芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: ミュージシャン



    1 jinjin ★ :2020/11/16(月) 23:05:43.21 ID:CAP_USER9.net

    「人は道化でいい」BiSHのアイナ・ジ・エンドが悩む若者に示した「太宰治の世界」


    「人前では素の自分になれない」という悩みは、いまや10代、20代に共通する悩みです。私が編集長を務める『不登校新聞』では、不登校経験者などが「この人になら自分の悩みを聞いてほしい」と思う人にインタビューをしています。
    今回、取材したのは、“楽器を持たないパンクバンド“BiSHのアイナ・ジ・エンドさん。若者から支持を集めるアイナさんに、21歳の女性が等身大の悩みをぶつけてみました。


    「私もウソでつくられてきた」

    ――私は、がんばり続けることがやめられないんです。私には友だちもいるし、学校やバイトにも行けますが、すごくがんばって、今の状態を保っているんですね。がんばり続けないと自分を保てず、素の自分ではいられなくなっちゃう。ただ、がんばっているから、ある日、疲れがどーっと出て来て動けなくなってしまう。動けなくなって、大学も2度中退しました。どうしたらいいんでしょうか?(21歳・女性)


    がんばり続けてないとしんどいという気持ち、よくわかります。ただ、素の自分でいればよい、とは私は思わないです。
    だって「彼氏ができた」、「今日はデートだ」とか、なんでもあけっぴろげに言われても聞いたほうが困ります。人前で取りつくろっていたり、自分に無理をしていたり、ウソをついてもよいと思うんです。作家・太宰治は、そういう行為を「道化」と呼んでいました。

    太宰治は、時代の先端を歩いていた文豪ですが、一方で、人前ではおどけてウソをつくなど道化をせずにはいられない人でもあったそうです。
    太宰治の自伝的小説『人間失格』などを読んだとき、「私もウソでつくられてきた」ってすごく共感したんです。だから、人前で素の自分を見せる必要はありません。道化だっていいんです。そういう人のほうが私は魅力や奥行きを感じます。


    ステージごとに自分を使い分ける

    一方で「がんばり続ける」こと自体は、すごくしんどいことですよね。私もコロナ禍の前までは多忙すぎるスケジュールをこなしていた時期がありました。毎日ほとんど寝れないときや、ライブも多いのに声も枯れてすごく焦ったときもあります。
    そんな生活をしていたら全身に帯状疱疹ができてしまったんですね。そうなるともう歩くだけで痛い。いまはふつうの生活をしていますが、正常な感覚がちょっとずつ戻ってきました。ご飯ってこんなにおいしかったんだとか、ごみを捨てるとさっぱりするなとか。

    私の場合は極端ですが、がんばり続けるってよくないんです。心か体、どちらかに異変が出ちゃうと思っています。


    ――「道化でもいい」という話が印象的でしたが、それは歌や踊りにも言えることですか?

    表現をする場面ではウソがないです。私の場合は、歌詞も歌声も自分からにじみ出てくるものなので、特別な感情を感じたときほど、他人には話さないようにしています。他人に話すと気持ちがすっきりしますよね。でも、すっきりしちゃったら歌詞は書けません。
    振付をするとき、歌詞を書くとき、そういうときに気持ちを爆発させるよう自分のなかにため込んでいます。感じたことを取っておくために心の中で「フォルダ分けしている」と言ったほうが感覚としては近いんですけどね。いま質問されて無意識にそうしていたことに気づきました(笑)。
    なのでステージごとに、自分を使い分けてもいいんだろうなとも思っています。


    全文はコチラ
    https://news.yahoo.co.jp/byline/ishiishiko/20201115-00207585/


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】「人は道化でいい」 “楽器を持たないパンクバンド“BiSHのアイナ・ジ・エンドが悩む若者に示した「太宰治の世界」】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/10/23(金) 07:36:52.84 ID:CAP_USER9.net

    10/23(金) 7:04
    スポニチアネックス

    小室哲哉、復帰へ思い語った――筒美京平さんの死にふれ「まだ僕にはやれることがあるはず」
    笑顔でインタビューに応じる小室哲哉氏(撮影・吉田 豪)
     2018年1月に引退宣言した音楽プロデューサー小室哲哉(61)が引退後初のインタビューに応じ、7日に他界した筒美京平さん(享年80)について「存在自体が金字塔。僕も自分が進むべき道がやっと見えてきた」と語り、復帰する意向を示した。引退の引き金となった不倫疑惑、妻でボーカルのKEIKO(48)との離婚問題についても初めて言及。「僕は澱(よど)んでいた」と真情を吐露した。(阿部 公輔)

     日本で最もシングルレコードを売ったのが昭和のヒットメーカー、筒美さんの7560万枚。最もシングルCDを売った作曲家が平成のヒットメーカー、小室の7184万枚。3位以下を3000万枚以上引き離したぶっちぎりの大記録。

     「筒美さんの記録は永遠に抜けない金字塔。レコードとCDの売り上げ記録だから、シングルという概念自体が薄らいだ令和のデジタル時代に追い抜くのは至難の業です」

     会ったことはない2人だが、筒美さんは生前「同じ洋楽のダンスミュージックを取り入れている」と共通点を見いだし、ヒットメーカーとしての嗅覚を評価。編曲家の売り上げ記録では小室が1位で、筒美さんが4位。小室は作詞家でも4位に入っており、全3部門でトップ5に入っているのは小室だけだ。

     「でも、筒美さんは作詞が先の“詞先”の依頼をやってのけている。これは凄いことで、一つのビートと決まったリフがあるダンスミュージックでは至難の業。僕は音やリズム、グルーヴ感を優先したから、そこを損なわない歌詞が必要だった。だから自分で作詞を始めたんです」

     “詞先”の依頼も苦にしなかった筒美さんの名曲群には「ヒットを作ることのみに徹した職業作家の技の跡がある」という。いしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」、太田裕美「木綿のハンカチーフ」。

     「この代表的な2曲は譜割りが均等じゃないんです。いしださんの独特の歌い方にそこを感じるし、木綿…は1番から2番、3番へと譜割りが微妙に変わっている。それは後から曲をつけているからだと思う。こういった条件や依頼者の意向も全部ひっくるめて調和させてしまう“アレンジ力”がズバぬけてる」

     小室は筒美さんの「先見性」にも驚いている。曲作りで大切にしていた「街やメディアの観察」だ。

     「メディアとは当時のテレビや新聞、今で言うならスマホの中にある世界を感じ取ることに注力していたということ。一方で、街の実風景も常に捉えようとしていた。これは現在のソーシャルメディアの時代に、より必要性が増していて、実際スマホの中ではその虚実がきれいに混在している。この虚実の橋渡しこそエンターテインメントの本質で、筒美さんは50年前に既に見抜いていた」

     技術革新により、価値観が激しく揺れ動く時代。そこにコロナ禍が重なった今、筒美さんならどんな音楽を作り出しただろう。

     「僕らの仕事は、作るか、人前で歌うか。この2つしかない。それがコロナ禍でその一つをもぎ取られみんなが苦しんでいる。でも、僕は自分の不始末で勝手に自粛している。3000曲作った筒美さんはやめるなんて言ったことがないのに、僕は1600曲しか作ってないのに一体何をしているのか…。まだ僕にはやれることがあるはず。それがやっと見えてきた」

     その答えは「音屋(おとや)」。作るのは歌でもなく、曲でもない。「コロナの時代だからこそ生まれた発想で、こんな自分でも誰かの役に立てるかもしれないと思えたのが一番大きいです」

     空間音楽に近い考え方で「教会のチャペルやパソコンの起動音のように、音で何かを伝えたり人々を導く、生活に役立つ音を作っていきたい。振り返ると、僕は小学6年の時に万博で冨田勲さんの音を聴いて衝撃を受けたのが音楽を始めた原点。“音屋”として胸を張って生きていけるようになりたい」。 
     
    no title

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=489&q=90&exp=10800&pri=l

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c5d8f672178602b575abf4548dac5278dddaea84


    【【芸能】小室哲哉、復帰へ思い語った――筒美京平さんの死にふれ「まだ僕にはやれることがあるはず」】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2020/09/12(土) 13:59:03.13 ID:CAP_USER9.net

     2018年に音楽活動を引退した小室哲哉氏(61)が12日、東京・渋谷のSHIBUYA QWSで行われた映画「朝が来る」特別トークイベントに出席した。

     取材陣の前に姿を見せたのは昨年8月に福島でのイベントに参加して以来で約1年1カ月ぶり。「生まれて初めて」着たという山本耀司氏デザインの全身黒い衣装。「2018年1月に無謀にも引退宣言をしてしまいましてですね、今日は音楽家として呼んでいただいて、ちょっとおこがましいとは思っていたんですけども、勇気を持って来ました」とあいさつした。

     映画でメガホンをとった河瀬直美監督(51)、写真家のレスリー・キー氏(49)とともに登場し、特別養子縁組などをテーマにトークを展開。

     「社会で事件が多いなとずっと思うんですよね。育児放棄ですか。いろんな事情があると思うんですけども」と現実を見据えつつ、映画については「本当に反対の愛情があふれた映像であったり、お話なので凄い役に立っているのではないのかなと思います」と持ち上げた。

     1990年代にヒット曲を量産したTKブームを振り返り、河瀬監督は「私たち本当に90年代、勇気づけられたよね」と話した。

     ラストアイドルの「風よ吹け!」(18年4月発売)の作詞、作曲を最後に沈黙していた小室氏は、7月24日に配信リリースされた乃木坂46の「Route 246」の作曲、編曲を担当。その後も浜崎あゆみ(41)の「Dreamed a Dream」を作詞するなど再び活発化している。

     この日、会場ではレスリー氏の作品を集めた「母と子の写真展」が開幕。レスリー氏が特別養子縁組をテーマにした同映画にも共感したとして、親交のある小室氏を特別ゲストに迎えて3者が顔を合わせた。映画は10月23日公開。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5b32636549e74c97c11df609f25325af34a2842c
    映画「朝が来る」特別トークイベントに出席した小室哲哉氏 
    20200912s00041000264000p_view

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【芸能】小室哲哉氏「勇気を持って来ました」1年1カ月ぶりイベント登場】の続きを読む


    つんく♂『今夜くらべてみました』でモー娘。幻の歌詞を明かして騒然「衝撃の事実」

    つんく♂『今夜くらべてみました』でモー娘。幻の歌詞を明かして騒然「衝撃の事実」
    つんく♂『今夜くらべてみました』でモー娘。幻の歌詞を明かして騒然「衝撃の事実」
    9月2日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、「モーニング娘。を愛しすぎる女」として、モーニング娘。を大好きな芸能人が集まり、その魅力や歴史を熱弁。

    さらに、モーニング娘。′20から現リーダーの譜久村聖(23)と牧野真莉愛(19)もサプライズで登場した。

    そんな中、モーニング娘。をはじめハロー!プロジェクトの総合プロデューサーを務めていたつんく♂(51)がVTR出演。

    『Helpme!』に幻の歌詞があったことを初告白し、「衝撃の事実発覚!」「その歌詞も聞いてみたい」と大きな反響を集めた。

    「つんく♂は、『Helpme!』歌詞について『最初、この曲はもっと長くて。多分本邦初公開なのですが』と切り出すと、“許してお願い どうせ遊ぶなら 私もつれて行け ずっとメールだけ ずっと電話だけ”のあとに“忠犬ハチムスメ”という歌詞が入っていたと告白。これは長年のファンも知らなかったようで、ネット上では『パワーワードすぎる』『泣く泣く切った歌詞がまさかの“忠犬ハチムスメ”!』と衝撃を受けていたようでした」(芸能ライター) 

    また、つんく♂は現リーダーの譜久村に対し「現在リーダーとして頑張ってくれているけど、あと1〜2年で後輩に譲って40歳までいてくれていいんちゃう?って思ってます」と40歳までモーニング娘。に在籍してほしいというようなメッセージを伝えていたが、これにもファンは「つんくさんの言葉に号泣」「ふくちゃんのアイドル40歳定年説出てきたな」など喜びの声が寄せていた。

    「そんな譜久村は、放送後に自身のオフィシャルブログを更新し『つんく♂さんからのメッセージも嬉しかったです!40歳って…あと17年も笑笑 モーニング娘。が大好きな気持ちは一生エンドレスです?笑』とつづり、『これからもずっと続くモーニング娘。15期メンバーの最年少山?愛生(15)ちゃんとかがリーダーになった姿とかも今からモー楽しみですね』と、受け継がれていくリーダー像にもついても語っていました」(同) 

    23年の歴史がある『モー娘。』。

    1時間の番組では語りつくせないほどの魅力があるが、ファンからは「まさかゴールデンタイムで見られる日がくるなんて」「ありがとうございます!」と感謝の声が多く集まっていた。

    【日時】2020年09月03日 22:00
    【提供】デイリーニュースオンライン


    【【芸能】つんく♂『今夜くらべてみました』でモー娘。幻の歌詞を明かして騒然「衝撃の事実」】の続きを読む



    1 すらいむ ★ :2020/08/31(月) 10:43:11.23 ID:CAP_USER9.net

    YMO高橋 脳腫瘍で摘出手術

     ミュージシャンの高橋幸宏(68)が脳腫瘍を患い、今月13日に患部摘出手術を行っていたことを31日、所属事務所を通じて発表した。

     高橋がコメントを発表。
     「今年の初夏を迎える頃から、断続的な頭痛が続き、最初は季節の変わり目にある偏頭痛のようなものかと思っていましたが、症状が改善せず、緊急で脳MRI検査を受けることに。結果は脳腫瘍の疑いでした」と報告した。

     「現実を受け止められなくて、絶望感で言葉も出ない長い一日が始まりました」と当初を振り返りつつ「直後の検査入院から、8月13日、患部摘出手術が行われ、無事、成功に至りました。手術後は幸いにも後遺症はなく、今後は体力気力をつけて、じっくりしっかりと治療に専念し、できるだけ早い時期に皆さんの前に立てるよう努めていきたいと思っています」とした。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2020年08月31日 10時00分 日刊スポーツ
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12168-08310178/

    20200831-00000056-kyodonews-000-3-view


    【【芸能】YMO高橋幸宏、脳腫瘍で摘出手術受けていた「無事成功」】の続きを読む

    このページのトップヘ