芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ:訃報 > 【訃報・追悼】三浦春馬関連記事



    1 ひかり ★ :2020/10/28(水) 22:16:28.04 ID:CAP_USER9.net

     7月に急死した俳優の三浦春馬さんの所属事務所は28日、春馬さんの「お別れの会」について、当初予定の年内実施から、三浦さんの一周忌となる来年7月の開催に延期したと発表した。

     所属事務所が公式HPに発表した文書によると、「これまで、新型コロナウイルスの感染状況や、会場の問題など、様々な事情を考慮しつつ、あらゆる可能性を模索して参りました」と経緯を説明。

     また春馬さんが亡くなった後も出演ドラマ「太陽の子」「おカネの切れ目が恋のはじまり」が放送され、さらにはセカンドシングル「Night Diver」のリリース、出演ミュージカル「キンキーブーツ」の特別映像配信と、「三浦春馬が丁寧に取り組んできた作品を皆様へお届けすることを大切にして参りました」と、まずは作品を世に出し、ファンへ届けることを「大切に」してきたとも説明されている。

     そして「お別れの会に関しまして、改めてあらゆる状況を総合的に勘案し、アーティスト・三浦春馬が取り組んだ作品とその思いを皆様にお届けしたのち、2021年の7月を目安に実施させていただく予定です」としている。

     事務所は四十九日となる9月4日に文書を発表し、お別れの会は「応援してくださった皆様の沢山の愛で溢れる場にできるよう、2020年内での実施を予定しております」としていた。

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2c65dc174237df94c60811aeea9665c56bb404d

    20201028-00000076-dal-000-8-view


    【【芸能】三浦春馬さんお別れの会、一周忌の来年7月に開催延期へ 「あらゆる状況を総合的に勘案」】の続きを読む


    三浦春馬さん、「他殺説」まで飛び交う事態に……アミューズが「臆測」「デマ情報」に法的措置示唆


    NO.8851563 2020/09/15 15:37
    三浦春馬さん、「他殺説」まで飛び交う事態に……アミューズが「臆測」「デマ情報」に法的措置示唆
    三浦春馬さん、「他殺説」まで飛び交う事態に……アミューズが「臆測」「デマ情報」に法的措置示唆
    きょう9月15日より、故・三浦春馬さんが出演する連続ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の放送がスタートする。

    これに先駆け、前日の14日には、三浦さんが所属した芸能プロダクション・アミューズのサイト上に「当社所属アーティストや関係者への誹謗中傷、デマ情報、憶測記事、なりすまし等について」という見出しで長文のメッセージが掲載され、ネット上ではさまざまな反響を呼んでいる。

    三浦さんは7月18日、自宅で急逝。

    その後、アミューズは四十九日を迎えた今月4日、自死であったことや遺書の存在についてなど、三浦さんの死に関する詳細な文書を発表。

    その上で、根拠のない誹謗中傷等を控えるよう、サイト上で呼びかけていた。

    「そして、14日に新たに公開された文書には、所属タレントや関係者に対する度を超えた誹謗中傷、デマ情報の拡散、過度な臆測記事の掲載、私生活への介入を伴う取材行為、なりすまし行為などに対し、法的措置を取るといった内容がまとめられており、具体的なタレント名は書かれていませんでしたが、SNS上では、三浦さんの死をめぐり、臆測が飛び交う状況に注意喚起を行ったのではないかといわれています」(スポーツ紙記者) 
    というのも、先頃から、三浦さんの死に関する“陰謀論”が、ネット上を中心に拡散されているのだという。

    「匿名の人物が、三浦さんの『死の真相』などと銘打った情報をネット上で発信し続けているんです。ほとんどが誤った内容ではあるものの、中には真実として受け止めてしまう者もいるようで、SNSには現在、三浦さんは“自殺ではなく他殺だった”とする書き込みが乱立しているような状況なんです」(同) メディアやアミューズには、“他殺説”を信じた一般人からの「真実を明かしてほしい」といった要望が日々届けられているのだという。

    「警察や事務所、マスコミが、芸能人の死因を捻じ曲げるなど、荒唐無稽すぎる話。事務所関係者は、三浦さんのファン同士が、死因をめぐってネット上で言い争いをしていることに頭を悩ませているようです」(テレビ局関係者) 
    著名人の自殺に際し、驚きと悲しみとともに、「なぜ?」と疑問が生じてしまうのは致し方ないだろうが、今回アミューズから発表された文書により、一部の暴走するファンが冷静になってくれることを祈りたい。
    【日時】2020年09月15日 12:00
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【【芸能】三浦春馬さん、「他殺説」まで飛び交う事態に……アミューズが「臆測」「デマ情報」に法的措置示唆】の続きを読む



    1 Egg ★ :2020/09/04(金) 16:26:49.69 ID:CAP_USER9.net

    写真

    (出典 www.nikkansports.com)



    7月18日に亡くなった俳優三浦春馬さん(享年30)について、四十九日を迎えた4日、所属事務所のアミューズがホームページで、亡くなった経緯と遺作の今後について報告した。

    「三浦春馬に関するお知らせ」と題し、これまでの「臆測による報道や、事実ではない情報に基づく誹謗(ひぼう)中傷等により、皆さまに行き場のない悲しい思いをさせてしまったことを、深くおわび申し上げます」とし、「現時点で弊社が把握しております経緯、確認しております情報をご報告させていただきたいと存じます」とした。

    経緯については「午後から予定されていた仕事に向かうため、約束の時間に担当マネジャーが自宅へ迎えに行きましたが、メール・電話等に返事がなかったので、部屋へ向かいました。インターホンを鳴らしましたが応答がなかったため、管理会社の方に連絡し、部屋の鍵を開けていただき入室したところ、すでに意識のない状態でした。応急手当てをするとともに、すぐに警察と救急に連絡を入れ、病院に搬送されましたが、懸命な救命処置も及ばず14時10分に永眠いたしました。その後、警察による現場及び時間経過の検証の結果、事件性は確認されず、検視の結果から死因は自死であるとの報告を受けました」と報告。「一部報道で『撮影現場に本人が現れないため、マネジャーが不審に思い自宅に確認に行った』と報じられておりますが、仕事の際にはマネジャーが送迎しておりますのでそのような事実はございません」とした。

    遺書の存在については「警察の現場検証の結果、本人が日頃から役作りなどさまざまな思いをつづったノートは自宅から発見されましたが、遺書はありませんでした。そのノートにも、自*動機や原因と直接結びつくような内容はなく、また、ファンの皆さま、スタッフ、アーティスト仲間などへのこした文章や、遺書なども結果として見つかっておりません」とした。

    また、三浦さんの作品については、「未公開のものに関しては、関係者の皆さまと協議を重ね、放送、公開に向けて調整を進めさせていただいております」とし、ブロードウェーミュージカル「キンキーブーツ」については「権利の問題で全編映像化はかなわなかったものの、ブロードウェーサイドの皆さまのご厚意で、15分程度の特別映像を後日アップさせていただく事となりました」と報告。また、「キンキーブーツ」サントラCDは、「再プレスを行い、本日よりネット通販でご購入いただける状況が整っております」とし、「その他の出演作品に関しても、引き続き関係各所と検討を進めて参ります」。

    同時に三浦春馬基金(仮称)の年内立ち上げを発表。今後、三浦さんに関するアミューズの全ての利益を本人の遺志を継ぎ、これまで携わってきた「Act Against AIDS(現ACT AGAINST ANYTHING)」の活動を通し、ラオフレンズ小児病院を始めとする、あらゆる困難に立ち向かう人々への寄付・支援に充てることを発表した。

    [2020年9月4日14時37分] 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202009040000341_m.html?mode=all


    【【芸能】<三浦春馬さん>「思いをつづったノートは自宅から発見されましたが...」「遺書なかった」事務所が経緯明かす...】の続きを読む


    勝村政信、三浦さんへの「でかちん」寄せ書きに南キャン山里亮太が意気消チン!?

    NO.8785820 2020/08/23 15:33
    勝村政信、三浦さんへの「でかちん」寄せ書きに南キャン山里亮太が意気消チン!?
    勝村政信、三浦さんへの「でかちん」寄せ書きに南キャン山里亮太が意気消チン!?
    俳優の勝村政信が、7月18日に死去した俳優の三浦春馬さんに寄せた色紙のメッセージに批判が殺到。

    それを受け、所属事務所の公式サイトで勝村の謝罪文が掲載された。

    「騒動の発端となったのは、2019年に上演された三浦さんの主演舞台『罪と罰』の共演者たちが三浦さんを追悼する会を開いたときのこと。SNSにアップされた寄せ書きに、勝村が『でかちんくんへ 愛してるよ 永遠に』と書いていたことが失礼だと大炎上していました。勝村の説明によれば、三浦さんから『カッチン』と呼ばれており、勝村も語呂合わせのように『デカチン』との愛称で彼を呼んでいたとのこと。ともあれ、『初めてご覧になった方が、その文字面に驚かれ、不快な思いをされたのは当然のことです。申し訳ありませんでした』と謝罪しています」(芸能ライター)

    この釈明に、「何が語呂合わせなんだ?」「それでも思考が非常識」「気色悪いアダ名付けんなよ先輩が」「愛称ってより蔑称じゃない?」と納得できていない人が多い一方で、「“でかちん”なんて男の勲章だぞ、何を騒いでいる?」との擁護の声も聞かれる。

    そんななか、今回、「でかちん」という強烈なワードが広がったことで、あの人に思わぬプレッシャーが発生しているかもしれないと言う。

    「三浦さんといえば13年に女優の蒼井優との熱愛が発覚するも、三浦さんの母親が交際に反対し、15年に破局しています。その後、蒼井は19年に南海キャンディーズ・山里亮太との結婚したのは周知のとおり。その山里が独身時代にオードリー・若林正恭のオススメの風俗店に行ったところ、指名した風俗嬢が週刊誌に『あちらは若林さんのほうが立派でした(笑)』と暴露しています。妻の元カレが“でかちん”だったことに意気消チンしていなければいいのですが」(週刊誌デスク)

    もっとも、勝村は「でかちん」の“でか”が何についてのことか明らかにしていない。

    もし高身長のことだったとすれば、山里も十分“でかちん”だが……。
    【日時】2020年08月23日 12:00
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【【芸能】勝村政信、三浦さんへの「でかちん」寄せ書きに南キャン山里亮太が意気消チン!?】の続きを読む



    1 Egg ★ :2020/08/21(金) 06:41:27.73

    三浦春馬さん追悼の寄せ書きに批判が殺到、勝村政信のメッセージに困惑する声

     三浦春馬さんが急逝してから8月18日で一カ月が経った。まだその衝撃は消えないが、8月17日、SNSに投稿された写真が物議を醸している。

     それは2019年に上演された三浦春馬さんの主演舞台『罪と罰』の共演者たちが、三浦さんを追悼する会を開いたというもの。会場となったレストランのSNSに投稿されたもののようだがすでにアカウントは削除されている。

     特に「なぜそんなことを?」と疑問の声を上げている人が多いのは、三浦さんへの寄せ書き色紙に俳優の勝村政信が書いたメッセージだ。三浦さんの写真を中央に配した色紙の目立つ位置に、勝村のサイン入りで『でかちんくんへ 愛しているよ 永遠に』と書かれていることがわかり、「あまりにも不謹慎」「人間性を疑う」などと炎上している。

    2020.08.20 11:30
    https://wezz-y.com/archives/80218

    写真 
    no title

    (出典 wezz-y.com)


    【【芸能】<三浦春馬さん追悼の寄せ書きに批判が殺到!>メッセージに困惑する声「なぜそんなことを?」】の続きを読む

    このページのトップヘ