芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: スポーツ関連ニュース



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/23(木) 17:42:37.56 ID:CAP_USER9.net BE:228221848-2BP(0)


    7/23(木) 9:29
    デイリースポーツ

    ダルビッシュ「水ダウ」に速攻反応 知名度調査「西郷隆盛さんといい勝負とか号泣」
    ダルビッシュ有投手
     米大リーグ・カ*のダルビッシュ有投手が23日、ツイッターに新規投稿。日本で22日放送のTBS「水曜日のダウンタウン」で発表された、「日本の有名人知名度ランキング」の結果に反応した。

     番組では10代から70代を対象に、よしもと住みます芸人の街頭調査とリサーチ会社で計2000人をアンケート。

     発表された「日本の有名人知名度ランキング」では13位・イチロー、14位・聖徳太子、15位・松本人志、16位・西郷隆盛に次いで、ダルビッシュは17位だった。

     この結果がユーザーから伝えられると、ダルビッシュが鋭く反応し「これ凄すぎる気がする笑 西郷隆盛さんといい勝負するとか号泣」と喜んだ。

     「てか西郷隆盛さんもですが、武田鉄也さんや小池百合子さんに勝つとか絶対ありえないと思うんですけど笑」と、18位・武田鉄矢、19位・小池百合子を上回ったことを驚いた。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200723-00000038-dal-spo
    8MEUMG03

    ★1が立った時間 2020/07/23(木) 09:35:48.45
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595464548/


    【【芸能】ダルビッシュ「水ダウ」に速攻反応 知名度調査「西郷隆盛さんといい勝負とか号泣」】の続きを読む



    1 Egg ★ :2020/07/11(土) 10:31:40.56

    ・「クボが素晴らしい個人技を披露」今季4点目の久保建英をスペイン全国紙が絶賛!「偉大な若き日本人」

    待望の今シーズン4点目を決めた久保建英を、スペインのメディアも絶賛している。

     現地時間7月9日に開催されたラ・リーガ第35節で、18位のマジョルカは、12位のレバンテとホームで対戦し、2-0と2試合ぶりの白星を挙げた。

     4-4-1-1の右サイドハーフで11試合連続の先発出場を飾った久保は、30分に際どいシュートを放つなど、随所に存在感を放つ。

     そして、40分にクチョ・エルナンデスのゴールで1点をリードして迎えた84分だった。自らドリブルで持ち込んだ久保が右足のシュート。これは敵GKに防がれるも、その流れからMFサルバ・セビージャが右足で狙う。再びGKが弾いたこぼれ球を、日本代表MFが左足で詰めて、貴重な追加点を奪った。

     後半はレバンテのペースだっただけに、勝負を決めるこの1点は非常に大きかった。
     
     スペイン全国紙『MARCA』は、このゴールを「クボがドリブルを加速させ、いくつかのリバウンドの後、最終的にネットを揺らした。この偉大な若き日本人の素晴らしい個人技で、この島は息を吹き返した。ゲームは終わり、マジョルカは生き残った」と絶賛。採点では、守備で奮闘したマルティン・ヴァリエントの最高点(3点)には及ばなかったものの、クチョとともに「2点」の評価を受けている。

     8試合ぶりのゴールで降格目前のチームを救った久保。まだ崖っぷちの状態は続くが、現地12日に行なわれる次節のセビージャ戦でも、目に見える結果を残せるか。

    7/10(金) 6:01 サッカーダイジェスト
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0493fd07d9aec3a4a79e86bf0982c37453073e2d

    レバンテ戦勝利に貢献

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    今季4ゴール目を奪った、マジョルカの日本代表MF久保建英が現地メディアで高評価を獲得している。

    【動画】久保建英が今季4ゴール目!
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200710-00010005-goal-socc.view-000

    マジョルカは9日、ラ・リーガ第35節でレバンテと対戦。マジョルカは前半に先制点を奪うと、終盤の84分には久保がドリブルから仕掛け、最後は自ら左足で押し込み、2-0に。試合はそのまま終了し、マジョルカが3ポイントを獲得している。

    スペイン紙『アス』では久保に3点満点の評価を与え、「タケ・クボが決着をつけた」と記してこのように続けている。

    「誰もフィニッシュまで持ち込みたくないような状況で、日本人はエリア内でボールを拾って黄金の勝利を決定づけた。残り3節で降格圏から脱出する自信を与えている」

    また、ゴールシーンに関しても「久保の完璧さを表すゴール」と題し、「彼がプレーをスタートさせ、エリア内におけるGKのセーブからの混乱の中で集中を切らさなかった。マジョルカの希望はまだ生きている」と称賛した。

    7/10(金) 7:03 GOAL
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e0bb947d2bc5018a943d2aa764f579899ab102f

    1 Egg ★ 2020/07/10(金) 20:39:07.02
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594381147/


    【【サッカー】<久保建英>称賛止まらず!スペイン全国紙が絶賛!「トップレベルでエリートの仲間入りは間違いない」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 王子 ★ :2020/07/08(水) 14:40:05.71

     現役時代にアーセナルなどで活躍した元イングランド代表FWのイアン・ライト氏は、リバプールのベルギー代表FWディヴォック・オリジと日本代表MF南野拓実の2人がチームに十分な貢献をすることができていないとして批判している。英紙『メトロ』が7日付で同氏のコメントを伝えた。

     すでに今季のプレミアリーグ優勝を決めたリバプールは、5日に行われた第33節の試合でアストン・ヴィラと対戦。レギュラーのFWロベルト・フィルミーノに代えてオリジが先発に起用されたが結果は残せず、60分にフィルミーノと交代した。チームはその交代後に2点を奪って2-0の勝利を収める結果となった。

     一方の南野は、この試合での先発起用を予想する英メディアもあったが、ベンチからのスタート。リーグ戦再開後では初めての出場なしに終わった。

     フィルミーノとモハメド・サラー、サディオ・マネの不動の3トップはチームを優勝に導く働きを見せたが、リバプール攻撃陣のバックアップは不十分だとライト氏は主張。「今日のオリジやこれまでの南野を見る限りでは、彼らのことを少し心配すべきだ」と来季以降への見通しを述べている。

     オリジはすでにリバプールで4シーズンを過ごし、昨季のチャンピオンズリーグ準決勝や決勝でのゴールなどの活躍もあったが、「ベンチスタートに満足しているようだ」「リバプールファンの心を掴んではいるが、実際にはチームを助けてはいない」とライト氏。同時に南野についても「今まで見てきた限りではチームを助けていない」と評した。

    7/7(火) 19:27配信
    フットボールチャンネル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a3d1c7472a32dc909919ab1dcfe9e8ae583fadb5


    【【サッカー】アーセナルのレジェンドFWが南野拓実を批判。「リバプールの助けになっていない」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/21(日) 18:17:06 ID:xO2eesNm9.net

    元WBA世界ライトフライ級王者の・具志堅用高(64)が会長を務める白井・具志堅スポーツジム(東京都杉並区)が、7月末をもって閉鎖すると発表された。日本人初の世界王者・白井義男と共に1995年に開設された名門ジムに、一体、何が起きたのか。

     ***

    「週刊新潮」では5月13日発売号で、具志堅ジムをめぐる“異変”について報じていた。元WBCフライ級王者・比嘉大吾をはじめとした所属選手たちが次々とジムを去り、さらには野木丈司トレーナー、そして元WBC王者でジム設立当初からいる友利正チーフトレーナーといった面々も、具志堅会長と袂を分かったという内容だった。

     友利氏は、具志堅会長の妻と女性マネージャーの“現場介入”が、問題の背景にあると証言する。

    「あの2人と折り合いが良い人は、ジムには誰もいませんね。選手たちに対して『あれやっちゃだめ、これやっちゃだめ』と言ってくるんだ。さすがに練習内容には口を出さないけれど、減量中にお菓子を食べちゃだめとか、選手が自分のスポンサーを連れて来ると、ジムを通じて話せとか。間違ったことを言っているわけじゃないんだけど、とにかく頭ごなしに文句ばかり言うんです」

     具志堅夫人は10年ほど前から、女性マネは5年前から、それぞれこうした振る舞いをするようになったという。ジムを去った比嘉、野木氏とも、2人と関係は良くなかったと振り返る。

    「彼女たちはボクシングに精通しているわけではないので、細かいことを選手に言ってはいけないんです。(比嘉)大吾も減量中、つまみ食いをしてガミガミ言われたと聞いています。本人だって食べちゃだめと分かっていて、カッカと気が立っている。苦しいのを分かっているトレーナーは、咎めたりせず、ちょっとだけポカリスエットを飲ませたりして、やる気を出させるわけです。そういうことがあの2人には分からないんですよね」

     こうした現場介入の一方、2人は事務所にお菓子を置き、選手の目を気にせず食べていたこともあった。見かねた友利氏が「試合前に事務所でお菓子は食べないでくれ」と注意したという。

    突然「友利、辞めてくれないか」
     こうした些細なことの積み重ねが、選手やトレーナーたちの不信感を募らせていったという。「どうすれば選手たちの気持ちが掴めるか、もっと考えてほしかった」と友利氏は言う。彼女たちはもともとマスコミ対応やチケット関連、ファイトマネーの配分といった事務方を担当していた。なぜ現場介入するようになったのか。具志堅会長の“監督不行き届き”のせいもあったようだ。

    「最終的には、あの2人に好きにやらせていた会長が悪いということになるよね。責任者なんだから。ただ、会長は外で仕事をしているから、なかなかジムを見られない事情はあった。ジムが上手くいっていた頃は、むしろ『選手は俺たちトレーナーに任せて、会長は外で稼いできてください』なんて思っていた。でも今となってはもう少し選手を見てくれていたら、とは思う。選手は会長がジムにいるだけで元気が出るものなんですよ。なんせ、世界チャンピオンなんですから」

     友利氏は4月下旬、突然、退職勧告され、ジムを辞めた。

    「練習中にいきなり、ジムの隣のファミレスに会長と奥さんに呼ばれてね。『友利、悪いけど資金繰りが厳しくて、辞めてくれないか』って言われた。理由を聞いても何も言わない。たぶん、コロナの影響でジムの運営が苦しくなり、会長の仕事もキャンセルになったから、金がないんだと思う。ジムの運営は会長のタレント収入頼りの部分もあったからね。会長はまともに俺の顔を見られませんでしたよ。ジムができた当初から一緒にやってるし、同じ沖縄出身のチャンピオンだし、完全に友達でしたから……」

    6/21(日) 17:00 Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200621-00637353-shincho-fight
    b6d11_1523_e8df2dfd_dc97a2f0


    【【ボクシング】具志堅用高氏がボクシングジムを閉鎖へ 元側近が語る「会長の芸能活動」と「妻の介入」】の続きを読む



    1 臼羅昆布 ★ :2020/04/02(Thu) 16:18:58 ID:13mV5kXl9.net

    2020年4月2日 15時31分
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0402/nsp_200402_3706385614.html
    f-et-tp0-200402-202004020000276_thum800

    NHK前田晃伸会長(75)の定例会見が2日、東京・渋谷の同局で行われ、延期が決まった東京オリンピック(五輪)のスペシャルナビゲーターを務める嵐について言及した。
    同局幹部は「先月の放送総局長の会見の時と状況はかわっていません。嵐がスペシャルサポーターであることにも変更はありません」などと語った。
    嵐は昨年5月、今年に予定されていた東京五輪・パラリンピックの魅力や感動などを伝える「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任。
    年末で活動休止に入る前の大役になるはずだった。
    5人は昨年の大みそかの紅白歌合戦に出場。
    シンガー・ソングライター米津玄師(29)が作詞作曲したNHK2020ソング「カイト」を企画コーナーで、新国立競技場から初披露していた。


    【【芸能】NHK東京五輪サポーター「嵐で変更はありません」】の続きを読む

    このページのトップヘ