芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 研究



    (出典 fki.ismcdn.jp)



    1 1号 ★ :2020/02/17(月) 19:56:08.78

    A latest coronavirus research by medical scientists from Nanjing Medical University and Suzhou Hospital lead by Dr Jianqing Wang, Head of the Department of Urology, at Suzhou Hospital say that males affected by the SARS-Cov2 coronavirus which causes the Covid-19 disease will likely become infertile even if they recover from the infection.

    According to the new researched published in medrxiv, an open source online medical journal, the coronavirus typically atta*s the ACE2 (Angiotensin Converting Enzyme 2)) receptors in human tissues.
     
    The team of urology researchers  that comprised of Dr Jianqing Wang, Dr Caibin Fan, Dr Kai Li, Dr Yanhong Ding and Dr Wei Lu focused primarily on renal and testicular tissues as these were also ‘rich’  with ACE2 receptors especially the renal tubular cells, Leydig cells and cells in seminiferous ducts in the testis.

    The study results showed that the new coronavirus expressed potent pathogenicity to both renal and testicular tissues with resultant lesions.

    The damaged testicular tissues could lead to infertility in most of the male patients.
     
    The researchers  advised that during drug treatments with coronavirus infected patients, clinicians should pay careful attention to renal function evaluation as some of the antivirals which known to exhibit renal toxicity can aggravate the and virus damaged kidneys.
     
    The researchers also advised that all clinicians pay attention to the risk of testicular lesions in patients during hospitalization and later clinical follow-ups, especially the assessment and appropriate intervention in male patients' fertility.
     
    The research was based on the datasets of 146 male patients in three different settings.
     
    (略)
     
    However, the results on this research could have large implications and effect on the thousands of male patients infected with the coronavirus.

    Google翻訳
    南京医科大学と蘇州病院の泌尿器科長である王博士が率いる蘇州病院の医学者による最新のコロナウイルス研究によると、Covid-19疾患の原因となるSARS-Cov2コロナウイルスの影響を受けた男性は、感染から回復しても不妊。

    オープンソースのオンライン医学雑誌であるmedrxivで公開された新しい研究によると、「コロナウイルス」は通常、人間の組織のACE2(Angiotensin Converting Enzyme 2))受容体を攻撃します。

    Jianqing Wang博士、Caibin Fan博士、Kai Li博士、Yanhong Ding博士およびWei Luで構成される泌尿器科研究者チームは、主に腎および精巣組織に焦点を当てました。これらはACE2受容体、特に腎尿細管細胞にも富んでおり、ライディッヒ細胞および精巣の精細管内の細胞。

    研究結果は、新しい「コロナウイルス」が腎組織と精巣組織の両方に強力な病原性を発現し、病変が生じたことを示した。

    損傷した精巣組織は、ほとんどの男性患者に「不妊症」をもたらす可能性があります。

    研究者たちは、「コロナウイルス」に感染した患者の薬物治療中、腎毒性を示すことが知られている抗ウイルス薬の一部は腎臓およびウイルス損傷腎臓を悪化させる可能性があるため、腎機能評価に注意を払う必要があると助言しました。

    研究者はまた、すべての臨床医が入院中およびその後の臨床経過観察中の患者の精巣病変のリスク、特に男性患者の生殖能力の評価と適切な介入に注意を払うことを勧めた。

    この研究は、3つの異なる設定の146人の男性患者のデータセットに基づいていました。

    ただし、この「研究」の結果は、「コロナウイルスに感染した数千人の男性患者に大きな影響と影響を与える可能性があります。

    Source: Thailand Medical News  Feb 16, 2020 
    https://www.thailandmedical.news/news/breaking-news-latest-research-published-by-chinese-scientists-say-coronavirus-will-render-most-male-patients-infertile

    ★1 2020/02/17(月) 19:26:41.79
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581935201/


    【【悲報】新型コロナウイルス、男性が感染すると腎組織と精巣にダメージを与え、不妊症を引き起こす可能性がある】の続きを読む



    1 しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ :2020/01/01(水) 21:42:00.11

    <スタンフォード大学の研究チームがヒトの血漿タンパク質を分析したところ、老化は一定のペースで継続的に進行するのではないことがわかった ......>

    血中のタンパク質の測定によってヒトの健康状態を診断できることは広く知られているが、このほど、血中のタンパク質レベルによって、ヒトの年齢を精緻に予測できることがわかった。

    ■老化は一定のペースで継続的に進行するのではない

    米スタンフォード大学のトニー・ウィス=コレイ教授らの研究チームは、18歳から95歳までの4263名から得た血液サンプルを用いて2925の血漿タンパク質を分析し、2019年12月5日、その結果をまとめた研究論文を学術雑誌「ネイチャーメディシン」で発表した。

    この研究論文では、老化は一定のペースで継続的に進行するのではなく、34歳の青年期、60歳の壮年期、78歳の老年期という3つのポイントで急激に進むことも示されている。

    タンパク質は、身体を構成する細胞からの指示を実行する働きを担っている。それゆえ、タンパク質レベルの大幅な変化は、身体の変化を意味する。

    ■生理的老化は34歳、60歳、78歳で急激に起こる

    研究チームは、各被験者の2925の血漿タンパク質のレベルをそれぞれ測定し、そのうち1379のタンパク質レベルが被験者の年齢によって明らかに異なっていることを突き止めた。また、被験者の年齢は、これらのうち373のタンパク質によって、概ね3年程度の誤差で精緻に予測でき、9のタンパク質でも、ある程度の精度で予測が可能だという。

    加齢のみの要因で不可逆的に生じる生体の変化、すなわち「生理的老化」は、平均34歳、60歳、78歳の3つのポイントで急激に起こることも示されている。多くのタンパク質は、一定のペースで増減したり、生涯、同じレベルを維持するのではなく、一定期間、同じレベルを保ち、特定のポイントで、突然上下に変動しているのだ。

    年齢によってそのレベルが明らかに異なる1379のタンパク質のうち、895のタンパク質は、性別によっても特徴が認められた。男性と女性で老化プロセスが異なることを示す成果のひとつとしても注目されている。

    ■老化を遅らせる薬剤や治療法の開発などの応用が期待されている

    ウィス=コレイ教授は、2014年5月に「若齢マウスの血液は、老化に伴う認知機能などの低下を抑制する」との研究成果を発表し、老化によって血中で分子の変化が起こっていることを示したが、今回の研究成果は、抗老化医学をさらに前進させるものだ。

    臨床応用までにはさらに5年から10年を要するものの、血中のタンパク質を「老化バイオマーカー」として老化の急速な進行を特定したり、老化を遅らせる薬剤や治療法を開発したり、老化を加速させる薬剤の副作用を早期発見するなど、様々な分野での応用が期待されている。 
     
     
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/12/346078.php

    iStock-613129948-thumb-720xauto-179268


    【【医学】ヒトの老化は、・・歳、・・歳、・・歳で急激に進むことがわかった!その年齢とは・・・】の続きを読む



    1 靄々 ★ :2019/12/08(日) 13:42:18.57

    ヘディングの影響は…サッカー選手は認知症になりやすい?

    【役に立つオモシロ医学論文】

     ボクシングやアメリカンフットボールなど、頭部外傷のリスクが高いスポーツ選手では、数カ月から数年を経て脳の異常をきたすケースが知られています。世界的に人気の高いサッカーは安全性の高いスポーツという印象もありますが、選手の健康状態について、詳しい研究報告は限定的でした。そんな中、世界的にも有名な米国の医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に、元サッカー選手の健康状態について調査した研究論文が2019年11月7日付で掲載されました。

     この研究では英国(スコットランド)の元サッカー選手7676人と、年齢、性別、社会経済的状況が同等な一般人口2万3028人を18年にわたり追跡調査して、死亡リスクを比較検討しています。

     解析の結果、元サッカー選手は一般人口と比べて、心臓病による死亡リスクが20%、肺がんによる死亡リスクが47%、統計学的にも有意に低いという結果でした。他方でアルツハイマー型認知症による死亡は、元サッカー選手で約5倍、統計学的にも有意に高いことが示されました。

     また、元サッカー選手における認知症治療薬の処方状況について解析したところ、元フィールドプレーヤーよりも元ゴールキーパーで治療薬の処方が少ないという結果でした。

     心臓病や肺がんの死亡リスクが低いという結果は、元サッカー選手がもともと健康的であり、喫煙者も少ない集団だったからだと思われます。しかし、そのような健常集団でありながらも認知症による死亡リスクが高いという結果は競技中の慢性的な外傷が健康状態に影響を及ぼしている可能性を示唆します。とりわけフィールドプレーヤーはヘディングの影響も軽視できないかもしれません。

    (青島周一/勤務薬剤師/「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰)


    スコティッシュ・プレミアシップ、セルティック対マザーウェル戦(C)ロイター/Action Images

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00000020-nkgendai-hlth
    12/8(日) 9:26配信日刊ゲンダイDIGITAL


    【【医学】ヘディングの影響は…サッカー選手は○○症になりやすい?】の続きを読む



    1 しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ :2019/11/25(月) 13:28:52.42

     東芝は11月25日、血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発したと発表した。専用の小型検査装置を使うと、検査時間が2時間以内に収まり、即日検査も可能になるという。実用化に向け、2020年から実証試験を進める計画だ。

     研究チームは、がんを検出する手段として、血液中に約2500種類あるマイクロRNAに着目した。マイクロRNAは、体内の遺伝子やタンパク質を制御している物質。がんになると血液中に含まれるマイクロRNAの種類や量が変動することなどから、これを調べることで肺がんや乳がんなどの早期発見に役立つ可能性があると期待されている。

     今回の研究では、東京医科大学、国立がん研究センターが協力し、マイクロRNAに関する医学的知見を提供。東芝が開発したマイクロRNA検出技術と組み合わせ、13種類のがんの患者と健康な人を99%の精度で識別することに成功したという。

     検出できたがんの中には、初期段階のステージ0の検体も含まれていた。同社は「今回開発した技術を用いることで、高精度でのがんの早期発見が期待できる」としている。


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/25/news091.html


    【【医療】血液1滴から13種類のがんを検出 精度は99% 東芝が技術開発】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★ :2019/10/13(日) 08:33:33.87

    ◆ 「白頭山、1000年ぶり噴火の兆候…南北共同研究が必要」

    白頭山(ペクドゥサン)天池(チョンジ)で観測される火山噴火の兆候に対応した南北共同研究が必要だという主張が提起された。
    韓国地質資源研究院(地質資源研)は26日、白頭山火山研究南北交流活性化のための政・官・学カンファレンスを開き、白頭山がいつ、どれほどの規模で噴火するかについて予測結果を共有し、南北間研究活性化案について議論した。

    地質資源研によると、白頭山は地下に巨大なマグマをたまっている活火山。
    946年に天池では、いわゆるミレニアム大噴火が発生した。

    学界ではミレニアム大噴火を過去1万年の地球で最も大きな規模とみている。
    当時、韓国全体を1メートルの厚さで覆う莫大な量の噴出物があったというのが学界の説明だ。

    その後、1000年が過ぎて2000年代に入り、こうした火山噴火の動きが相次いで観測されている。
    その兆候として火山地震、ガス、地殻変形などがみられる。

    2002-2005年に天池付近では火山地震が3000回以上も発生し、天池近隣が膨らむ現象が発見された。
    こうした研究内容は4月の国会討論会で詳しく紹介された。

    5月には英国で開催された韓英リサーチカンファレンスにキム・ヒョク北朝鮮地震庁分科長が出席し、「白頭山の地下の敏感度が増加している」と述べた。
    この日のカンファレンスでもソン・ヨングァン慶尚大教授、ユン・ソンヒョ釜山大教授、イ・ヒョンウ・ソウル大教授イ・ヨンス浦項工大教授らが白頭山の火山噴火に関するこれまでの研究データを紹介した。

    地質資源研のチョン・ヒョンギ研究員らは「白頭山学術踏査のために南北が共同研究する必要がある」とし「さまざまな探査計測分析のために分野別の専門家が参加する雰囲気が形成されなければいけない」とも強調した。
    また、科学技術情報通信部、統一部、外交部の関係者が出席し、実務的な懸案について非公開討議を行った。

    沈載権(シム・ジェグォン)共に民主党議員と共にカンファレンスを主催した同党の李相ミン(イ・サンミン)議員は「白頭山火山災害に対する科学的な接近の必要性を広く知らせ、人道主義的な対応策を用意しなければいけない」とし「南と北の科学技術協力研究の速やかな推進のために国会と政府レベルで支援案を積極的に考えていく」と述べた。


    (出典 s.japanese.joins.com)

    https://s.japanese.joins.com/jarticle/254924


    【【研究】朝鮮半島の白頭山、1000年ぶりに噴火の兆候】の続きを読む

    このページのトップヘ