芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: プロデューサー



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/18(金) 16:26:13.44 ID:CAP_USER9.net

    9/18(金) 16:00
    スポーツ報知

    手放しには喜べない小室哲哉氏の復帰
    12日にトークイベントを行った小室哲哉氏
     「2018年1月に、無謀にも引退宣言をしてしまいましてですね…。今日は音楽家として呼んでいただいて。おこがましいとは思ってはいたんですが、勇気を持って来ました。よろしくお願いします」

     音楽プロデューサー・小室哲哉氏が、12日に行われた映画「朝が来る」(河瀬直美監督)のトークイベントにゲスト出演した。

     独特の声のトーン、ボソボソとしゃべる感じは、いつもと変わっていなかった。引退会見時と比べれば、少しばかりふっくらとした印象。血色は良く、元気そうな様子をうかがわせた。

     18年1月、一部週刊誌による看護師女性との不倫疑惑が報じられ、発売翌日の会見で芸能界引退を表明。公の場に現れたのは1年1か月ぶり、昨年8月の双葉郡中高生交流会「FUTABA 1 DAY SUMMER SCHOOL」(福島・広野町)以来だった。

     90年代の日本の音楽界をけん引した希代のヒットメーカー。今年に入って秋元康氏のオファーを受け、7月に乃木坂46の配信限定シングル「Route 246」の作曲・編曲を務め、活動を再開させた。もう1度、表舞台でやるというのであれば、それは構わない。TKサウンドを聴いて青春時代を過ごした記者にとっても、うれしい出来事だ。

     ただ、手放しには喜べない。あれだけの会見を開いたのだから、なし崩し的に復帰するようなことは避けるべきだ。あの会見で発した言葉の意味は? 「引退」のフレーズの重みは? すっきりしない部分だけが残るから。イベント冒頭の小室氏の「無謀にも―」という表現も、すんなり入ってこなかった。

     ネット上では、TM NETWORKの「Get Wild」を聴きながら、爽快に退勤する「Get Wild退勤」が話題沸騰中。数々の名曲が今なお輝き続ける。だからこそ、カムバックする場合には、公式サイトでのコメント掲載でもいい、会見を開いたっていい。ケジメを付けて戻ってきてほしい。(加)



    https://news.yahoo.co.jp/articles/49b97bf61110b7c1afc95e838496e1c69d2b6508

    20200918-09180062-sph-000-2-view


    【【芸能】手放しには喜べない小室哲哉氏の復帰】の続きを読む


    小室哲哉、「乃木坂46に楽曲提供」でエイベックス最大級の激怒!? 松浦勝人氏に黙って電撃復帰が問題に?


    NO.8750426 2020/08/13 15:36
    小室哲哉、「乃木坂46に楽曲提供」でエイベックス最大級の激怒!? 松浦勝人氏に黙って電撃復帰が問題に?
    小室哲哉、「乃木坂46に楽曲提供」でエイベックス最大級の激怒!? 松浦勝人氏に黙って電撃復帰が問題に?
    7月24日にリリースされた、乃木坂46の配信限定シングル「Route 246」の作曲・編曲を手がけ、“電撃復帰”を果たした音楽プロデューサー・小室哲哉。

    突然の引退発表から約2年、またしても突如として復活したが、世間で話題を集めた一方、小室の古巣からは“過去最大級”の怒りを買ってしまったという。

    2018年1月、「週刊文春」(文藝春秋)に不倫疑惑を報じられた小室は、記者会見を開き、自らの「才能の枯渇」などを理由に、引退を宣言した。

    「当初、小室は、まったくの濡れ衣として不倫報道を否定していましたが、その後、不倫疑惑は限りなく“クロ”に近いものだと言われるようになりました」(スポーツ紙記者) エイベックス創業者の松浦勝人氏も、当時、小室の不倫報道を徹底的に否定しており、「たとえ引退しようとも、小室の名誉を断固として守るという強い姿勢を見せていた」(同)という。

    「ところが、引退後も小室は不倫相手とされる人物との関係を断ち切ろうとせず、それどころか妻・KEIKOとの離婚話を進めようとするばかり。ついには松浦氏もさじを投げたと言われるようになりました。それまでエイベックスは、スポーツ紙やワイドショーなどで小室の不倫話は『報道NG』と通達していたようなのですが、昨年末のタイミングで、報道が『解禁』されたのです」(同) 松浦氏は昨年末、自身のTwitterで「あの人を助けるためにお金を貸したけど、その人は返す気もないという。意味がわからん」「KEIKOをほっておいて、挙句の果てに僕にまでそんなこというって、どういうことなのかなぁ」などと、名前こそ出さないものの、明らかに小室への苦言とみられる複数のツイートを投稿していた。

    「この後、松浦氏のSNSに小室が登場したこともあり、関係は少しずつ修復されている様子でした。しかし、今回の乃木坂への楽曲提供について、小室は松浦氏やエイベックスサイドに対して、一切の報告を行っていなかったというんです」(レコード会社関係者)小室からすれば、すでに一度引退している以上、「古巣に報告する義務はない」と考えたのだろうか。

    「長年世話になったエイベックスに黙って、突然ソニー・ミュージックレコーズのレーベル『N46Div.』で仕事をして復帰するのは、“不義理”と言えるでしょう。当然、エイベックスサイドは激怒しており、またしても小室との関係に大きなヒビが入ってしまいました」(同) 以前からトラブルメーカーだったという小室だが、その性質は一生変わらないのかもしれない。
    【日時】2020年08月13日 12:15
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【【芸能】小室哲哉、「乃木坂46に楽曲提供」でエイベックス最大級の激怒!? 松浦勝人氏に黙って電撃復帰が問題に?】の続きを読む



    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/08/10(月) 22:21:47 ID:CAP_USER9.net

    2018年1月に引退を発表した音楽プロデューサーの小室哲哉が、7月24日に配信リリースされた乃木坂46の新曲
    「Route 246」の作曲・編曲を手がけ、音楽業復帰を果たした。

    同曲は、90年代後半に大ブームを巻き起こした“小室サウンド”全開。
    作詞を手がけたのは、乃木坂の総合プロデューサー・秋元康氏で、2人のタッグは10年ぶりとなった。

    「乃木坂のファンは若い世代なので、小室のサウンドが受け入れられるかが注目されたが、意外にも評価は上々。
    おそらく、秋元氏は当たるか自信がなかったので、配信のみのリリースにしたようだが、
    CDを発売しても今までの乃木坂のCDと同じぐらいの枚数を記録したはず」(音楽業界関係者)

    復帰したばかりにもかかわらず、同31日には自身が手掛けた浜崎あゆみの新曲「Dreamed a Dream」を配信リリース。
    精力的に活動しているが、その背景には金銭問題があったようだ。

    「所属レコード会社・エイベックスに多額の借金を背負っている。おまけに、離婚調停を申し立てた妻・KEIKOとの離婚が成立すれば、
    まとまった慰謝料が必要になりそうで、馬車馬のように働かないと借金返済もままならない」(芸能記者)

    そして今後、小室には一気に借金を返済するチャンスが巡って来そうだというのだ。

    「エイベックスの松浦勝人会長が、テレビ番組で『最後になるかもしれないけど一番やりたかったことをやる』と新たな楽曲製作を宣言。
    おそらく、元AKB48の矢作萌夏のことで、小室にやらせるだろう。松浦氏といえば、小室が巨額の詐欺事件で逮捕された際、被害者への弁済金をポケットマネーで肩代わり。
    おかげで小室は収監を免れた。そんな恩人の松浦氏のためなら、小室も命懸けで取り組むはず」(同)

    当てれば、小室自身が復権できそうだ。
    https://npn.co.jp/article/detail/200006274
    38HasnQA_jpeg


    【【芸能】 元アイドルを当てて一気に借金を返済したい小室哲哉】の続きを読む


    山本寛斎氏、白血病で逝去 7月末のイベント準備中も力尽く


    NO.8700875 2020/07/27 13:12
    山本寛斎氏、白血病で逝去 7月末のイベント準備中も力尽く
    山本寛斎氏、白血病で逝去 7月末のイベント準備中も力尽く
    ファッションデザイナーでイベントプロデューサーとしても知られる山本寛斎さんが、7月21日に急性骨髄性白血病で逝去していたことがわかった。

    享年76。

    山本さんは、3月31日に、白血病であることを自身のインスタグラムで発表し、闘病を続けていた。

    その傍ら、7月31日に予定されているオンラインイベント「日本元気プロジェクト2020『スーパーエネルギー!!』」の準備を続けていたが、残念ながら参加は叶わなかった。

    イベントは、当初6月中に都内で開催することを予定していたが、新型コロナ感染拡大の影響で中止に。

    代わりにオンラインで開催することになっていた。

    山本さんは6月に、「長年、皆さまに『ファッションを通して元気になろう!』とお伝えしてまいりましたが、闘病中の今、身をもって『ファッションには人を元気にするチカラがある!!』ということを実感しております」とコメントを発表していた。



    【日時】2020年07月27日 12:55
    【ソース】NEWSポストセブン


    【【芸能】山本寛斎氏、白血病で逝去 7月末のイベント準備中も力尽く】の続きを読む


    エイベックス・松浦勝人氏、“激怒ツイート”で炎上連発も「最近すっかりおとなしく」なったワケ


    NO.8582866 2020/06/17 15:18
    エイベックス・松浦勝人氏、“激怒ツイート”で炎上連発も「最近すっかりおとなしく」なったワケ
    エイベックス・松浦勝人氏、“激怒ツイート”で炎上連発も「最近すっかりおとなしく」なったワケ
    エイベックスの創始者で、平成の歌姫・浜崎あゆみらをたプロデューサーでもある松浦勝人氏。

    一時期、Twitter上で一般ユーザーに突っかかるなどして、業界内外の注目を集めていたものの、ここ最近は“平和”な投稿が増え、すっかりおとなしくなっている。

    今年2月には、一部ジャニーズファンを巻き込むトラブルを起こしていたが、関係者は“炎上しなくなった”松浦氏の現況に安堵しているようだ。

    松浦氏が一部ジャニーズファンと対立するきっかけとなったのは、2月19日のツイート。

    1月にエイベックスよりCDデビューしたSnow Manメンバーとの記念写真をアップしたところ、現役高校生のラウールが、プライベートの制服姿で写っている点に、Snow Manファンが即座に反応。

    「ストーカーまがいのファンに高校を特定される」などと抗議の声が上がることになった。

    「Snow Manがデビュー前に出演していたYouTubeチャンネル『ジャニーズJr.チャンネル』内の密着動画では、ほかのメンバーが、ラウールの制服をカメラに映さないよう配慮していたこともありました。こうした事情を知っているファンは、松浦氏のデリカシーもリテラシーもない投稿に怒りを覚えたようで、『画像を消してください』といったリプライが殺到したのです」(芸能ライター) 結果、松浦氏はすぐにツイートを削除するも、数時間後、あらためて「#制服許可済み」のハッシュタグを追加し、問題の写真を再投稿。

    これが、火に油を注ぐ形となり、ファンの間で非難の嵐が巻き起こったのだった。

    「松浦氏は、ファンとのやりとりの中で『学校にも許可もらったからもう一度あげたんたまよ。俺たちはやる気満々なのにか、その気持ちをそぐこのようなツイートは残念でならんわ』(原文ママ)と返信し、あくまで自身に非がないことを強調していました。ただ、実際はラウール本人に確認しただけで、学校側やジャニーズ事務所など、しかるべきところから正式に許可をもらって公開した写真ではなかったそうです」(スポーツ紙記者) ほかにも、松浦氏は2月21日に「あゆ引退説流れてますよー」とコメントを求められ、「ありえません」とTwitterで否定。

    また新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が叫ばれていた5月9日、元AAAのリーダー・浦田直也との会食写真をインスタグラムにアップした際、「今の時期にすべきことではない」といった批判を浴びると、Twitterで長文投稿機能を用いて「なんて人の気持ちとかについて了見が狭い人なんだろう」などと大反論を展開した。

    一時期、松浦氏のこうした発言がネット上で注目の的となっていたが、「ここ最近、すっかりおとなしくなっている」と指摘するのは、テレビ局関係者だ。

    「松浦氏のTwitterはここ最近、釣りや東京タワーに関するツイートが増えるなど、過激な内容は減少傾向にある。6月16日時点で閲覧できる最後の更新は5月30日付のツイートで、『アカムツ2.3kg上がりました!』との釣果報告でした」(同) 松浦氏は、一般ユーザーに対して、過激な言葉で応酬する半面、「Twitterでの炎上について思い悩んでいた」(同)という。

    「4月に、ニュースサイト『文春オンライン』に、 “違法薬物使用疑惑”を報じられましたが、本人は、記事内容自体より、Twitterの炎上を気にしていたそう。しかし、一番やきもきしていたのは、ほかならぬエイベックスの社員だったのではないでしょうか。というのも、松浦氏は、精神面が乱れていると、スマホを頻繁にイジるそうで、そういうときにTwitterで批判的なリプライを見かけると、カッとなって変な投稿してしまう……そういう傾向があるというんです。それでさらに機嫌が悪くなると、周囲に当たり散らすこともあるようで、社員たちも困り果てていたとか」(同) 一方、ここ最近、攻撃的なツイートが減ったのは、「精神的に安定し、スマホを無駄にいじらなくなっているからでは」(同)との向きも。

    「松浦氏は6月に開催予定の株主総会で、エイベックスのCEO(最高経営責任者)を退任し、今後はクリエイティブ活動に専念するとのこと。本人が望む音楽制作に集中できるようになるわけですから、今は気分的にも落ち着いているのでしょう。Twitterもあまり開かなくなり、周囲はみんなホッとしてるとか」(同) 再び松浦氏のTwitterが荒れ始めた時は、「本業がうまくいってない」という現状の表れなのかもしれない。
    【日時】2020年06月17日 12:00
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【【芸能】エイベックス・松浦勝人氏、“激怒ツイート”で炎上連発も「最近すっかりおとなしく」なったワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ