芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    芸能ニュースまとめサイトです。芸能ニュースを毎日更新しております。

    カテゴリ: 芸能事件・トラブル


    「アイドルに会わせる」と500万円詐欺 元タレントの男の初公判 

    NO.10042906 2021/12/07 21:28
    「アイドルに会わせる」と500万円詐欺 元タレントの男の初公判
    「アイドルに会わせる」と500万円詐欺 元タレントの男の初公判
     「アイドルグループに会わせる」などと嘘をつき、3人の女性から現金500万円などをだまし取った罪に問われている元タレントの男。だまし取った金はブランド品の購入などに使っていました。

     アパレルショップで現金を広げて羽振りの良さをアピールする男。元タレントの黒田歩夢被告(22)です。起訴状によりますと、黒田被告は人気のアイドルグループに会わせるなどと偽り、3人の女性から現金およそ500万円などをだまし取った罪に問われています。

    被害を訴える女性(20代)
     「200万円です。実際にお食事ができて、2人の空間にもなれて、みたいな。『あわよくば連絡先も交換できる』と(黒田被告は)言っていた」

     こう被害を訴えるのは、東京都に住む20代女性。アイドルに会ってスキャンダルになった場合の「保証金」として、黒田被告に現金200万円を要求されました。女性は手持ちがないと言いましたが・・・

    被害を訴える女性(20代)
     「お金がすぐ用意できないなら、消費者金融から借りられると(言ってきた)。(黒田被告が)借り方を教えてきた。『200万円は返ってくる』と言っていたので、借りてもいいかなと思った」


    【日時】2021年12月07日 19:15
    【ソース】TBS News

    【【芸能事件】「アイドルに会わせる」と500万円詐欺 元タレントの男の初公判】の続きを読む


    救急車凹ませだけじゃない!鬼束ちひろの狂気 有名俳優と交際、戦慄の「舞台挨拶殴り込み事件」も 


    NO.10039306 2021/12/06 08:32
    救急車凹ませだけじゃない!鬼束ちひろの狂気 有名俳優と交際、戦慄の「舞台挨拶殴り込み事件」も
    救急車凹ませだけじゃない!鬼束ちひろの狂気 有名俳優と交際、戦慄の「舞台挨拶殴り込み事件」もの画像1
    画像は「剣と楓」(フォーライフミュージック
    エンタテインメント)より

    「月光」などのヒット曲で知られる歌手の鬼束ちひろが先月28日、救急車を蹴って凹ませた器物損壊の疑いで現行犯逮捕された。鬼束はその後、送検され、同30日に釈放された。

     事件のあらましはこうだ。先月28日、東京・渋谷区恵比寿で友人女性とパチンコに興じていた鬼束。突然、知人女性がけいれんを起こしたため、119番通報。ここまでは良かったが、駆け付けた救急隊員が搬送作業する直前、通行人の男性から〝嫌み〟を言われ、激高した鬼束が怒りのはけ口として救急車を思いっきり蹴ったという。

     捜査関係者によると「救急車の後ろのドアが少し凹んだ。目に見える形で変形したのと、興奮状態の鬼束さんの様子がおかしかったため、薬物使用の可能性も考え、異例の現行犯逮捕となった」という。

     警察の取り調べに鬼束は「(通行人に)嫌みを言われてパニックになった。嫌なことを言った男を許せないといった気持ちでやった」と供述。薬物検査は「シロ」で酒も飲んでいなかった。

     無事、釈放となりファンからは「良かった」と安堵の声が聞かれるが、他方で鬼束の“ナチュラルパワー”には目を見張るものがある。逮捕容疑となった蹴りは、一部スポーツ紙が「オニツカキック」と命名。実際、業界関係者の間では鬼束の“蹴りグセ“は有名で「ブチギレると壁やドア、ごみ箱を蹴り上げることがあった」という。

     鬼束の〝狂気〟はそれだけではない。今から10年以上前、鬼束は今をときめく超人気俳優Xと付き合っていた。当時のXはまだ駆け出しで、お金もない。「そこでXが鬼束さんにお金を無心していた。ようはタカっていたわけです。ただ、鬼束さんもカレに依存していたため、言われるがまま貢いでいた」とは芸能プロ関係者。

     その後Xの人気に徐々に火が点き、多忙になっていった。するとXはこれみよがしに鬼束に別れを告げフリーに。芸能界きっての“モテ男”となったが……。

    「納得いかないのは鬼束さん。復讐するために、カレが出演した映画の舞台挨拶にアポなしで訪れたんです。一般客に混じり、最前列でカレを1時間以上、鬼の形相でニラミ続けていたそうです(笑)」(同)

     Xも“復讐の視線”を感じたようで、最前列の鬼束と目が合うや絶句。舞台挨拶では明らかに口数少なく、激しく動揺していたという。

    「イベント後、ほかの出演者は『一番前にヤバイ子いたよね』と鬼束とは知らず、話のタネにしていたそうだが、当のXは一目散に会場から逃げ出したそうです」(同)

     情緒あふれる楽曲を数々送り出してきた鬼束。その才能のウラには一歩間違えると暴発する危うさがあったようだ。

    【日時】2021年12月05日 08:00
    【提供】TOCANA

    【【芸能】救急車凹ませだけじゃない!鬼束ちひろの狂気 有名俳優と交際、戦慄の「舞台挨拶殴り込み事件」も】の続きを読む


    鬼束ちひろをキレさせた通行人の“強烈な嫌味”、「事実なら最低!」同情の声


    NO.10031105 2021/12/02 13:31
    鬼束ちひろをキレさせた通行人の“強烈な嫌味”、「事実なら最低!」同情の声
    鬼束ちひろをキレさせた通行人の“強烈な嫌味”、「事実なら最低!」同情の声
    「うちのお客さんが現場を目撃したんだって。“いちゃもんをつけた人を蹴るのならまだわかるけど、助けに来た救急車を蹴るっていうのはお門違いじゃないの!?”って言ってたよ」(現場近くの飲食店店主)

    11月28日、穏やかな日曜日の午後4時半ごろに事件は起きた。JR恵比寿駅近くのパチンコ店で、歌手・鬼束ちひろ(41)が友人女性と2人でパチンコに興じていたところ、友人の体調が急変。鬼束は店員に事態を伝えて、救急車を呼んでもらった。間もなく店の前に救急車は駆けつけたのだが、

    「友人女性を乗せて救急車が走り出そうした時、鬼束さんがその救急車の後ろのほうを蹴った。現場に居合わせた60代ぐらいの通行人男性に嫌味を言われた彼女が、カッとなってなぜか救急車を……」(スポーツ紙記者)

    「私に嫌味を言った男が許せない」
     目撃者によると、救急車の蹴られた部分は手のひらほどの大きさの凹みがあったという。結局、友人女性は後から来た別の救急車で搬送された。

    蹴った鬼束はというと、救急車の車体を数センチ凹ませたとして、警視庁渋谷署に器物損壊の疑いで逮捕されるという事態に……。

    警察の取り調べに対して鬼束は、「自分が一番悪いというのはわかっているが、私に嫌味を言った男が許せない」と供述。これに対してネットでは、鬼束を擁護する意見も出ている。

    【日時】2021年12月02日 05:01
    【ソース】週刊女性PRIME

    【【芸能事件】鬼束ちひろをキレさせた通行人の“強烈な嫌味”、「事実なら最低!」同情の声】の続きを読む


    鬼束ちひろ容疑者は「自称シンガー・ソングライター」? 朝日新聞が記事修正


    NO.10025049 2021/11/29 20:31
    鬼束ちひろ容疑者は「自称シンガー・ソングライター」? 朝日新聞が記事修正
    鬼束ちひろ容疑者は「自称シンガー・ソングライター」? 朝日新聞が記事修正
     歌手の鬼束ちひろ容疑者(41)が救急車を蹴って逮捕された事件で、「自称シンガー・ソングライターの鬼束ちひろ容疑者」と報じていた朝日新聞は2021年11月29日、「自称」を削除したと発表した。

    ■「あれだけの実績のある方に...」
     各メディアによれば、鬼束容疑者は28日、東京都渋谷区の路上で救急車を蹴ったとして、器物破損容疑で逮捕された。

     鬼束容疑者は2000年に『シャイン』でデビュー。同年の『月光』が大ヒットし、翌年の『眩暈』が日本レコード大賞作詞賞を受賞した。

     朝日新聞(電子版)は28日、「鬼束ちひろ容疑者を逮捕 救急車のドア蹴った疑い『パニックになり』」の見出しで事件を報じ、「自称シンガー・ソングライターの鬼束ちひろ容疑者」と伝えていた。

     SNS上ではこの表現に違和感が噴出し、脳科学者の茂木健一郎氏は「あれだけの実績のある方に『自称』とつける意味が全くわからない」とツイートした。ジャーナリストの津田大介氏も記事のコメント欄で苦言を呈した。

     記事は29日夕までに修正され、「自称」の部分は削除された。「29日の取材で確認ができたため、容疑者につけていた『自称』を削除しました」と末尾に追記している。

    【日時】2021年11月29日 18:13
    【ソース】J-CASTニュース
    【関連掲示板】

    【【芸能】鬼束ちひろ容疑者は「自称シンガー・ソングライター」? 朝日新聞が記事修正】の続きを読む



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/29(月) 06:05:04.18

    11/28(日) 23:15配信
    東スポWeb

     歌手・鬼束ちひろ(41)が28日、東京・渋谷区で救急車を蹴ったとして、器物損壊の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。

     鬼束は当時、現場近くで友人の女性とパ*をしていたという。女性がけいれんを起こし倒れたため、救急車を呼んで乗せていたところだった。

     鬼束といえば、その言動で、何度も世間を驚かせてきた。

     2001年には、生放送の音楽番組内で、飼っていたハムスターがベランダで凍死していなどという悲しいエピソードについて告白。この発言にはさまざまな意見があり、ネットで大炎上した。

     2003年には声帯結節を患い、一時休業。2010年には当時同居していた男性から暴行を受け、顔面骨折などで全治1か月の重傷を負った。

     2011年に発売した著書「月の破片」では、パニック障害についても記載していた。

     当時の鬼束を知る芸能プロ関係者は「世間の人の鬼束のイメージは、デビュー当時のナチュラルな印象が強い。当時は事務所の移籍などもあり、精神的にダメージを受けた影響からか、奇行が目立っていた時期」と振り返った。

     2013年に、フジテレビ系トーク番組「アウト×デラックス」に出演した際には、ド派手なメイクで登場。視聴者、共演者を驚かせた。

     しかし昨年5月28日、再び「アウト×デラックス」に出演したときは13年の時とまるで様子が違っていた。ド派手メイクから、まるでデビュー当時のようなナチュラルなメイクに戻っていたのだ。

     音楽業界に詳しい関係者は「昨年2月で、鬼束はデビュー20周年。それも合わせて原点回帰でナチュラルに戻ったという話。周囲は『メイクと共に言動も落ち着いたのでは』と安心していたのだが…」。今回の事件を見ると、決してそういうわけではなさそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/395174f32f8c991a2fc7f598a8ebd5da5857bd54


    OF3pa1aWCcRom2


    【【芸能】現行犯逮捕の鬼束ちひろ ナチュラルメイクに回帰し周囲を安心させていたが…】の続きを読む

    このページのトップヘ