芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 吉本興業問題



    1 牛丼 ★ :2020/01/18(土) 21:07:23 ID:sHcUR62c9.net

    昨年、芸能界を騒がせた宮迫博之らによる闇営業問題。騒動を受け、12月20日に吉本興業の社内改革を目的とした第三者による経営アドバイザリー委員会が中間のとりまとめ結果を報告した。

     そこで発表されたのは、芸人本人に直営業(事務所を通さない営業のこと)の依頼があった場合は、まず吉本に事前連絡。吉本が相手先の属性を調査して問題がないことを確認した上で仕事を受け、報酬は吉本を通して支払われる形にするというものだった。

     しかし「5万円以下の仕事に関しては、吉本を通さずにギャラを受け取っていい」と、時を同じくして所属芸人に説明があったという。

    学園祭や営業が“7割減”、信用失墜で……
    「12月上旬に契約に関する説明会があり、その際に担当者から口頭で説明があったそうです。ダブルブッキングにならないためのスケジュール確認や反社チェックもしないといけないため、直営業をする際は事務所へ1度報告をしなくてはいけないそうです。

     反社チェックで問題ないと判断された取引先の5万円以下の仕事に関しては、芸人と直接やりとりしてOKと吉本の担当者にも言われました。事務所に手数料を取られないのは、うちのような小さな会社にはありがたいですね」(イベント会社スタッフ)

     12月に所属芸人に渡された『所属覚書』という契約書には、≪よしもとを通じずに芸能活動の依頼を受けた場合、直ちによしもとへ報告する。(中略)よしもとの属性(反社)チェックの結果、依頼を認めた場合は、仮に依頼主が反社会勢力との関係が判明した場合であっても、その責任はよしもとが負うものとする≫と明記されているという。

     反社チェックの手間をかけながら、5万円以下であれば事務所は手数料を取らない……というのは、お金に対してシビアな社風がネタにされる吉本興業では考えられないようなことだが、前出のイベント会社スタッフはその理由をこう語る。

    「闇営業騒動で吉本の信頼が落ち、学園祭や営業の仕事が半分近く減ったんですよ。特に地方だとメンツを気にする企業や団体も多いので、騒動直後は多いところだと7割ぐらいキャンセルになったと聞きました。吉本としても、安い単価の仕事であれば芸人本人にギャラを全部渡す代わりに売り込み活動もしてもらったほうがいいという考えみたいです。そこでパイプができれば、今後の仕事にも繋がりますからね」
    続きまーす
    https://www.jprime.jp/articles/-/16956?display=b

    img_12f6f3b3ab76e42be5c57a3dd7a24465465413


    【【芸能】吉本興業が芸人たちの反発に苦渋の選択、直営業を解禁!】の続きを読む



    1 牛丼 ★ :2020/01/15(水) 14:25:31 ID:4L8vvm7d9.net

    1月10日に、闇営業騒動で謹慎中だった「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が復帰を発表した。具体的な復帰プランは未定というが、相方・田村淳が吉本興業との間に入り根気強く交渉することによって芸能活動再開までこぎつけた。

    コンビとはいえ、淳がここまで相方の復帰に本気になったのは、ある人間への強い遺恨が原因だという。それは、亮と共に‘19年7月に謝罪会見を行った「雨上がり決死隊」宮迫博之だ。

    「宮迫は亮に対し『反社から金をもらっていない』と“ウソをつけ”と言い、さらに吉本が謝罪させてくれないからと勝手に会見を主導して開いた。亮は宮迫の言うことに従ったのに、ふたを開けてみれば宮迫だけ明石家さんまさんに泣きついて復帰しようとした。これに淳が怒ったようです。普通、さんまさんに助けをお願いするなら、巻き込んでしまった亮を先に助けるのが筋でしょう。それを自分だけ復帰しようとしたので、淳は独自で亮を助ける計画を立てて動いた。淳は宮迫と違い、吉本の幹部に向き合って何度も話をしてきたので、今回のようにスムーズに復帰の道筋を立てることができたんです」(芸能プロ関係者)

    一方の宮迫は、1月10日から始まったさんまの舞台『七転抜刀! 戸塚宿』にサプライズ出演するという復帰プランが一部スポーツ紙などに報じられたが、“白紙”に。それ以降、具体的なプランはまったく聞こえてこなくなった。実は、宮迫の取ったある言動が原因だという。

    「さんまさんは白紙になったきっかけとして、‘19年11月21日に都内の高級ホテル行われた宮迫の激励会を“極秘で行うつもりだったが、テレビ局の人間が招待状をフェイスブックにアップしたのでバレた”とラジオなどで明かしていました。ですがあれは、さんまさんの“優しいウソ”です。確かにフェイスブックにあげた人はいましたが、本当の原因は宮迫がホテルでの囲む会や舞台のサプライズ出演が決まった際『よっしゃ! さんまさんのおかげで、早速復帰や!』と周囲に自慢しまくっていた。それがあるスタッフからマスコミに漏れたそうなんです。それを知ったさんまさんが宮迫の復帰を延期にした。元々舞台のサプライズはバレたら即中止と決めていたのに、宮迫は何も考えずに話してしまった。でも、さんまさんは怒ることなく、宮迫を含め誰も傷つかないように“仲の良いテレビ局の人間がおっちょこちょいでフェイスブックにあげちゃった”という笑い話に変えたんです」(スポーツ紙記者)

    新年早々に謹慎が解けた亮に対し、いまだ復帰の糸口さえ見えない宮迫。そんな彼には、昨年末くらいから異変が起きたという。

    「今まではおとなしくしていたようですが、何か吹っ切れたのかクリスマス過ぎから、六本木、西麻布、銀座などで飲みはじめたようです。会員制のバーや高級しゃぶしゃぶ店などをハシゴしていました。酔った宮迫が、店で大声を出して騒いでいる姿が目撃されていますよ」(女性誌記者)

    さんまに復帰を白紙に戻されたことによるやけ酒か。もしくは、さんまに新たな“復帰プラン”をもらって浮かれていたのだろうか。“親の心、子知らず”というが、さんまの親心は宮迫に届いているのだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200114-00000002-friday-ent

    無題

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579047138/


    【【芸能】ロンブー田村亮の復帰のウラで淳を怒らせた宮迫博之の「身勝手さ」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/30(月) 07:09:59.78 ID:GZ3+a10m9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    「私たちの時代は、『闇営業』なんて言葉はなくて、“内職”、私たちは『職内』って言ってたけど、まわりはみんなやってましたよ。結婚式を盛り上げたり、ゴルフ大会の表彰式を盛り上げたりね。

    でも私自身は、事務所を通さない仕事は一度もやったことないの。忙しかったのもあるけど、いつもマネージャーがバッチリついてたし、私が外のことを何も知らなかったのよね。一度くらい、“闇営業” したかったわ(笑)」

    2019年6月に発覚し、世間を騒がせた宮迫博之(49)ら吉本芸人13人らによる、反社会的勢力への闇営業問題。この話題を、山田邦子(59)は、そんなふうに語り始めた。

    「いまは『営業』『イベント』って言い方だけど、昔は『興行』といってね。お笑いに限らず、地方公演に必ずちょっと黒い方々が絡むっていうのは、いまでもあるのよ。『じゃあ、それも闇なの?』って思っちゃう」(山田、以下同)

    闇営業問題で判明した吉本興業の口頭契約も、「今の時代には通用しない」とバッサリ。一方で、ちょっとでも事件を起こせば、ネットで総叩きに遭う時代の風潮にも、疑問を呈する。

    「ネットはよくないね。だいたい、芸能人なんてね、バカしかいないんだから。学校出てなくてもなれるし、まともに働きたくないというか、『働かせてもらえなかった』と言ったほうがいいくらい、ダメな人の集まりなのよ。

    でも、宮迫、好きだったな~。一緒に仕事したこともあるし、バーで何回か会ったりもしたけど、すごく明るくて普通にいいヤツで」

    2019年10月、東京国税局からの指摘で、2018年までに1億2000万円の所得隠しと申告漏れが発覚。芸能活動自粛中のチュートリアル・徳井義実(44)についても、独自の見解を語る。

    「みんなは(徳井が)確信犯的に脱税していたっていうけど、私、彼は『本物のバカ』だったんだと思うよ。会見で言った『想像を絶するだらしなさ』ってのも本当なんじゃない? 小学生が急に、大金持っちゃったようなもんで。

    専属の税理士がいたと聞いたけど、専属じゃなくて、『たんに税理士を使ったことがある』っていうだけの話だったんじゃない?」

    しかし徳井は、かつてラジオで「税金のないドバイの利点」について語っていた。そのことも “確信犯説” を強める一因となっているが――。

    「本物のバカだから、誰かから聞いたことを鵜呑みにしただけじゃない? あんまり攻撃しないで、1回教えて勉強させればいいのにねぇ。

    私は、税金って難しいから、経理の先生を抱えて、『交際費、交通費はこう』ってやってもらう」

    徳井の脱税に続いて起こったのが、京都市のPRをめぐる、吉本所属のコンビ「ミキ」のステマツイート騒動。ミキは、京都市のイベントを告知することで、
    100万円の報酬を受け取っていたが、PR表記を明示していなかったことから、「ステマでは?」と問題視された。

    「あれは、マネージャーが取ってきた仕事でしょ? 100万円というギャラが高いといっても、それはマネージャーのお手柄だからね。この件があったことで、今後、ギャラの値段がいちいち公表されたら、みんなやりづらくなるんじゃないかしら。

    私たちの世界って、『これ、人間がもらえるお金?』ってシラけるくらいの金額をもらえるときがあるから。だから、みんな狂っちゃうし、悪いことをするスタッフも出てくるんだけど」

    この騒動に、山田が下したジャッジはこうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17598988/
    2019年12月30日 6時0分 Smart FLASH


    【【芸能】山田邦子が2019年お笑い界をぶった切る「徳井は本物のバカ」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/22(日) 07:26:30.17 ID:ee/l/LPV9.net

    所属芸人の闇営業問題をめぐる吉本興業の社内改革を目的とした、第三者による「経営アドバイザリー委員会」が20日、東京・新宿の同社で中間とりまとめを報告したことを、各メディアが報じている。

    報道をまとめると、今後は所属芸人が吉本を通さずに仕事を取る「直営業」のルールを明確化。直営業の依頼があった場合、吉本に事前連絡し、吉本が相手先の属性を調査したうえで、問題がないことを確認した場合は仕事し、報酬は吉本を通して支払われるという。

    委員会の座長を務める国際医療福祉大教授の川上和久氏は「直営業の禁止ではない」と前置き。そのうえで「吉本を通さずに仕事を受けるが、(会社には)届け出をするということ。タレントさんは不自由に感じるかもしれないが、タレントさんを守るため」と強調したというのだ。

    「要は少しでも会社の取り分を増やすために報告させるということ。会社を通さないで仕事を取っていたことが発覚した場合は、おそらく、これまでにはない厳しい処分を下すことになりそうだ」(芸能プロ関係者)

    吉本といえば、今月1日放送の関西ローカル「マルコポロリ!」(関西テレビ)での東野幸治(52)が闇営業問題で活動自粛中の宮迫博之(49)に対し、カメラ目線で「宮迫、キミのせいで、1月から全吉本芸人、交通費がカットになりました!」と訴えた。

    「どうやら、タクシー代のみカットになるようですが、削るものを削って、これまでよりも芸人から吸い上げようとは虫のいい話。そのうち、不満が爆発して怒りの声をあげる芸人が出てきそうです」(芸能記者)

    今年は世間を騒がせた吉本だが、新たな“火種”がくすぶっているようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2126030/
    2019.12.21 21:15 週刊実話

    ee7d7b7440c74b3c7f6bc74b97bf1fff9d6d


    【【芸能】縛りがキツ過ぎて所属芸人たちの不満が爆発しそうな吉本興業】の続きを読む



    1 1号c ★ :2019/12/05(木) 17:02:17.66 ID:1HKpsLNK9.net

    闇営業騒動でいまだ謹慎中の雨上がり決死隊の宮迫博之。一度は‘20年1月に行われる明石家さんまの舞台で復帰すると報じられるも、さんまは自身のラジオで「時期尚早と判断した」として白紙に戻すと発表した。

    「さんまさんが300万円の自腹を切って、11月21日に都内のホテルで開かれた“宮迫を励ます会”ですが、予想以上に業界関係者や視聴者の反発が強かった。それを見て、さんまさんも、今復帰させるのは得策ではないと判断したのでしょう」(テレビ局関係者)

    しかし宮迫は、さんまの後輩を思う熱い気持ちに感謝しているという。

    12月1日にさんまの知られざる一面を掘り起こす『誰も知らない明石家さんま』(日本テレビ系)が放送されると宮迫は感銘を受けたのか「生きてるだけで丸儲け。素敵な番組ありがとうございました」とツイッターに投稿。これが2ヵ月ぶりのつぶやきとなった。

    宮迫の活動といえば、こうしてツイッターをたまに更新するか、もしくは仲間と共に全国を回りボランティア活動に勤しんでいるのみだ。

    そして最近になって宮迫に変化が起きた。

    「実は宮迫さんは目黒区にある沢尻エリカさんと同じマンションに住んでいたのですが、11月上旬くらいに家族で引っ越したようです。ここは超高級マンションですし、金銭的にも厳しくなってきたんでしょう。年収は4~5億円程度あったそうですが、今年は闇営業騒動があって6月で収入がストップしているはずです。おそらく今年の収入は1億円弱くらいではないでしょうか。節税していなければ、今年、昨年の所得税を2億円以上支払い、さらに来年も5000万円ほど税金を払うことになるでしょう。無収入の中、超高級マンションに住んでいられなくなったのでしょうね」(宮迫と近しい人)

    宮迫の長男はフリーの漫才師として活動しているが、今も大学在学中。何かと物入りなのは間違いないだろう。

    「ロンドンブーツ1号2号」田村淳は、相方で活動休止中の田村亮と吉本興業との架け橋となり復帰をサポートすると表明。会社設立し、YouTubeチャンネルを開設した。“復帰はまだ見えないが亮といつか一緒に出たい”と、切実な思いの丈を動画に投稿した。

    さらに12月3日、淳のInstagramには亮と満面の笑みでの2ショット写真を投稿。ファンからも温かい言葉がコメントに投稿された。

    「世間的に、亮さんは宮迫さんにウソをつかされた被害者という見方が定着していて、亮さんの復帰に関しては反感は少ないと思います。しかし宮迫さんはまだ厳しい。復帰を匂わす放送をちょっとでもしたら、視聴者から“宮迫の復帰なんて許さない!”と恐ろしいほどのクレームの電話が鳴り止まなくなるんです」(ワイドショー関係者)

    家族を巻き込みひっそりと引っ越した宮迫。過去の栄光を取り戻せる日は来るのだろうか。

    2019年12月05日
    https://friday.kodansha.co.jp/article/82882

    img_5de8d896c31a5


    【【芸能】宮迫博之が高級マンションから引っ越し のしかかる巨額税金】の続きを読む

    このページのトップヘ