芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 食・店関連


    「いきなりステーキ」6000円の福袋が酷いと話題 - 政治・経済ニュース掲示板


    NO.8080425 2020/01/06 18:08
    「いきなりステーキ」6000円の福袋が酷いと話題
    「いきなりステーキ」6000円の福袋が酷いと話題
    業績低下、閉店続出の中、再起を狙う「いきなりステーキ」が6000円の福袋を販売。

    しかし、食事券や割引券など、来店を促すような金券は入っておらず、完全に在庫処分だと話題になっている。

    いきなりバターソース 410円
    いきなりビーフハンバーグ 550円×3
    プレミアムビーフカレー 648円
    ひれステーキ200グラム 1,944円
    サーロインステーキ200グラム 1,728円
    笑顔の見えるマスク 1728円(5個売りの物のみなので5分の1の金額)
    合計 8108円

    6000円の福袋だが、中身は6000円分の商品とマスクだけ。

    閉店した店舗のマスクを入れたのか……。

    この発想にブラック臭が。

    在庫処分+備品処分感満載の福袋。

    2020年の経営もヤバそうである。

    【日時】2020年01月06日 18:00
    【提供】激裏情報
    【関連掲示板】


    【【芸能】「いきなりステーキ」6000円の福袋が酷いと話題 - 政治・経済ニュース掲示板】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/28(土) 12:39:00.00

    ペッパーフードサービスは12月28日から、「いきなり! ステーキ」で「ジャンボステーキフェア」を開催する。2020年1月13日までの期間限定。

    「ジャンボステーキフェア」は「初切りの『ご褒美ステーキ』召し上がれ!」をキャッチコピーとし、
    「リブロースステーキ450g」と「ヒレステーキ200g×2枚」の2種類を、フェア限定価格で提供する。共に終日販売。

    「リブロースステーキ450g」は、通常価格3105円(以下、全て税別)を、2800円で提供。脂身と赤身のバランスが程よいリブロースを使用し、肉質はきめ細やかで柔らかく、大満足な一品だという。

    「ヒレステーキ200g×2枚」は、通常価格3600円を3300円で提供。脂身が少なくさっぱりとした、赤身の旨味が食欲を誘うという。

    ペッパーフードサービスは「いきなり! ステーキ」の「ジャンボステーキフェア」について、
    「年末年始、ご家族みなさまでのお食事に、自分へのご褒美に“厚切りステーキ”をお得に、おもいっきりお召し上がり下さい」などとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00010003-ssnp-bus_all
    12/27(金) 15:20配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://event-che*er.info/wp-content/uploads/2019/11/ikinari-steak201912_03.jpg


    【【外食】いきなり! ステーキ、限定価格で販売!!】の続きを読む



    1 スタス ★ :2019/12/23(月) 18:41:43.97

    ステーキ専門店「いきなり!ステーキ」が、年末年始にかけて多くの店を畳むと発表し、客らからは驚きの声が出ている。

    いきなり!ステーキを運営するペッパーフードサービス(東京都墨田区)は、2019年12 月期第3四半期で16億8500万円の特別損失を計上している。


    ●44店舗の閉店を予定している

    11月14日の発表によると、原因は出店計画の見直しにある。急すぎた店舗拡大によりカニバリゼーション(自社競合)が起き、約500店あるいきなり!ステーキのうち44店を閉店する。19年度に新規で210店を展開する予定だったが、115店への縮小も余儀なくされた。

    看板を下ろす店舗は明かされていなかったが、12月下旬に入って、対象店の公式サイトで続々と伝えられた。12月23日現在までに、全国26店舗が年末年始に店じまいすると発表されている。

    19年4月にオープンしたばかりの「浜松三島店」や、満を持して投入した牡蠣を売りにする「虎ノ門店」「銀座六丁目店」も対象だ。

    SNS上では「行くなら今のうち」との声が目立ち、一時期は100店あったものの現在は7店にまで落ち込んだ牛丼チェーン「東京チカラめし」を思い出す人も。また、独自の電子マネー「肉マネーチャージ」の残高消化に向けた動きも加速しているようだ。

    ソース JCAST
    https://www.j-cast.com/2019/12/23375793.html

    news_20191223161454-thumb-645xauto-170245

    前スレ


    【外食】いきなり!ステーキが大量閉店へ 年末年始に26店舗、客に衝撃
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577086701/


    【【ペッパーランチ】いきなり!ステーキが大量閉店へ 年末年始に26店舗、客に衝撃】の続きを読む



    (出典 img.grouponcdn.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/22(日) 10:05:52.50

    一時はステーキブームのけん引役として拡大の一途だった「いきなり!ステーキ」(ペッパーフードサービス)だが、いまや客離れ・売り上げ減に歯止めがかからないほど苦境に*いる。
    なぜ同社はここまで失速してしまったのか──。ジャーナリストの有森隆氏がレポートする。

     * * *

    ステーキを立ち食いするスタイルが受けてきた「いきなり!ステーキ」が失速した。

    11月中旬、「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは10月の月次動向を発表したが、既存店売上高は前年同期比41.4%減と大幅なマイナス。客数の落ち込みも深刻で同40.5%減だった。

    2018年の春先までは好調が続いていたが、4月から既存店売り上げが前年実績を割り込み、数字は月を追うごとに悪化。10月には、とうとう売り上げ、客数とも4割以上減少してしまった。

    そもそも、外食業界が肉ブームに沸いたのは2015年頃からだ。輸入牛肉の規制緩和を追い風に、コンセプトも様々なステーキハウスが続々とオープンした。

    そんな中、「いきなり!ステーキ」は、高級イタリアンを安く食べられるという謳い文句で人気を博した「俺のイタリアン」のいわば牛肉版。立ち食い形式でステーキを量り売りで提供するステーキハウスを立ち上げた。

    まず2013年12月、東京・銀座に1号店を出店。「分厚いステーキをリーズナブルな価格で立ち食いする」ことにテレビなどマスコミが飛びついた。
    口コミでの広がりもあって店舗網を拡大し、急成長を遂げた。2016年末に115店だった店舗数は、17年末に188店、18年末には389店まで増えた。

    ◆ステーキ文化を無視したNY進出で惨敗

    2017年2月には、鳴り物入りでニューヨークに進出した。一瀬邦夫社長は「全米1000店舗展開を目指す」と高らかに宣言。
    2018年2月16日、ニューヨークの中心部マンハッタンの5番街近くにオープンした4号店の開店イベントには、ニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏も駆けつけた。
    松井選手の背番号は55。gogoということだったらしい。一瀬邦夫社長は〈野茂(英雄)さんも松井さんも(米国で)大成功された。それにあやかりたい〉と語った。

    米国で多店舗展開する資金を調達するため、2018年9月に日本の外食チェーンとして初めて米ナスダック取引所に米国預託証券(ADR)を上場した。

    米国のステーキの値段は20ドル(約2200円)前後。高級店だと廉価なランチでも50ドル前後はすることを考えれば、「いきなり!ステーキ」は半額以下だが、その安さは武器にならなかった。

    ニューヨーカーの低所得者は20ドルのステーキは高過ぎて手が出ないし、他方、金持ちは高級レストランで食べる。中間層だって自分たちのステーキ文化へのこだわりがある。そもそも米国人は立ってナイフとフォークを使うことを嫌がるのだ。

    米国のステーキ文化を無視し、日本で流行ったからということだけで「立ち食い」を始めても客を呼び込めるわけがない。慌ててテーブル席に切り替えたが、オシャレな店舗でもないのでビジネスランチには向かず、若者がデートで使うこともなかった。
    一時は11店舗まで拡大したが、消費者を掴み切れず店舗を次々と閉鎖し、赤字をタレ流した。

    その結果、2019年9月、米ナスダック取引所の上場を廃止。米証券取引委員会(SEC)の登録もやめた。「いきなり!ステーキ」のニューヨーク上陸は惨憺たる結果に終わった。

    ◆各地に格安ステーキ店が登場

    一瀬社長は国内でも1000店舗を目指し、アクセルを踏み続けた。2017年以降、3か月に2ケタのペースで出店を続け、1号店誕生からわずか6年で487店(2019年10月末、フランチャイズ店を含む)まで膨張した。

    確かに肉ブームが去ったわけではない。焼肉ならびにステーキのジャンルは、依然として堅調だ。しかし、「いきなり!」だけが独り負けの状態なのである。
    敗因のひとつは、「いきなり!」の快進撃を見て、各地にライバル店が登場してきたことも挙げられるだろう。

    2018年1月、愛知県発祥のステーキ大手あさくまがメニュー構成や価格帯がほぼ同じの「やっぱりあさくま」を東京に出店。「3年で100店舗を目指す」と、一騎打ちを挑んできた。
    その他、ファミレス系のチェーン店もサラダバーを武器に肉を売り込む。肉ブームを背景に、各チェーンがさまざま特色を出してきたのである。これで消費者の選択肢が一気に広がり、「いきなり!」は、いきなり埋没してしまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191204-00000008-pseven-bus_all&p=2
    12/4(水) 7:00配信


    【【外食】「いきなり!ステーキ」失速 相次ぐ値上げと大量出店の誤算】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 みつを ★ :2019/12/12(木) 14:50:53.51

    【ツイバズ】忘年会「自分で4,000~5,000円払って、上司の話を聞くのはハードルが高い」女性社員のインタビューが話題に

    2019/12/12

    https://twitter.com/lecochet/status/1204407013972697088?s=21
    (リンク先に画像あり)

    これ壁紙にする

    ★1の立った時間
    2019/12/12(木) 01:29:25.99

    前スレ
    【ツイバズ】忘年会「自分で4,000~5,000円払って、上司の話を聞くのはハードルが高い」女性社員のインタビューが話題に
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576081765/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【ツイバズ】忘年会「自分で4,000~5,000円払って、上司の話を聞くのはハードルが高い」女性社員のインタビューが話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ