芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: ユーチューバー



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/23(日) 14:26:10 ID:Sgnx5kfw9.net

    2月19日、雨上がり決死隊・宮迫博之がYouTubeチャンネルに対する批判に言及。自身の動画が、江頭2:50のYouTubeと比較されることについて、「エガちゃんと比べるのはやめてください。一緒ではない。あれは別格」と心境を打ち明けた。

    「宮迫も初回に投稿した動画は485万回再生を記録。その後もヒカルやレペゼン地球といった人気YouTuberとのコラボ動画を公開し注目を浴びました。しかし最近では、チャンネル登録者数も59.9万人と伸び悩んでいます。一方、同時期にデビューした江頭は、チャンネル登録者数が20日時点で160万人を突破し、今まで公開した動画のほとんどが数100万回再生以上を記録しています」(芸能ライター)

    今年に入り、連日、有名芸能人のYouTube参戦がニュースになっているが、この動きは今後も加速していきそうだという。

    「江頭はこのままいけば年収1億円を超える勢いですから、芸人たちがこぞって“カネ目当て”で参入を検討しているようです。江頭がこれだけ支持されているのは、彼の芸風とYouTubeの相性の良さゆえですが、ほかの芸能人たちもコツをつかんできていて、今までのように大失敗する人は減ってきています。1月31日にYouTuberデビューした女優の川口春奈は、実家に里帰りする動画が大ヒット。公開10日で500万回再生を記録しているほどです」(前出・ライター)

    テレビを“オワコン”と下に見ていたYouTuber側にも新たな動き?
     一方で、本職のYouTuber側にも以前にない動きが出てきている。

    「人気YouTuberのフワちゃんやヒカキンが積極的にテレビに進出。動画の住人はこれまでテレビを“オワコン”と下に見ていましたし、テレビ出演すると“日和った”と受け取られ、ファン離れが起きていた。しかし、最近は自分のチャンネルの宣伝と割り切るようになり、一方のテレビ側もネット民を取り込むチャンスととらえ、積極的に起用しようとしています」(テレビ関係者)

    (テレビと動画の力関係は逆転していく流れが出来上がりつつあるようだ。

    https://www.cyzo.com/2020/02/post_232279.html
    egashira


    【【芸能】江頭2:50が年収億超えに!? 芸能人が“カネ目当て”で続々とYouTube転身の流れに】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2020/02/23(日) 18:20:13 ID:FMNlvFII9.net

     タレントの陣内智則(46)が22日、自身のツイッターを更新し、「YouTube」公式チャンネル・「陣内智則のネタジン」を開設したことを報告。
    同日にユーチューバーのカジサックこと、お笑いコンビ「キングコング」梶原雄太(39)とのコラボ動画を初投稿した。

     この日、46歳の誕生日を迎えた陣内は「本日2020年令和2年2月22日誕生日を迎えました。僕の人生でこれ以上2が並ぶ誕生日はないやろな」としたうえで
    「そんな日を記念してYouTube始めちゃいます!」と報告。「陣内智則のネタYouTube 本日18:00に初回の動画をあげるので僕への
    誕生日プレゼントとしてみんな是非観てねー」と視聴を呼び掛けた。 

     同日に、公式チャンネルで「【陣内智則 ついに!YouTubeデビュー!】カジサックに色々教えてもらおう!」と題した動画を投稿。
    「僕の今までのネタをちょっといろいろと、新ネタを作ったりとか昔のネタを作り直すとか、いっぱいぼくが作ってきた子どもたちを皆さんにちゃんと
    自分のチャンネルで見てもらおうかな」とチャンネル開設の理由を明かしていた。

    報知新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-02230133-sph-ent
    20200223-OHT1I50134-L


    【【芸能】陣内智則がYouTuberデビュー】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/22(土) 21:15:50 ID:g42b/0Il9.net

     1月中旬に、歌手misonoのユーチューブ「misonoチャンネル」に何の前触れもなく突然、出演を果たした島田紳助氏。引退してから8年、その衰えぬマシンガントークに世間は大いに湧き、大騒動となった。2月10日には後半部分も公開されたが、動画内で島田氏はかつて司会を務めた高視聴率番組「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)への愛を語りに語っており、視聴者や関係者を驚かせた。

    *  *  *
     同番組はおバカブームを生み出し、上地雄輔やつるの剛士、里田まい、木下優樹菜、スザンヌなどが島田氏の手腕によって大ブレイクするきっかけとなった。しかし、島田氏の引退によって同番組は打ち切りに追い込まれ、ヘキサゴンファミリーは以降、芸能界で苦戦を強いられることになった。女性週刊誌の芸能担当記者は次のように語る。

    「紳助さんは羞恥心(上地、つるの、野久保直樹)やPabo(里田、スザンヌ、木下)などの音楽グループをつくり、作詞作曲なども手掛け、番組を飛び越えてスターを生み出すことに成功しました。しかし、あれから9年が経ち、ほとんどのメンバーが当時の輝きを失っています。上地さんはテレビ露出が激減、スザンヌさんも離婚してめっきり見なくなりました。“勝ち組”と思われたユッキーナも、先日のタピオカ騒動と離婚ですべてを失ってしまいました。唯一、里田さんは田中将大投手とニューヨークで幸せに暮らしていますが、タレントとしてヘキサゴン時代よりブレイクした人はおそらくひとりもいないのでは」

     ちなみに不倫騒動で芸能界でのポジションが激変した矢口真里もファミリーの一員だ。今回の突然の動画出演では、島田氏が芸能界で苦戦を強いられているメンバーに触れ「不幸率8割ぐらいや」とネタにしつつもエールを送っていた。misonoや同席していた山田親太郎も同じファミリーとして嬉しそうな表情をしていたのが印象的だった。

    「今回の紳助バブルで、misonoチャンネルの登録者数は7万人ほど増えたそうです。これは月収にすると70万円ほどになり、今後も動画投稿を続ける限りコンスタントにこの月収が入ってくることになるので、やはり紳助さんの影響力はいまでも絶大なんだと痛感しましたね。まずはファミリーの中からmisonoを助けようと思ったのかもしれません。今後、メンバーがそれぞれ動画チャンネルを解説し、紳助さんが助け舟を出していくという流れになるかもしれません」(放送作家)

    ■まず不幸続きのmisonoに手を差し伸べた

     TVウオッチャーの中村裕一氏も電撃出演の真意に関して同じ見方をしている。

    「義理人情に厚い紳助さんのことですから、ヘキサゴンファミリーのなかでも特に苦戦を強いられているmisonoのためにひと肌脱いだのでしょう。ヒット曲には恵まれず、タレントとしても伸び悩み、一昨年には所属事務所との契約を終了しています。プライベートでは夫・Nosukeが精巣がんの闘病中で、本人も昨年メニエール病であることを公表するなど苦境が続いていた。『少しでも自分が役に立てれば』という思いから立ち上がったのだと思います、ほかのメンバーにもその力を貸す場面が見られるかもしれませんね」

     島田氏は今回の動画でも芸能界復帰を全否定していたが、今後はヘキサゴンファミリーの再プロデュースを手掛けるということなのか。もしくは再び本人が表舞台に出てくるのか。

    「今回の動画の反響を見ても、紳助さんのしゃべりを聞きたい人はいまだに多いのは事実。最強の素人ユーチューバー誕生という可能性もある。後編の動画では吉本の大崎会長とサイバーエージェントの藤田晋氏に笑いを交えながら謝罪をしており、過去にメディア復帰の打診があったことを匂わせていましたが、水面下でそんな交渉が実際にあるんでしょう。しかし、ユーチューバーデビューと芸能界復帰は話が別です。引退後、紳助さんは吉本サイドに無断で週刊誌の取材にはたびたび応じていますが、出るたびに吉本の首脳陣は頭を悩ませているといいます。反社との付き合いを徹底的に排除しなければいけないタイミングで、黒い交際で引退した紳助さんを復帰させるわけにはいかない」(前出の記者)

     天才的なトークスキルと唯一無二のキャラクターから、今もバラエティ番組でも話題に上るなど、復帰待望論も根強い。だが、動画の中で「芸能人ってやっぱり変やで」とも話しており、本人には復帰の意志はあまりなさそうだ。輝きを失ってしまった元ヘキサゴンメンバーたちに島田氏が手を差し伸べる時は来るか。(文/藤原三星)

    2/22(土) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200219-00000027-sasahi-ent
    2020021900027_1


    【【芸能】紳助さん「不幸率8割」のヘキサゴンファミリーの救世主となるか?〈dot.〉】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/20(Thu) 16:18:03 ID:GA/EdYpR9.net

    あの計画が実現していれば、YouTuberデビューする必要はなかったかもしれない。

     2月17日に放送されたバラエティ番組『痛快!明石家電視台』(毎日放送)に明石家さんまが出演。雨上がり決死隊・宮迫博之の「舞台復帰計画」の真相を語った。

    「この日はスポーツニッポンの大阪本社編集局長らが出演。さんまは1月の舞台で宮迫を復帰させるべく水面下で動いていたものの、スポニチに漏れてしまったせいで計画が立ち消えになったと不満げに語っていました。宮迫をサプライズで舞台に登場させることを知っていたのは監督と吉本の人間の2人だけ。それが表に出たため『このスポニチ野郎!』とさんまは憤っていたそう。もっとも実際はデイリースポーツがスッパ抜いたもので、さんまの勘違いだったわけですが」(週刊誌記者)

     一方、舞台復帰が流れた宮迫はといえば、その後YouTuberに転身。1月30日に公開された動画では、人気YouTuber・ヒカルとコラボし、約300万回再生と注目度は高かったのだが、早くも雲行きが怪しくなっている。

    宮迫動画の再生回数がまさかの…つまらなさに辛らつな声も?
    「2月17日に投稿した『【予想外】トイレットペーパーで服、作ったらおしゃれになる説』という動画の再生回数は翌日午後の時点で11万回止まり。体中に巻かれたトイレットペーパーに、スプレーで色を塗り、ドライヤーで乾かしていくというシュールな8分30秒の動画だったのですが、結局、トイレットペーパーはふやけて破れてしまい、宮迫の上半身があらわになった状態で終了。これには『つまんない……』『こういう企画ばかりなら登録外す』と辛らつな声がネット上で噴出しています」(前出の記者)

     早くも飽きられてきたYouTuber宮迫。醜態をさらし続けるより、さんまに泣きついたほうが芸能界復帰は早そうか。

    2020/02/20 10:00
    https://www.cyzo.com/2020/02/post_232041.html
    miyasako0130


    【【芸能】もう飽きられた!? 宮迫博之、YouTube「トイレットぺーパー動画」のトホホな再生回数】の続きを読む



    1 ひかり ★ :2020/02/19(水) 18:35:57 ID:a+qCIUG19.net

    雨上がり決死隊の宮迫博之さんが自身の父と楽しい時間を過ごしたことを明かした。

    ユーチューバーデビューが大きな話題となった宮迫さん。同時に開設したブログの中では日常の出来事についてもたびたびつづっている。

    宮迫さんは2020年2月18日にブログを更新し、

    「大阪から78歳のピスタチオがやってきたーー」
    「うそです。親父です」
    とボケつつ、と自身の父親と撮影したツーショット写真を披露。ふたりは立ち上がってマイクを握り、カラオケを楽しんでいるという風景が収められていたが、
    宮迫さんは父親の顔を覗き込んでいるようなショットとなっており、親子仲のよさも感じられる写真となっていた。

    宮迫さんは父親について、

    「久しぶりに親父と時間を過ごしました」
    「カラオケも行きました」
    と報告。自身に関するさまざまな騒動もあったが、ほっとした時間を過ごせたのか、

    「少し恥ずかしかったけど、なんかええ時間やったなー。。。」
    とつづっていた。

    この投稿に宮迫さんのブログには、

    「お父さんとカラオケでデュエットって楽しそうですね!」
    「親子でカラオケ仲良しで羨ましいです」
    という声が集まっていた。

    JCASTニュース

    https://www.j-cast.com/2020/02/19380024.html

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】宮迫博之、ブログに父登場 一緒にカラオケで「なんかええ時間やったなー」】の続きを読む

    このページのトップヘ