをつけ、“コロナ離婚”を決断するケースもあった。

    ところが最近では、同じ“コロナ離婚”を考える夫婦にも変化が見られるようになった。

    というのも、これまでは夫との生活に辟易している妻側からの相談が圧倒的だったのに比べ、最近は夫側からの相談が目立つようになってきたのだ。

    しかも、“コロナ離婚”で相談に訪れる男性たちは、至ってマジメな雰囲気を漂わせているのも特徴的。

    「妻と別れ、愛人と暮らしたい」といった明確な理由もなければ、ギャンブルやDVといった離婚事由にあたる癖が本人にあるとも思えない。

    いわゆる“マジメ夫”が離婚したいという悩みを抱えているのだ。

    なぜ、“マジメ夫”が離婚を考え、実際に行動に移しはじめているのか。

    具体的な相談例から検証してみよう。

    ※登場人物のイニシャルと年齢は変えてあります

    ■結婚生活15年、浮気経験ゼロの夫が下した決断
    【CASE1】セックスレスのまま終わりたくない夫
    「妻には申し訳ないけれど、今は離婚して第二の人生を歩むことしか考えられない」と静かに心の内を話すのはKさん(46歳)。

    大学卒業後、就職した会社で2歳年下の妻と知り合い、6年間の交際期間を経て29歳で結婚。

    子どもはなし。

    マジメを絵に描いたような性格のKさんは、これまで浮気の経験はゼロ。

    「妻以外の女性と二人で食事に行ったこともなければ、誘おうと思った相手もいなかった」

    そんなKさんが妻との離婚を考えたきっかけは、「セックスレス」と向き合ったことだった。



    【日時】2020年10月13日 15:15
    【ソース】プレジデントオンライン


    【【生活】「セックスをせずに人生を終わりにしたくない」コロナで離婚決意した夫】の続きを読む


       

    1 バロキサビルマルボキシル(東京都) [US] :2020/09/29(火) 07:11:24.20


    「おじさんは臭いから嫌われる」

     この言葉を聞いて、共感や納得することこそあれ、「いや、そんなことはない」と否定する人は少ないでしょう。若い女性に対して、中年男性が嫌われる理由を聞くと、
    「説教をする」「武勇伝を語る」「しつこい」などの行動面より、圧倒的に「臭い」「清潔感がない」というものが上位にきます。
    もちろん、すべてのおじさんが「臭くて不潔」であるわけではないにもかかわらず、なぜ「おじさんは臭い」は一般的定説になっているのでしょう。

    この記事の写真を見る

     元来、日本人男性は、西欧人と比べてそもそも体臭が少ないと言われていますが、それでも女性から「臭い」と言われてしまうのは、いわゆる加齢臭の問題があります。

     加齢臭には皮脂量が関係しますが、実際、男性の皮脂量は、20代も中高年もあまり変わらないそうです。では、なぜ中高年にだけ加齢臭が出るのでしょう。それは、中高年の皮脂には、若者にはほとんど存在しない脂肪酸9―ヘキサデセン酸が増加するためです。
    これが皮脂および皮膚に棲んでいる多くの常住菌によって分解されることでノネナールが発生します。これが加齢臭の元です。

    ■洗髪の回数はにおいに関係ない

    いかそ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b42dfceb130a4880ab05212fc4c6fe56b5afdb4b

    22773_1635_198c1eb32ac817a80cddaaae0befe990-m


    【【生活】おっさんが「臭い」と思われてしまう根本原因】の続きを読む


    むっちり美女レイヤー・yutori、ほっそり体型になっても巨乳は健在! ファン垂涎の下乳露出ショット


    NO.8865231 2020/09/20 11:31
    むっちり美女レイヤー・yutori、ほっそり体型になっても巨乳は健在! ファン垂涎の下乳露出ショット
    むっちり美女レイヤー・yutori、ほっそり体型になっても巨乳は健在! ファン垂涎の下乳露出ショット
    柔らかそうなグラマラスボディが魅力的な人気コスプレイヤー・yutoriが、自身のSNSで下乳を大放出。

    締まったウエストからは想像できない豊満バストにファンが沸き立ち、興奮の声が殺到している。

    yutoriは20日、自身のTwitterに「お腹ペラペラ期」とつぶやいて写真を投稿。

    着ている服を大胆に胸元まで上げたサービスショットを公開した。

    「お腹ペラペラ期」というツイートのとおり、いつもよりウエストがほっそりしているように見えるyutori。

    この写真で注目すべきは言うまでもなく、露出された下乳。

    ウエストが引き締まっている影響なのか、いつもよりおっぱいが大きく感じる一枚となっている。

    ウエストの近況を伝える写真であるにもかかわらず、下乳まで披露してくれたyutoriにファンは「引き締まってる身体もステキ」「神すぎる!」「たまらない!」と大喜び。

    多数の「いいね」を集めるなど、反響を呼んでいる。

    Instagramのフォロワー数は73万人、Twitterのフォロワー数43万人を超えており、日本だけでなく海外からの人気も高いyutori。

    これからも全世界を大興奮させるような肉感的セクシーショットに期待したい。
    【日時】2020年09月20日 10:00
    【提供】メンズサイゾー
    【関連掲示板】


    【【芸能】むっちり美女レイヤー・yutori、ほっそり体型になっても巨乳は健在! ファン垂涎の下乳露出ショット】の続きを読む



    1 フォーエバー ★ :2020/09/12(土) 12:50:05.06

    吉永小百合(75)がひと肌脱いだ! *所持で現行犯逮捕された伊勢谷友介容疑者(44)をめぐり、もっか大混乱に陥っているのが映画界だ。

     来月31日に出演映画「とんかつDJアゲ太郎」が公開予定。来春にはコロナ禍を理由に公開延期となった「るろうに剣心」シリーズ2本が控えている。

    「お蔵入りや出演部分の撮り直しとなれば、億単位の損害が生じる。伊勢谷容疑者の逮捕以降、関係者は連日対応を協議している」とは映画関係者。

     そんななか、来年公開予定の映画「いのちの停車場」について、東映は11日、撮影済みの伊勢谷容疑者の出演場面をカットしないことを発表した。

     この日行われた会見で東映の手塚治社長は「(映画は)作品を鑑賞しようという意図を持ったお客さまにおいでいただくもの。作品と個人とは別であるという見解のもと、今回は作品を守る判断をした」とコメント。

     同映画は吉永小百合主演で、終末期患者やその家族に向き合う在宅医師の姿を描く。伊勢谷容疑者は6日に撮影に参加し、出番を終えていた。

     すると、事件について吉永が異例の言及。「伊勢谷さんとはいいシーンが撮れたと思っているので、とても残念な思いでいる。何とか乗り越えて、撮影の現場に帰ってきてほしい」と語った。

     前出映画関係者は「天下の大女優が伊勢谷容疑者に前向きな言葉を投げかけたのは大きい。配給大手である東映の正式見解を含め、これで『作品に罪はない』という暗黙のルールが出来上がったと思う」と話す。

     前出「とんかつDJ」も「るろうに剣心」もこの判断に続く可能性が高い。

     芸能プロ関係者は「吉永さんが映画界のためにひと肌*くださったと思っている。本来ならば、吉永さんに事件について語らせることはしない。伊勢谷さんも吉永さんの言葉で救われたと思いますよ」と話す。

     伊勢谷容疑者は吉永に一生頭が上がらないだろう。

    9/12(土) 11:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/931b63b7ae2cacac65ae1de2db1f8fdc8b0ebec0

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】吉永小百合が〝伊勢谷事件〟に異例言及のワケ「これで流れが変わる」】の続きを読む

    このページのトップヘ