芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    芸能ニュースまとめサイトです。芸能ニュースを毎日更新しております。

    カテゴリ: プロデューサー



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/28(木) 08:23:36.45 ID:CAP_USER9.net

    10/28(木) 7:02

    FRIDAY
    小室哲哉「活動再開宣言」非難の声を煙に巻く驚きのテクニック
    引退会見で涙をみせていた小室哲哉。活動再開には賛否の声が上がっているが……(’18年)
    めでたく結婚を発表された小室圭さんと秋篠宮眞子さま。いまや“小室”といえば「小室圭」。小室さん関連のニュースがない日がなかったと言っても決して過言ではない。そんな中で、芸能界の本家“小室”こと小室哲哉氏が動き出した。

    先日、芸能活動再開を発表したのだが、小室氏といえばʼ18年1月、「週刊文春」の“不倫報道”を受けて記者会見を行ったのは記憶に新しい。そこで音楽活動からの引退を表明したのだが、交際していると報じられた女性看護師との不倫関係については否定。妻・KEIKOさんの介護をする中で、精神的にも疲労したうえ、C型肝炎や突発性難聴の病気も患い、さらに創作能力の限界を感じていることを明かした。これ以上創作活動の継続が難しくなったことで、引退を決意したというのだ。

    しかも引退は不倫騒動に対する自分なりの“けじめ”でもあると明かしていた。これには会場に詰めかけた記者たちも驚きを隠せなかった。中には“小室さん、辞めないで”と涙声で訴える女性記者もいたほど、混乱した会見だった。

    この会見のせいで、“稀代の天才”を引退に追い込んだとして「週刊文春」はちょっとした悪者になってしまったのだ。論点を見事にすり替えた小室氏の秘策が功を奏したのか、氏を非難する声は少なかった。

    それから4年が経とうとしている。

    小室氏の活動再開、芸能界復帰に関しては様々な意見が飛び交っているが、そもそも小室氏は本気で引退するつもりだったのだろうか。マスコミを含め芸能関係者のなかで、彼が本当に引退すると思っていた人は少ない。

    「会見した翌年には、ピアノとシンセサイザーを駆使して制作した音楽を、建築・芸術関係の企業に向けて提供する仕事を、自身の名前を出さずに始めました。ʼ20年には乃木坂46に楽曲を提供しています。さらに父母ヶ浜での野外コンサート、TM NETWORKとしてのラジオ出演や3人でのステージなど活動を再開しています」(音楽雑誌ライター)

    今年5月には『Lynx Eyes』の新曲『#ALL FRIENDS』が小室氏の提供であることが発表された。KEIKOさんに関することや引退会見で話した内容にはいくつかの“嘘”があったことがその後明らかになったため、引退についても「やはり嘘だったのか」と顔をしかめる人がいるのは当然だろう。

    だから活動再開を発表されても、「今さらなんで」と思うのだが実は、引退会見以降これまでの“活動”と今回再開すると発表された“活動”には大きな違いがあるという。

    「引退会見のとき、小室さんは“自発的な音楽活動は本日をもって終了となります”と語っているんです。これまでの活動はすべて依頼された形です。ですから小室さんの言葉に“嘘”はなかったわけです。今回は『TM NETWORK』のメンバーとしての活動を再開するわけで、これはまさに自発的な音楽活動です。これには反発する人もいるでしょうね」(前出・音楽雑誌ライター)

    小室氏もそのあたりは抜かりがなく、非難の声があることを踏まえて活動再開に際し次のようなコメントを出している。

    《改めて、お騒がせし、ご心配やご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

    今しばらく音楽をやらせてください。働かせてください。
    体力は以前より後退しましたが、なにより音楽を創るアイデアとエネルギーは確実に進化していると感じています。

    TMはTMなりの活動をしたい。僕は僕なりの創作をしたい。
    いろいろな過ちがあっても、まだやれると背中を押してくれる友がいる。
    待っていてくれるファンがいる。

    これからの自分に残された時間にできること全てで、音楽で少しでも光を灯せたら。

    と、このコロナ禍に沢山の事を考え奮起致しました。

    毎日感謝でいっぱいです。

    >>2へ

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/53242c8c4181995fc450e7b84389f52e86731a69


    【【芸能】小室哲哉「活動再開宣言」非難の声を煙に巻く驚きのテクニック】の続きを読む


    「こっちの小室も…」不倫報道で引退した小室哲哉の完全復帰に批判殺到

    NO.9913992 2021/10/13 09:00
    「こっちの小室も…」不倫報道で引退した小室哲哉の完全復帰に批判殺到
    「こっちの小室も…」不倫報道で引退した小室哲哉の完全復帰に批判殺到
     10月10日、音楽プロデューサーの小室哲哉が、東京都内で行われたイベント「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021」に出演した。1日には「TM NETWORK」が6年ぶりに“再始動”することも発表。同日自身のインスタグラムには、

    《今しばらく音楽をやらせてください。音楽で働かせて下さい。体力は後退しましたが、何より創るアイデア、エネルギーは確実に進化していると感じています》

     などと書かれた直筆メッセージを投稿している。小室は、2018年1月に『週刊文春』が報じた不倫騒動を理由に音楽活動からの引退発表していたが、前言を翻して完全復帰した形だ。

    「2011年10月に妻であるKEIKOさんがくも膜下出血で倒れ、それ以後、小室さんはKEIKOさんを献身的に支えているとされていました。

     しかし、『週刊文春』は、小室さんが看護師のA子さんと数年にわたって不倫関係にあると報じました。これを受けて小室さんは2018年1月19日に釈明会見を開き、不倫を否定しつつも、KEIKOさんが意思の疎通が難しい状態にあることや、加齢による音楽活動の行き詰まりがあることを涙ながらに訴え『騒動のけじめとして、引退を』すると発表しました。

     その後、KEIKOさん側からKEIKOさんの状態について反論されるなどしばらく騒動は続いていましたが、『引退までしたのだから』と、業界関係者のあいだでも小室さんに対して同情的な声は多かったです」(芸能記者)

    【日時】2021年10月13日 06:02
    【ソース】SmartFLASH

    【【芸能】「こっちの小室も…」不倫報道で引退した小室哲哉の完全復帰に批判殺到】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/19(木) 12:50:30.10 ID:CAP_USER9.net

    8/19(木) 12:43
    スポーツ報知

    デーブ・スペクター氏、国会開かれず皮肉「ロックダウンの社会実験をやってますが特に支障はありません」
    デーブ・スペクター氏
     放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏が19日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、臨時国会が開かれない現状をチクリと皮肉った。

     この日、「緊急事態なのに国会が開かれないことについて、政府が一言→ロックダウンの社会実験をやってますが、特に支障はありません」と、まるで大喜利のようにつづっていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/37adfef8150b026117f4b79fa8ce4521a8e784e8


    【【芸能】デーブ・スペクター氏、国会開かれず皮肉「ロックダウンの社会実験をやってますが特に支障はありません」】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/06(金) 23:02:30.18

    8/6(金) 20:33配信
    スポニチアネックス

    佐久間宣行氏

      テレビプロデューサーの佐久間宣行氏(45)が4日自身のYouTubeチャンネルを更新し「M-1グランプリ2007」の舞台裏について、明*場面があった。

     佐久間氏は「その頃『キンコンヒルズ』っていう番組で、一番“トガってた”頃のキングコングと仕事していて。キングコングが『俺たち、タレントに思われてる』って言い始めて。たしかに売れてるからね『はねるのトびら』やっていて」と、振り返る。

     「そしたら『俺たち、漫才師に戻ります』って。アイツら体育会系だから、めちゃくちゃ漫才を磨いて。でも、西野(亮廣)に対する、まだ今ほど許せていない状態で仕事していて。面白いのは知ってるけど、ムカつくところもある、みたいな。『青春みてぇな感じでやりやがって』」って」と、複雑な感情を抱いていたという佐久間氏。

     「応援している気持ちと『これでM-1取ったら、調子に乗って手がつけられない』って気持ちと。それで、そのときの『M-1』で、キングコングがちゃんとウケて。暫定トップになったときに『アイツらこのまま天下とっちゃったら、タレントとしてコントロール効かないな…』と思った後の、サンドウィッチマンよ!気持ちよかったですね、“用心棒”が出てきて頼もしかった」と、笑いを交えて懐かしんでいた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/817099805f4901555e9cbe128aeab7100b5e4ef9


    【【芸能】佐久間宣行氏、全盛期キングコングに「天下取ったら手が付けられなくなる…」そこに現れた“用心棒”とは】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/25(金) 20:29:29.87 ID:CAP_USER9.net BE:504421303-2BP(0)


    6/25(金) 20:00
    スポニチアネックス

    秋元康氏 ウィル・スミスファミリー企業とタッグ
    秋元康氏
     秋元康氏(63)がプロデューサーを務める「AKIMOTO PROJECT LLC合同会社」が、米俳優のウィル・スミス(52)率いる「ウエストブルック社」と業務提携した。

     第1弾として、秋元氏の小説「象の背中」(06年)を原作とする北米向け映画「The Elephant’s Ba*」を共同で製作する。ほかにテレビプロジェクトも進行中で、近く発表するという。

     「AKIMOTO…」はさまざまな分野でヒットを生み出してきた秋元氏が、活動を海外にも広げようと設立。グローバルに展開する作品を作るために、常に世界に影響を与えているハリウッドでの高い専門性、知見などが重要だと考え、ウエストブルック社と戦略的な業務提携契約を結んだという。

     ウィルは妻で女優のジェイダ・ピンケット・スミス(49)との共同声明で「秋元康氏とAKIMOTO PROJECT LLCとのこのパートナーシップを通じて築かれる機会と関係に、私たちは興奮しています」とした。

     秋元氏は「世界はどう変わるのか?その予測を語ることは、僕の仕事ではありませんが、これだけは言えます。“今まで当たり前だと思っていたことを、当たり前だと思わなくなる時代、『疑心暗鬼』の時代がやって来る”。二匹目のドジョウがビジネスになることはないでしょう。つまり、常に新しいものが求められる時代なのです。ウエストブルックとの取り組みも、そんな予定調和を壊す試みの一つです。なぜ、ウエストブルックが秋元康と?なぜ、秋元康がウエストブルックと?その答えは、僕と彼らの興奮の中にあります。新プロジェクトにご期待ください」と呼びかけている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b964afb99b9651463df2956bc989ace0e6537839


    【【芸能】秋元康氏 ウィル・スミスファミリー企業とタッグ】の続きを読む

    このページのトップヘ