芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの今話題の女優さん俳優さん、アイドルグループ、芸人さんなど多数芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: その他芸能関連ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 冬月記者 ★ :2024/04/07(日) 18:21:01.94 ID:SQoMtr4f9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/821b3c6bcb38329a1d1198d77f7a70b064a0c08b
    20240405-00000096-dal-000-12-view

    鈴木おさむ氏 超怖かった「いいとも」出演者を実名告白「集団で訴えた方がいいと思った」リハは背中向けて完全無視


     放送作家を引退した鈴木おさむ氏が、タレント・勝俣州和のYouTube「勝俣かっちゃんねる」に出演。 

     フジテレビ「笑っていいとも」の作家を担当していたときに、「訴えた方がいいんじゃないかっていうくらい」怖かったお笑いタレントの名前を実名告白した。

     鈴木氏は「いいとも」の放送作家、勝俣はレギュラー出演タレントとして、親交が始まった。番組の思い出話に花を咲かせた。

     新宿のスタジオアルタでの生放送を振り返った2人。 

     鈴木氏は、「スタジオにステージがあって、演者の人は入ってきたら、客席に来るじゃないですか。そこでADさんがその日のコーナーを全部演じるんですよね。(演者は)それを見るだけなんです。タモリさんはずっと岸田健作からマッサージをしてもらったりとか」と、お昼休みの生放送前に行われたリハーサル風景を語った。

     「勝俣さんとかはいいんですよ。ちゃんとリハーサル見るから。僕、もう、ヒロミさんの担当になった日があったんですよ、水曜日。当時、めちゃくちゃ尖がってて。あのころ本当に僕、集団でみんなヒロミさん訴えた方がいいんじゃないかと思っていた、あのころ」と真顔で話した。

     そこから話は具体的に。「ヒロミさんっていま、本当にいい人じゃないですか。あのころたぶん、自分でもカッカしてたと思う。水曜日にヒロミさんが来るでしょ。タモリさんがいるじゃないですか。ステージにADがいるんですけど、ヒロミさんは反対を向いて、スポーツ新聞を見るんですよ。リハなんか見ないんです」

     スタッフの1人として、出演タレントがリハーサルを完全無視を決め込む姿に恐れおののいた鈴木氏。「こ、わ、かった~」と実感を込めた。

     それでも、「ヒロミさんが怖くしてるのにも理由があって。タレントとしてのいかたっていうのが、面白かったです」と売れっ子が総集結して、月~金の生放送に挑んでいたいた当時の「いいとも」の痺れる現場を思い返していた。

    【【芸能】鈴木おさむ氏 超怖かった『いいとも』出演者を実名告白 「集団で訴えた方がいいと思った」リハは背中向けて完全無視】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 冬月記者 ★ :2024/04/03(水) 08:38:31.37 ID:NJpkm8a19
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aeac735b70241130691c623b8aebfa2b35ff7161
    20240330-00000007-friday-000-2-view

    「許せない」の声も…ミンティア新CMに「池田エライザ」起用で「Snow Man」ファンが不買運動


     Snow Manのメンバーたちはファンの暴走をどう思っているのだろうか

     アサヒグループ食品の清涼菓子「ミンティア」の新イメージキャラクターに、モデルで女優の池田エライザが就任。3月上旬から新たなCMが放送開始となったが、これに対して前任であるSnow Manのファンが不快感をあらわにしているという。

     池田を起用した新TVCM「なりたい気持ち、自由自在。空」「なりたい気持ち、自由自在。光」篇は、3月7日より放映がスタート。

     同11日、ミンティアの公式X(旧ツイッター)アカウントは「ミンティア&ミンティアブリーズが抽選で総計1,000名様に当たる」というキャンペーンの実施を発表した上で、「さらに下のボタンからCMの感想をポストすると応募口数2倍!」と告知した。

     これは「#ミンティア新CM見たよ」のハッシュタグとともに新CMを見た感想をポストすれば、キャンペーンに応募できるシステムになっている。


     すると、この「#ミンティア新CM見たよ」のタグを目にしたSnow Manファンや旧ジャニーズ事務所(現『SMILE-UP.』)のファンが激怒。かつて、Snow ManがミンティアのCMに出演していたからだ。

    「Snow Manは’22年3月にミンティアの新イメージキャラクターに就任。CM内で、Snow Manは新曲『REFRESH』に合わせてダンス。その“瞬感ミント打法ダンス”の振り付けはメンバーの岩本照が担当していたんです。彼らは’23年も新CM楽曲『POWEEEEER』を引っさげ、ミンティアのCMに登場していました。

    ただ、昨年のジャニーズ事務所の騒動で、Snow ManとのCM契約が終了。その後、池田エライザを採用したのですが、その新CMのPRタグが、一部のファンに『Snow Manへの当てつけだ』という見方をされて炎上しているんです」(芸能ライター)

     昨年、大騒動に発展した故ジャニー喜多川氏の性加害問題を受け、Snow Manとアサヒサイドの契約は終了。9月7日の記者会見で事務所側がジャニー氏の性加害を事実と認めた後、アサヒグループホールディングスはニュースサイト「スポニチアネックス」の取材に対して、「今後、ジャニーズを起用した広告や新たな販促は展開しない」(原文ママ、以下同)と回答していた。


     そんな中、このほど池田を迎えた新CMが公開されるも、

    〈このファンを煽るようなクソタグは何?〉

    〈アサヒの広報の人は、このタグが炎上するかもって予測できなかったの?〉

    〈新CMを見た感想は、正直に言うとSnow Manが可哀想。ファンもたくさん貢献したのに、何も悪くない彼らと契約を切ったことが許せない〉

    〈今まではCMに出てる推しのためにミンティアを買っていたけど、ミンティアからフリスク(オランダのペルフェティ・ファン・メレ社の商品)に戻すだけ〉

    と、反発の声が上がってしまった。

    「対して、冷静なファンたちは『ミンティアのCMが変わって残念な気持ちはわかるけど、新CMのタグをつけて不満をつぶやくのは、新イメージキャラクターの人に失礼すぎる』『ミンティアの新CMタグに文句とかネガティブなコメントをつけるのはよくない』と、指摘していました」(前出・芸能ライター)


     一方、アサヒ関連では「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」(アサヒビール)のTVCMに、俳優・岡田准一と生田斗真が“復活”。昨年3月放映開始の同商品のCMにも出演しており、2人にとっては初めてCMで共演した記念すべき作品となっていた。

     今年3月11日、「アサヒビール ASAHIBEER」のXアカウントは「お待たせしました!」と歓迎しながら、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶 びっくりするほど生!」篇のCM映像を投稿した。

    「岡田と生田は、それぞれ昨年11月末までに旧ジャニーズから独立しました。今回の生ジョッキ缶のCMをめぐって、事務所を全力で応援しているファンらはSNS上で『#さよならアサヒ』のタグをつけ、『二度と買わない』などと宣言。『アサヒは岡田くんと斗真が事務所を辞めたから使い始めたんだ。理解できないし、気色悪い』『岡田くんも斗真くんも好きだけど、アサヒのCMを見るたびにモヤモヤする』と、愚痴をこぼしています」(同)

     こうしたファンの“お気持ち表明”は、果たしてタレントのためになっているのだろうか?


    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1711979812/

    【【芸能】「許せない」の声も…ミンティア新CMに「池田エライザ」起用で「Snow Man」ファンが不買運動】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 名無し48さん (初段) :2024/04/01(月) 19:04:03.90
    !extend:none:none:1000:512
    !extend:none:none:1000:512
    芸能事務所「A-Team」休業を発表 吉岡里帆ら所属タレントは「それぞれの道で活動を続けてまいります」

     芸能事務所の「A-Team(エー・チーム)」が4月1日、公式サイトで「諸般の事情によりこの春から新規の芸能関
    係業務を休業することと致しました」と休業を発表した。

     所属俳優やタレントについては「それぞれの道で活動を続けてまいりますので、今後とも応援して頂けますと幸
    いです」とし、「皆様の長年にわたるご厚情に心から感謝申し上げます」と伝えた。なお、会社としては存続する。

     同社には俳優の吉岡里帆や臼田あさ美、酒井若菜などが所属していた。また、グループ会社の「A-Plus(エー・
    プラス)」には、歌手のDAIGOをはじめ俳優の高橋文哉や松井玲奈などが所属しているが、こちらは業務を継続し
    ている。


     A-Teamは1996年に小笠原明男さん(2018年5月に大腸がんで逝去)が設立し、俳優・伊藤英明を育てた。22年3月
    に伊藤は同社から「グランパパプロダクション」に移籍すると、23年末には松本まりかと神尾楓珠が退社した。
     https://news.yahoo.co.jp/articles/464eea6228340ca426272bb4fc7f89898283d3fa
    31UG6xUzkFL._SL500_
     
    男性タレント
    青木健
    浅香航大
    城戸裕次
    高橋文哉
    滝田洋二郎

    女性タレント
    臼田あさ美
    内田亜希子
    紺谷みえこ
    酒井若菜
    田中真琴
    土路生優里(元STU48)
    初音映莉子
    藤井武美
    広澤草
    牧野莉佳
    宮本真希
    MINJI
    山崎直子
    吉岡里帆

    過去
    綾那
    神尾楓珠
    松本まりか
    秋山菜津子
    伊藤英明
    岩城滉一
    白井晃
    秋山成勲
    高岡早紀(業務提携)
    結城アンナ
    熊野直哉
    蕨野友也 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

    【【闇深】芸能事務所「A-Team」が解散! 元STU48土路生優里、吉岡里帆らが所属】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 フォーエバー ★ :2024/03/31(日) 07:09:26.40 ID:p/Hvh9zG9
    3/31(日) 6:03配信

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l
    女性自身
    矢沢永吉ファンであっただが、ドラマの中では敵役を演じた湯江タケユキ

    「矢沢永吉さんのファンで、中学生くらいからずっとキャロルを聴いて育ちました。だから、矢沢さんが撮影終了後の打ち上げで歌ったり、武道館のコンサートに招待してくださったりしたのは、心に残る思い出です」

    【写真あり】1994年に放送された『アリよさらば』で、矢沢永吉は教師役に

    と、『アリよさらば』で矢沢と共演した湯江タケユキさん(56)が語る。矢沢がドラマ出演することは、当時大きな話題になった。出演を渋る矢沢に、ドラマ制作サイドが「怖いんですか」とあおり、矢沢が「じゃあ、やってやるよ!」と応じたといわれている。

    「そういう状況があったということは、スタッフから聞いていました。出演の経緯をボクに伝えるということは“そこまでして矢沢さんに出演をしてもらったのだから、心してかかるように”というメッセージだったのでしょうね」

    そんな矢沢は、初顔合わせのときから個性的だったという。

    「主演の方にこんなに待たされたことはなかったくらい、待ちました(笑)。でも、コンサートの始まりを待つときの高揚感みたいなものがあって、矢沢さんが姿を現したときは、心の中で“おーっ”と盛り上がったんです。でも、ふだんの撮影現場では、恐れ多くて簡単に声をかけられず、離れたところで様子を見ているだけ。でも、コーヒーを飲んだり、座ったりするだけでかっこいい」

    撮影中、OKが出ているのに「矢沢、もう1回」「これは矢沢じゃない」と撮り直すこともあった。そんな矢沢が気持ちよく撮影に臨めるよう、スタッフも気を使っていたという。

    「楽屋には矢沢さんのお好きなものを用意していたそうです。ケータリングのカレーが用意されたとき、『矢沢、これ食べると3回連続でカレーになっちゃう』と言っていたので、よほどお好きなんだと」

    矢沢ファンであった湯江さんだが、ドラマの中では敵役。

    「若かったので、どれほど演じられたのかわかりませんが。当時は27歳、青春ドラマの若者役から大人の役に切り替わっていった時期でした。演技にも、いろいろ迷いがあったんです」

    そんな状況を察したのか、あるとき共演者の長塚京三が空き時間にお茶に誘ってきたという。

    「長塚さんから『あれだけのスターがいても、ボクらは“職業俳優”としてしっかり現場に向き合わなければね』とアドバイスをいただき、地に足がついた演技ができるようになりました。憧れの矢沢さんとの共演、そして長塚さんの“職業俳優”という言葉は、今でも宝ものです」

    『アリよさらば』(TBS系・1994年)
    アリの研究をしていた安部良太(矢沢永吉)は、恩師(松村達雄)の頼みで高校3年生の臨時担任に。ベテラン教師と衝突しながらも教師という仕事にめり込んでいく。生徒役として井ノ原快彦、長瀬智也、松岡昌宏が出演していたことも話題に。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8b3e07a0a5eda823e0dfe1273a5314399dfe84be

    【【芸能】湯江タケユキ「矢沢、これ食べると3回連続になっちゃう」 『アリよさらば』収録現場で目撃したレジェンド歌手の大好物は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 冬月記者 ★ :2024/03/25(月) 22:49:30.40 ID:ZMcL3UJS9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b17723fa8f7870671a45df620f3850d39096475
    20240325-00000085-dal-000-3-view

    日本テレビ「セクシー田中さん」調査報告はGW明けをメドに「社内、社外の関係者にヒアリング中心で調査中」


     日本テレビの社長定例会見が25日、都内の同局本社で行われ、昨年10月期に放送されたドラマ「セクシー田中さん」の原作者・芦原妃名子さんが亡くなったことに関連し、発足した社内特別チームによる調査状況を報告した。

     石澤顕社長は「改めて申し上げますと、外部の有識者の方々に入っていただいた特別調査チームが社内の関係者、社外の関係者を含めて調査を進めている状況です」と現状を説明。

     調査内容としては「ヒアリングを中心に、全体像あるいは因果関係、そういったところの状況確認。最終的な目的としましては再発を防止し、より安心、安全な形に」と話した。

     石澤社長は、調査の報告時期はGW明けをメドにしていると明かしながら「調査がまとまってから適切な時期にお伝えをしたいと考えておりますので、そのようにご理解いただきたいと思います」と話した。

    【【芸能】日本テレビ『セクシー田中さん』調査報告はGW明けをメドに 「社内、社外の関係者にヒアリング中心で調査中」】の続きを読む

    このページのトップヘ