芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    芸能ニュースまとめサイトです。芸能ニュースを毎日更新しております。

    カテゴリ: ギャンブル


    パチンコ店「二度と来るか!」とドル箱を投げた客…その後に驚きの行動を!? 


    NO.10031590 2021/12/02 18:12
    パチンコ店「二度と来るか!」とドル箱を投げた客…その後に驚きの行動を!?
    パチンコ店「二度と来るか!」とドル箱を投げた客…その後に驚きの行動を!?
    パチンコ店においてトラブルは付きもの。お客さんの中には何かトラブルや不満があった際に、ハッキリとモノをいってくる人もいれば、そうでない人もいる。

    訳の分からない理不尽なクレームでもない限り、そういった客のありがたい言葉に耳を傾け何かしら改善するというのはよくあることだと思う。中にはそういった部分を改善することにより、客との信頼関係が強固になるケースもあるだろう。

    しかし、気を付けるべきは「そういった言葉」を投げかけてくれない客の場合ではないだろうか。

    こういった客は不満をいうでもなく、いつの間にか来店頻度が減る傾向。しまいには、全く寄り付かなくなることもあるだけに要注意だ。こうして気づかないうちに、自店の客だった人はどんどん他店に流れていくことが多い(悲しいが経験談)。

    しかし、過去に私が従事していたあるホールでは特殊な立地条件もあってか「選択肢がココしかない」という客も結構いたのだ。

    すぐ近くにゴミ収集場があり収集車搬入の度に収集場に戻る管理人や、予約の時間にだけ店に帰る接骨師。雑貨店を営んでいるが客はほとんどおらず、ホールにいる時間の方が長いオーナーなど。このオーナーに至っては、一体どうやって生活しているのか不思議でならなかった。

    資産家なのだろうか。そうであれば客のいない雑貨屋など廃業してしまえば良いと思ったものだが、人には人の事情があるのだろう。本当にパチンコ店という場所には、色んな人が集まる場所だなと思ったものだが…。

    中でも印象深い人物がいた。これまたほとんど仕事のなかったであろう畳屋のご主人が..
    【日時】2021年11月29日 11:30
    【ソース】パチマックス!
    【関連掲示板】

    【【パチンコ店】「二度と来るか!」とドル箱を投げた客…その後に驚きの行動を!?】の続きを読む


    パチンコ新台「14万」報告も浮上の『牙狼』で「高級車」が買える!?「爆発的人気」で「価格高騰」止まらず


    NO.9639822 2021/07/06 14:32
    パチンコ新台「14万」報告も浮上の『牙狼』で「高級車」が買える!?「爆発的人気」で「価格高騰」止まらず
    パチンコ新台「14万」報告も浮上の『牙狼』で「高級車」が買える!?「爆発的人気」で「価格高騰」止まらず
    満を持して登場したサンセイR&Dの新台『P牙狼 月虹ノ旅人』。現在ホールで空き台を見つけることが困難なほど、大きな反響が寄せられている。

    本機は言わずと知れた「牙狼シリーズ」の最新作。パチンコ史に伝説を残した初代『CR牙狼』を彷彿とさせる高いポテンシャルを有したマシンだ。

    今回の魔戒CHANCEは81%継続で、初代よりも速くV入賞が可能。そのスピードはなんと「時速4万5千発」とも言われており、閉店1時間前に当たっても4万発クラスの出玉に期待できると話題だ。

    ホールでは猛威を振るっているようで、「一撃12万発」クラスの出玉報告だけではなく、終日「14万5千発」のデータも確認。「現行最強機」の名を欲しいままにしている印象だ。

    未曾有の人気となっている本機だが、大量導入したホールは“幸運”であったといえる。それは「稼働貢献」という角度だけでなく、「資産」という観点でも同様だ。

    7月5日現在、遊技機の相場サイト「中古機相場.com」では『P牙狼月虹ノ旅人』の中古価格が「260万円オーバー」となっている。

    もちろんこの価格は断トツのトップ。2位はニューギンの『Pベルセルク無双』約81万円で、3位は西陣の『P春一番 恋絵巻 ZE』50万円と続いている。

    中古価格の相場は人気に左右される要素が大きい。どれほどホールに需要があるかを示すバロメーターとも言えるわけだが、1台「260万円」でも買いたいホールが存在するということだ。

    しかし、価格が高騰し過ぎているため葛藤が芽生えているホール責任者も存在する模様。「現段階で数台下取りを行った方が利益になるのではないか」という考えだ。

    確かに「260万..
    【日時】2021年07月06日 13:30
    【ソース】パチマックス!

    【【遊戯】パチンコ新台「14万」報告も浮上の『牙狼』で「高級車」が買える!?「爆発的人気」で「価格高騰」止まらず】の続きを読む


    乃木坂46がパチスロ機とタイアップ……「清純派」だけで売ることはもう難しくなった?


    NO.9389225 2021/04/11 10:11
    乃木坂46がパチスロ機とタイアップ……「清純派」だけで売ることはもう難しくなった?
    乃木坂46がパチスロ機とタイアップ……「清純派」だけで売ることはもう難しくなった?の画像1
    『ぱちスロ 沖ハナ-30』

     パチンコ機・パチスロ機メーカーの京楽産業.(以下、京楽)は4月7日、乃木坂46とコラボした新パチスロ機『ぱちスロ 沖ハナ-30』を発表した。4月中旬より一部店舗でテスト導入されるという。

     乃木坂46にとっては初めてのパチスロ機とのタイアップ。筐体のパネルにメンバーの写真がデザインされるほか、『裸足でsummer』、『ダンケシェーン』という楽曲も収録される。パチンコ業界に詳しいジャーナリストはこう話す。

    「公式ライバルであるAKB48グループは運営にも京楽が食い込んでいたということもあり、がっつりパチンコに登場していましたが、乃木坂46についてはなかなか実現しなかった。乃木坂は清純派アイドルとして売っているので、ギャンブルのダーティーなイメージは避けたかったのでしょう。にもかかわらず、今回パチスロ機とタイアップすることとなったのは、乃木坂もいよいよ清純派だけでは売っていけなくなったということなのでしょうか」

     新型コロナウイルスの感染拡大によって、握手会が開催できなくなったことで、女性アイドル業界は大きな打撃を受けている。

    「乃木坂46は特に握手会に対する依存度が高かった。しかも、大規模コンサートも開催しにくい状況が続き、売り上げを確保するのも大変になっている。そういった状況もあり、パチスロのような汚れ仕事もこなさなくてはならなくなってきているのかもしれません」(アイドル雑誌ライター)

     一方で、パチスロ業界もまた冬の時代になっている。

    「昨年の緊急事態宣言発出時には、パチンコ店が大バッシングを受け、ユーザー数も激減しています。さらに、出玉性能の規制もあり“パチスロ離れ”が加速している。人気機種も全然なくて、パチスロ業界は本当に厳しい状況なんですよ。そんななかで、人気タレントとのタイアップに頼りたくなるのは当然のことで、これまで温存していた乃木坂46をここで投入するというのは自然な流れとも言えるでしょう」(前出ジャーナリスト)

     コロナ禍で窮地に追いやられる京楽と乃木坂46が、現状を打開するべく協力した結果がこの『ぱちスロ 沖ハナ-30』といえるのだ。ただ、今回のパチスロタイアップによって“乃木坂が落ち目”というイメージがより強固になってきたのも事実。ここからまた人気を回復するのはさらに難しくなってきたとも言えそうだ。


    【日時】2021年04月11日 07:00
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【【芸能】乃木坂46がパチスロ機とタイアップ……「清純派」だけで売ることはもう難しくなった?】の続きを読む


    パチンコがやめられない20代男性「借金を重ね、競艇にも5年で300万円使ってしまった」


    NO.9247103 2021/02/11 13:30
    パチンコがやめられない20代男性「借金を重ね、競艇にも5年で300万円使ってしまった」
    パチンコがやめられない20代男性「借金を重ね、競艇にも5年で300万円使ってしまった」
    世間には「パチンコがやめられない」と悩むどころか、すでに生活の一部となってしまっている人も少なくない。60代女性(フリーランス/年収300万円)はパチンコ歴40年。キャリコネニュースに、

    「今は1パチか2パチのみ。1日に最高でも1万円くらいしか使わないが、いつも後悔の念で、負けるとストレスがたまる」

    という声を寄せている。20代男性(パート・アルバイト/年収100万円未満)は、まさに今が苦悩の時だ。「パチンコで借金を積み重ね、一時はギャンブル依存の自助施設に通っていた」と明かす。

    ■「回復施設に入っても、ギャンブルはやめられなかった」
    「お金が入ると『今度こそはギャンブルをしない。うまく使っていこう』と思っても、結局は使ってしまう」と切り出す男性。それはパチンコやスロットにとどまらず、競艇にも及び「投じた額は5年間で300万円以上」と書いている。

    「いつも給料日前になると金欠状態になり、苦しい生活を強いられていた。でも給料が入ると、そのストレスを晴らしたいがために、またギャンブルをしてしまう。ギャンブル依存症の人たちが集まる、回復施設にも入った。しかし入寮中も退寮してからも、やっぱりギャンブルはやめられなかった」

    男性は現在「こうは書いているものの、本当にやめる気がないのでは」と自問自答を繰り返す日々だ。それと同時進行で、親にお金を立て替えてもらったり、消費者金融で借りたりした“過去の清算”とも向き合わざるを得ない状況にあるという。



    【日時】2021年02月11日
    【ソース】キャリコネ


    【【ギャンブル】パチンコがやめられない20代男性「借金を重ね、競艇にも5年で300万円使ってしまった」】の続きを読む



    1 猪木いっぱい ★ :2019/11/27(水) 22:41:34.66

    グローバルアミューズメントは11月26日、都内品川区のスタンダード会議室で「時流預言セミナー2020」を開いた。

     第1部では㈱風土の小山政彦代表取締役会長が「2020年時流予測と対策」と題し、来年の世界情勢や国内の政治、経済の動向を予測。パ*業界については「かつて30兆円だった市場規模が18兆円、今後は12兆円にまで落ちると予想されるなか、2021年か2022年には地域3番店以下の多くが潰れるだろう。

    また2028年には大阪でカジノが始まる。一番怖いのがパ*の賞品交換が禁止されたときで、マーケットは1/10となる。そうなる可能性もあることを皆さんも考えて欲しい。
    今後の10年、余裕のある内に次の事業をどうするかしっかり取り組んで欲しい」と述べた。

     第2部ではグローバルアミューズメントの青山真将樹代表取締役が2020年のホール営業の予測と、それに基づくアドバイスを行った。

     同氏の分析によると2019年の新台の販売台数(予測含む)はパ*が117.4万台、パチスロは59.4万台。

    去年に比べ、多くのホールがパチスロの撤去対応を優先したため、特にパ*の新台販売が停滞する結果(前年比86%)になったという。

     今後の遊技機の撤去対応について同氏は「特に低玉部門での新規則機化が遅れている。このままのペースだと、2021年1月末時点でも3割は旧規則機を残したままとなる。

    最寄り客を獲得する上で、自店において撤去対応を乗り切ることが中長期的にみて正解ではないだろうか」と話した。

    解説:現時点で景品交換所の景品買いは古物営業法違反との指摘もある。

    忖度しない正義のエンタメ業界メディア、グリーンベルト
    https://web-greenbelt.jp/news/detail.php?n=00011660

    (出典 web-greenbelt.jp)


    【【風俗4号営業】ぱちんこ業界:2028年、特殊景品廃止で市場は1/10になると予言。もはや泥舟状態】の続きを読む

    このページのトップヘ