芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 炎上



    【【炎上】テレビ局さん、とんでもない棒グラフで情報操作してしまうwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    フジモンも知らなかった!木下優樹菜 不倫スキャンダルの第2波、第3波

    NO.8650336 2020/07/10 17:46
    フジモンも知らなかった!木下優樹菜 不倫スキャンダルの第2波、第3波
    フジモンも知らなかった!木下優樹菜 不倫スキャンダルの第2波、第3波
    今月6日に芸能界を引退した木下優樹菜(32)の炎上が続いている。

    昨年の?タピオカ店騒動?でミソをつけ、今月1日に活動再開を宣言したものの、わずか5日後に撤回し、引退を決めた。

    「その間に何があったのか?」というのが最大の関心事だが、一部報道では所属事務所も関知しなかった新たな不倫疑惑が浮上し、ついにはサジを投げたと言われる。

    新たな不倫相手として水面下で名前が挙がっているのは30代男性X。

    元「週刊文春」記者でジャーナリストの中村竜太郎氏は、9日放送のフジテレビ系「バイキング」で「大手事務所所属のヒップホップグループでラッパー。筋トレでガンガン体を鍛えている肉体派。身長が180センチぐらいで高くて、イケメンなんですよ」と明かしている。

    これにショックを受けているのが、前夫の「FUJIWARA」藤本敏史(49)だ。

    テレビ関係者が明かす。

    「藤本さんにとっても寝耳に水。ラッパーXと木下さんの?ただならぬ関係?がいつスタートしたかはわかりませんが、少なくとも、?タピオカ騒動?以降の謹慎期間中にも逢瀬を繰り返していた可能性が高い。所属事務所には一部週刊誌から問い合わせがあったそうです」

    藤本は木下が引退を発表した当日、吉本興業のニュースサイト「ラフ&ピースニュースマガジン」でコメント。

    「私、藤本敏史は、今後も子供たちを含めて支えてまいります」とした上で「マスコミのみなさまにお願いです。彼女は、本日を以て、芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活の為にも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします」と呼びかけた。



    【日時】2020年07月10日 14:00
    【ソース】東スポWeb


    【【芸能】フジモンも知らなかった!木下優樹菜 不倫スキャンダルの第2波、第3波 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 jinjin ★ :2020/07/05(日) 21:54:02.44 ID:etJ7Mgv89.net

    山里亮太“木村花さん”想起のネタでネット大炎上「サイコパスか?」


    出演者の木村花さんが亡くなったため打ち切りとなった『テラスハウス』(フジテレビ系・Netflix)でMCを務めていた『南海キャンディーズ』山里亮太が、木村さんを思い起こさせるエピソードを語ったと物議を醸している。

    6月27日、山里は『土曜はナニする!?』(フジテレビ系)に出演し、妻である女優・蒼井優との〝失敗エピソード〟を告白。
    何か家事を手伝おうと洗濯をしたところ、蒼井が大事にしていたニットを縮ませてしまったことを明かした。

    蒼井は「やろうとしてくれただけでいいから…」と言いながら縮んだ服を伸ばしていたが、申し訳なくなった山里は「縮んだニット 復活」とネットで検索。
    「リンスを染み込ませると伸びる」という情報を目にしたが、「ただただニットがヌルヌルして終わったわ…」「めちゃくちゃ思い出のニットやっちゃったんよ…」と後悔した。


    一見すると何げない失敗エピソードだが、ネット上では山里に対して、

    《木村花がやった洗濯機トラブルと同じような話をするかね》
    《これ木村花のネタだろ 最低だな》
    《大事にしていた服を縮ませる って全く同じ構図をさ、事実だとしても表に出すのはどういう神経だ?》
    《木村花のコスチュームの件をもう忘れたのか 故人に失礼過ぎるわ》

    などといった批判が噴出。実はこの話、木村さんを連想させるエピソードなのだ。


    無神経な山里のトークにドン引き…

    「木村さんが出演していたとき、テラスハウスでの共同生活で〝洗濯機事件〟と呼ばれる事件が起こりました。ある出演者が洗濯機で洗濯・乾燥を行ったのですが、そこには木村さんの仕事着であるプロレス衣装も入っていたのです。
    高価な上、思い出の詰まった試合衣装は縮んで色落ちしてしまい、木村さんは出演者に激怒。最終的に和解したのですが、この一件は視聴者の〝木村さんたたき〟を呼び、彼女のSNSへ誹謗中傷が絶え間なく書き込まれることになったのです」(テレビ雑誌ライター)

    山里が明かしたエピソードは、まさしく〝洗濯機事件〟そのもの。
    聞き手が連想するのも無理はなく、木村さんの死から間もないこと、自身がMCであったことを踏まえても慎重になるべきだったと言わざるを得ない話題だ。


    ネット上には他にも、

    《わざわざ自分で蒸し返すのか…》
    《いやでも木村花を連想するエピソード語るってサイコパスだろ普通にこわいわこいつ》
    《死者に鞭打つ鬼畜の所業だな》
    《こんなエピソード話すのは何も感じていないってことだな》
    《今そのネタはあかん》
    《どんだけ木村花のこと忘れたらこんな話できるんだよ》

    など、山里に厳しい反応が。ひょうひょうと話す姿から、その神経を疑う声が殺到していた。

    一連の騒動の性質を考えても、山里の思慮浅さは弁解しようがなさそうだ。


    https://myjitsu.jp/archives/123733
    yamazato_ryouta-1


    【【芸能】山里亮太 “木村花さん” 想起のネタでネット大炎上「サイコパスか?」】の続きを読む



    1 muffin ★ :2020/05/08(金) 16:12:01 ID:1H/AF/Rq9.net

    https://www.asagei.com/excerpt/148898
    2020年5月8日 10:35
    20200508_asagei_okamura

    5月7日、よゐこ・有野晋哉が、ツイッターで綴った内容が炎上した件についてブログで謝罪した。事の発端は中川翔子への誕生日メッセージだったという。

    「中川は5月5日に誕生日を迎え、額に年齢の35を書いた写真と共に《しようこはレベルがあがった! すばやさが10さがった! いろけが100あがった! YouTubeのじゅもんを覚えた!》と、テレビゲーム『ドラゴンクエスト』風のツイートを投稿。これに、かねてから彼女と交流のある有野が《つけまつげが8ちらかった 婚期が3とおのいた みんながよろこんだ まだ一緒に遊べる おめでとう しょこおばたん》と、同じくドラクエノリの祝福コメントを送ったのです。すると《婚期を逃す》《おばたん》といったワードに一部女性が反応し、批判が殺到。その後、有野は《すみませんでした》と該当ツイートを削除し、ブログでも謝罪することとなりました」(芸能記者)

    その後、中川は今回の騒動について《有野さんはいつも優しいし、愛あるいじりだとわかってますよ! いつもありがとうございます》とツイートし、大人の対応をみせた。さらにネットでも「どこが問題なのか全くわからない」「仲の良い当人同士が楽しんでいる会話に第三者が入ってくる違和感」「騒いでるのは婚期逃した人なんでしょうね」と、有野を擁護する声が相次いでいる。

    そんな中、他の芸能人も、ツイート内容が原因で一部女性から非難されているという。

    「5月6日、タレントのりゅうちぇるがツイッターにて、妻であるぺこのインスタライブの動画をアップしました。その際、彼は《嫁が可愛い。》と綴ったのですが、一部のユーザーから『嫁は今の時代には合わない言葉なんですよ 嫁は旦那に仕えるものって思われる表現だから』『「嫁」呼びだけは残念』と、嫁という呼び方に文句を言う人が相次いだのです。これにも、りゅうちぇるファンからは『そこにそんな過剰反応する人いてびっくりしてる!』『いちいちうるさいわ本当!』と擁護の声が殺到しています」(前出・芸能記者)

    昨今、ナインティナイン岡村隆史、よゐこ・有野、りゅうちぇると、女性に対する発言が立て続けに炎上。そのため、一部ネットでは「フェミニストのせいで息苦しい世の中になってる…」「フェミ警察は言葉狩りをしているだけ」とウンザリする声が目立ってきている。今後も、一部の女性が芸能人に対して過剰に反応する状況が続いていくのだろうか。

    ★1が立った日時:2020/05/08(金) 13:38:52.34
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1588912732/


    【【芸能】岡村、有野、りゅうちぇるらの女性に対する発言炎上、芸能人を追い込む「フェミ警察」の言葉狩りにウンザリの声】の続きを読む


    蓮舫「高卒」発言で炎上、タレント時代にあった“赤っ恥”読み間違い


    NO.8428616 2020/05/02 10:50
    蓮舫「高卒」発言で炎上、タレント時代にあった“赤っ恥”読み間違い
    蓮舫「高卒」発言で炎上、タレント時代にあった“赤っ恥”読み間違い
     立憲民主党・蓮舫副代表の国会での発言が、炎上した。29日の参院予算委員会で新型コロナウイルス問題による貧困に触れ、中小事業者たち向けの持続化給付金の対象に大学生も入れるよう提言。その際、

    「学校を辞めたら高卒になる! 就職はどうなる!」

     とまくしたてたのが「しれっと高卒を馬鹿にする蓮舫」として、ネット上で炎上することに。有名人からも「高卒でゴメンね」(ほんこん)「実質中卒の自分からしたら高卒もえぐいけどな」(ダルビッシュ有)という声が飛び出した。民主党政権時代の仕分け事業で自身が発した名言っぽくいえば「高卒じゃ駄目なんでしょうか」といったところだ。

     翌日には、自身のツイッターで、

    「高卒で頑張っておられる方々に心からお詫びします。(中略) 使う言葉が全く駄目です」

     と、謝罪するハメとなった。

     ちなみに、そんな蓮舫本人は大卒。青学こと青山学院の幼稚園から小中高と進んで、大学の法学部を卒業した。が、そのまま政治家になったわけではない。忘れた人もいるだろうが、かつては芸能人でグラビアアイドルだった。

    ■芸能人時代の蓮舫は
     世に出たきっかけは、大学在学中に選ばれたクラリオンガール。初代のアグネス・ラムを皮切りに烏丸せつこ、宮崎ますみ、かとうれいこ、大河内志保、原千晶らを輩出したオーディションだ。なかでも、今となっては一番の出世頭が第14代・蓮舫(と書くと、相撲の横綱みたいだ)である。

     ただ、グラビアアイドルとしてはそのポジションは微妙だった。当時、ブームだった巨乳系ではなく、また、そのころから自己主張の激しいキャラだったため、男ウケは今ひとつ。アシスタントを務めた『スーパーJOCKEY』(日本テレビ系)では、司会のビートたけしにこういじられていたものだ。

    「クラリオンガール史上、最も写真集が売れなかったのはこの人です」

     さらに、雑誌の「一度でいいからなぐりたい方々ベスト20」で1位になったり、替え歌芸人の金谷ヒデユキにCM(サッポロ黒ラベル)での高飛車ぶりを揶揄(やゆ)されたりもした。



    【日時】2020年05月01日 17:00
    【ソース】週刊女性PRIME


    【【芸能】蓮舫「高卒」発言で炎上、タレント時代にあった“赤っ恥”読み間違い】の続きを読む

    このページのトップヘ