芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: プロデューサー



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/05(Thu) 15:53:05 ID:GBpwouZg9.net

    テレビプロデューサーのデーブ・スペクター氏が5日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、第92回センバツ高校野球大会(19日から13日間・甲子園)開催是非について私見をつづった。

    大会の運営委員会と臨時理事会が4日、大阪市内で開かれ、春夏通じて史上初となる無観客で開催する方針が決まった。開催の可否については、11日の臨時運営委員会で最終決定する。

     大会史上初めて中止になる可能性がある中、デーブ氏は「選抜高校野球大会の中止なんて邪道。高校生は発症しない症例がほとんど」とツイート。

     続けて「オリンピックは各種目ごとにちゃんとした大会があるし次回もある。甲子園は一生に一度!野球人生が決まる」とし、「五輪より貴重なチャンスなんで中止は大反対」と訴えた。

     この投稿にフォロワーからは「発症しなくても媒介になったらダメでしょ」「他の高校生の競技が中止してるのなら、しょうがないね…野球だけはみたいなのはナンセンス」「高校野球だけ特別扱いはおかしいのでは?」「これは正論!」「僕も中止はアカンやろと思う。プロ野球は無観客試合出来てるやん!」など、さまざまなコメントが集まっている

    2020年3月5日 14時22分
    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/hochi.news/amp/articles/20200305-OHT1T50116.html%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAaKpo6yX--vOlwGwASA%253D
    20200305-03050116-sph-000-2-view


    【【芸能】デーブ・スペクター氏、センバツ中止に大反対「甲子園は一生に一度!野球人生が決まる」賛否続々】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/18(水) 19:42:56.42 ID:dlOy6E8X9.net

    第61回日本レコード大賞(主催日本作曲家協会)は16日、東京・赤坂のTBSで13賞41組に対する表彰式を行い、秋元康氏(61)が優秀作品賞を史上最多の4作品で同時受賞した。

    それぞれプロデュースも手掛けた欅坂46の「黒い羊」、AKB48の「サステナブル」、乃木坂46の「Sing Out!」、日向坂46の「ドレミソラシド」を作詞したことに対して。

    秋元氏は受賞式に初めて出席。スピーチで、「61回ということで、私も61歳になりまして、生まれた時からレコード大賞を見ておりました。
    そして、20代前半だったんだと思うんですけど、(放送作家として)レコード大賞の台本も書きました」とレコ大への親しみを強調した。

    そして「非常に深い関わりのあるこの日本レコード大賞の一翼を担えて本当にうれしく思います。本当に光栄に思います。どうもありがとうございました」と頭を下げた。

    優秀作品賞10曲のうち、1人で4曲を受賞したのは史上最多。1996年に安室奈美恵(42)の「Don’t wanna cry」、
    華原朋美(45)の「I’m proud」、globeの「DEPARTURES」の計3作品でプロデュースなどを手掛けた小室哲哉氏(60)を超えた。

    今回でAKB48は通算11回目の出場となり、優秀作品賞を受けたのは10年連続。日向坂46は初受賞となった。乃木坂46は、「公式ライバル」のAKB48も果たせなかった3連覇が懸かる。
    達成すれば、01~03年の浜崎あゆみと、08~10年のEXILEに続いて3組目の史上最多連続記録となる。

    大賞を決める最終審査会は30日。令和初の頂点を計10組で競う。大賞候補の優秀作品賞はほかに、「ECHO」Little Glee Monster、
    「片隅」三浦大知、「純烈のハッピーバースデー」純烈、「大丈夫」氷川きよし、「P.A.R.T.Y.~、ユニバース・フェスティバル~」DA PUMP、「パプリカ」Foorinも受賞。

    30日はTBSが「第61回輝く!日本レコード大賞」の番組名で午後5時30分から生中継する。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17535972/
    2019年12月17日 4時1分 スポニチアネックス

    35f3d_929_spnldpc-20191217-0003-006-p-0


    【【芸能】秋元康氏、史上最多4作品受賞 レコ大優秀作品賞「本当に光栄に思います」】の続きを読む



    1 シコリアン ★ :2019/11/10(日) 20:08:10.54 ID:+fpSn7k+9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000029-wow-asent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    拘束されたアン・ジュンヨン プロデューサーが「PRODUCE 101」シーズン1と2では「順位操作していない」と主張している中、シーズン1の日本人参加者がこの主張に反発している。

     「PRODUCE 101」シーズン1に出演した丹羽紫央里は7日、自身のSNSに「なにも言わないつもりだったけど、あの番組に出て以来すごく辛い思いをたくさんしたので私みたいな練習生がほとんどな事、練習に確実に非があるとは限らない事だけはみなさんにわかってほしいです」「そもそもオーディション番組は全て出来レースでシーズン1は違うとかはあり得ません。pi* meの曲を初めて聞いたときも一部の事務所の子たちはすでに曲と振りを完璧に練習してきてました(原文まま)」と投稿した。

     なお、この投稿は同日午後、削除された。

     丹羽紫央里は2016年に放送された「PRODUCE 101」シーズン1に出演。当時、初の順位発表では68位を記録し、以降、1次脱落者の発表で77位となり番組を去っていた。


    関連
    “プデュ”日本版=『PRODUCE 101 JAPAN』最終決戦、地上波ゴールデンタイムで生放送
    https://realsound.jp/2019/10/post-425231.html


    【【芸能】「PRODUCE 101」シーズン1出演の丹羽紫央里、順位操作を暴露 「出来レースだった」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/06(水) 09:49:59.34 ID:c4ayelyo9.net

    音楽プロデューサーのつんく♂(51)が、新たなアイドルやグループのプロデュースに意欲を示した。

    ハロー!プロジェクトの総合プロデューサーを2014年に退いたつんく♂。現在も多くのアーティストたちのサウンドプロデュースなどを手掛けているが、
    5日更新のツイッターで「しなきゃいけない仕事もがんばるけど、それ以外になんか刺激ほしい=!って正直思う」との思いを吐露し、
    「12月とか少し時間あるし、今までやったことない新人でもすでに現役アイドルでもだれでもええけど、才能があるならばそれを作品にしてみたいなぁって思う」と意欲を示した。

    続けて「参加してくれる子(グループ)おるかな?ひと組が時間的には限界やけど、いろいろ手伝ってあげれるかもよ」と呼びかけ、
    「プロアマ、ソロ、グループ、すでにプロ経験者も含めて、何をどうすべきかまとめていきようなそんん団体になればいいね」(原文ママ)とつづった。


    https://news.livedoor.com/article/detail/17339278/
    2019年11月6日 8時49分 日刊スポーツ

    714b7_1401_a9362fac_3a6f8095

    https://www.dailymotion.com/video/x15m8gs
    こんなにあなたを愛しているのに (歌詞 付き) シャ乱Q


    【【芸能】つんく♂1組だけ新アイドル「作品にしてみたい」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/26(土) 11:55:56.01 ID:5Dfb1lxW9.net

    音楽プロデューサーのつんく♂(50)が、あらためて結婚指輪を購入したことを明かし、反響を集めている。

    つんく♂は2006年に結婚。夫人との間に3人の子どもをもうけ、現在はハワイに在住している。そんなつんく♂だか22日にブログを更新し、
    「結婚指輪」というタイトルのエントリーを投稿。その中で、「さて、もうすぐ51歳になる私ですが、なんと妻と子どもと一緒にお出かけし、念願の結婚指輪を購入しました!」と明かした。

    すでに結婚15年目だが、このタイミングでの購入については「実は結婚する当時はかなりバタバタと忙しい時期でもあり事務的に結婚指輪を購入したかんじで、2人で買いに行ったわけでもなかったんですね」と説明。
    また、その指輪を結婚式で忘れるなどいわくつきだったということもあり、新たに購入したとのこと。つんく♂は「家族揃ってまた新しい一歩って事で、家族みんなで結婚指輪を買いに出かけました」
    と家族全員で買い物に行ったといい、「家族で納得して進んでくって、なんとなく心地よいなって思ったので、子どものようにはしゃいでしまっております」とコメント。最後には、「うれしす!」と喜びを爆発させていた。

    このエントリーにネットからは、「いつまでも奥さんを大切にしていそうで素直に素敵だと思う」「とても素敵な話だなあ…癒された」といった称賛の声が集まっていたが、一方ネットからは、「TKとの人間性の差がすごい。つんく素敵」
    「同じ職業の人間でも天と地の差とはこういうことか…」「目の前にあるものを大切に生きているかいないかで、年取ると大きな差になっていくのだろうか…」と、元音楽プロデューサーの小室哲哉(60)と比較する声もあった。

    奇しくもブログが公開された日は、小室と妻のKEIKO(47)の泥沼離婚調停が報じられた日。小室が婚姻費用を月に8万ほどしか支払っていないことが明らかになっただけに、自然と比べる声が噴出してしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2051410/
    2019.10.26 07:55 デイリーニュースオンライン

    1bd5d65686a0b245e78762f7b42cac1f2ada


    (出典 Youtube)

    LOVE ~since 1999~ 浜崎あゆみ & つんく.mp4


    (出典 Youtube)

    シャ乱Q 『上・京・物・語』

    https://www.dailymotion.com/video/x15m8gs
    こんなにあなたを愛しているのに (歌詞 付き) シャ乱Q


    【【芸能】つんく♂、家族全員で結婚指輪購入で「小室哲哉と人間性に差が…」の声】の続きを読む

    このページのトップヘ