芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 男性歌手



    1 ばーど ★ :2020/09/22(火) 19:23:35.17 ID:CAP_USER9.net

    究極のソーシャルディスタンスライブです。

    ToshIさんは約1600席のホールで観客1人に向けてコンサートを開催しました。観客は5000倍を超える抽選で選ばれた1人です。抽選で選ばれた男性は夢のような時間を過ごしました。
     
    Toshl:「自分も勇気付けてもらえるようなこと、これからも発信して実践していきたいと思うので、これからも一緒に運命切り開いて楽しんでいきましょう」

    [2020/09/22 19:02]
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000193780.html

    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    【【芸能】Toshl、観客1人にホールで熱唱 倍率は5000倍超】の続きを読む


    米津玄師「迷える羊」1000年後の未来へ繋ぐメッセージに迫る!


    NO.8872157 2020/09/22 21:07
    米津玄師「迷える羊」1000年後の未来へ繋ぐメッセージに迫る!
    米津玄師「迷える羊」1000年後の未来へ繋ぐメッセージに迫る!
    「迷える羊」という名の舞台米津玄師の5枚目のアルバム『STRAY SHEEP』の表題曲とも言える『迷える羊』は、「カロリーメイト」のCM「変わらないもの」篇のために制作された楽曲。

    米津本人が出演したSF映画のような雰囲気の映像と、クラシック界の作曲家、坂東祐大がアレンジで参加した荘厳さを感じる楽曲で話題を集めました。

    作詞面でも、楽曲と同様に時空を超えた壮大な物語が描かれています。

    迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513冒頭のフレーズは「この世は舞台、人はみな役者だ」という名言を連想させるのではないでしょうか。

    それは、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『お気に召すまま』に登場するセリフ。

    人は誕生とともに人生という舞台に上がり、自分の役割を演じ、死によって舞台を降りるのだと、舞台を人生の縮図として表現しています。

    『迷える羊』では果たしてどんなドラマが繰り広げられるのか、期待と不安が高まる幕開けですね。

    米津玄師にとって「サンタマリア」とは?迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513「サンタマリア」と聴いて思い出すのは、米津玄師のメジャー初シングル『サンタマリア』でしょう。

    サンタマリアとは、イエス・キリストの母「聖母マリア」のこと。

    米津の『サンタマリア』も、信じる心や未来への希望を歌う聖歌のように静かで美しい曲ですよね。

    歌詞の中の「サンタマリア」という言葉も、救いや導きを求めて歌われているのではないでしょうか。

    また、『迷える羊』は、新型コロナウィルスの感染が拡大し、外出が自粛されていた時期に制作されました。

    そこで描かれる人生という名の舞台は、暗転を繰り返しながらどんどん物語が進んで行きます。

    しかし、その「楽屋には サンタマリアがいない」。

    過去のインタビューで『サンタマリア』を「指針になった曲」と語っている米津にとって、このフレーズは、今のこの世界には導いてくれる人がいないという意味なのではないでしょうか。

    変わりゆく社会で見えたもの迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513新型コロナウィルスの影響でツアーが中止となり自粛生活を送る中で、音楽の存在意義について考えた米津。

    そして、この世界で自分のやれることはポップソングを作ることだという結論に至ったと語っています。

    このフレーズには、筋書きも導きもないこの世界で音楽家という役割を担い、苦しみながらも歌を生み出そうとする自分自身の姿が描かれているのかも知れません。

    迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513「背骨をなくした 大きな機械」とは、未知のウィルスのような人知を超えた巨大な力を表しているのではないでしょうか。

    その大きな力が一瞬にして世界の風景を変えていった2020年の姿が表現されているのかもしれません。

    迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513続いて行く混乱の中で、羊飼いの群れからはぐれたかのように、真実を見失い右往左往する無力な人間たち。

    このフレーズは、「そんな状況で可能な限り音楽家としての役割を果たそう、今この瞬間も、すぐに歴史となって未来へと語り継がれるのだから」と伝えようとしているのかも知れません。

    米津玄師が考える未来迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513かぎ括弧で囲まれた部分は『迷える羊』という舞台で音楽家が歌っているのではないでしょうか。

    今から1000年後、地球が存在しているかどうかもわかりません。

    でも、もし人類が生き延びていたとしたら、今、私たちが1000年前の世界を振り返るように、3020年の人々も2020年のコロナ禍を知るでしょう。

    迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513コロナ禍の中で、迷いながらもがんばった人々の姿が未来の誰かを勇気付ける日が必ずやってくる。

    「未来のことをよく想像する」と語る米津の、自分たちの生きた証を未来へと繋ぎたいという気持ちが伝わってくる力強いフレーズですね。

    前作『BOOTLEG』から約3年、インタビューでも「考える」という言葉を頻繁に使う彼にとって『STRAY SHEEP』は、現時点の彼がたどり着いた思考の旅路の到達点なのかも知れません。

    TEXT 岡倉綾子

    【日時】2020年09月22日
    【提供】UtaTen
    【関連掲示板】


    【【芸能】米津玄師「迷える羊」1000年後の未来へ繋ぐメッセージに迫る!】の続きを読む



    1 ◆azusaI.91Q あずささん ★ :2020/09/09(水) 17:30:00 ID:CAP_USER9.net

    氷川きよしがデビュー20周年に自身初のポッススアルバムを発表した。「ずっと変わりたいという思いはあった」「やりすぎと言われるくらいまで追い込まないと起爆剤にはならない」――。前回インタビュー「氷川きよし 自分にしかできない曲を、安泰よりは冒険」でそう話した氷川に新しいアルバムについて詳しく語ってもらった。

    渾身の1stポップスアルバム『Papillon-ボヘミアン・ラプソディ-』の制作裏話あれこれを聞いてみよう。

    「曲選びに関しては……やっぱり自分は、歌の真髄って詞だと思ってるんです。どういう言葉でどういう気持ちを伝えるのか。『この歌詞の一節が胸に響いたから生きていこうと思いました』と言ってもらえるような、人生を変えるような詞と歌声。そういうものを届けたいなって。自分もそうやって歌に感動させられてここまで来たので。

    ですから『こういうサウンド、こんな曲調がいい』というのはもちろんありつつ、詞を読んで自分自身グッとくるかどうかを基準に選ばせてもらいました。

    アルバムの構想を始めたのは1年前くらいかな。そのなかで『Papillon』という曲に出合い、これが表題曲になるなと。自分の狙いとして“見せ方”から変えようっていうのがあったから、20年を経てサナギから蝶になるという意味も、もっと羽を広げていくんだよという思いも含め、『Papillon』がぴったりきました。

    で、サ*イトルには自分が感銘を受けた『ボヘミアン・ラプソディ』を。あの映画(クイーンの伝説を描いた同名映画)を見たとき、フレディ(・マーキュリー)の孤独にひどく共感して泣いちゃったんです。自分なりに彼に寄り添う気持ちで、人間としての彼の命を歌い継ぎたい、という熱い思いが湧きました。で、伝えるならそこはあえて日本語の歌詞で……と。(歌に出てくる)『*ちゃった』相手はフレディ自身のことだとも思うし、今の時代だからこそ伝えるべきものだなと思ったし」(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/日経 エンタウォッチング
    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO63214910Z20C20A8000000?channel=DF280120166614

    https___im


    【【芸能】氷川きよし 時には演歌界から脱線する「暴れん坊」に】の続きを読む


    西川貴教が元女子アナと再婚、「恥さらし」と罵った因縁の義母は直撃に“他人のふり”


    NO.8830733 2020/09/08 09:08
    西川貴教が元女子アナと再婚、「恥さらし」と罵った因縁の義母は直撃に“他人のふり”
    西川貴教が元女子アナと再婚、「恥さらし」と罵った因縁の義母は直撃に“他人のふり”
    《かねてよりお付き合いをしておりました方と、本日8月29日に入籍いたしました》

    自身のSNSでこう報告したのは、歌手の西川貴教。

    「彼は1995年から『T.M.Revolution』の名義で活動開始。紅白歌合戦に5度も出場しています。最近では『消臭力』のCMでおなじみですね」(音楽誌ライター)

    私生活では1999年に『PUFFY』の吉村由美と結婚するも2002年に離婚。

    50歳を目前に2度目の結婚となった。

    「西川さんの再婚相手は23歳年下で元フリーアナウンサーのAさんです。2017年11月にラジオ番組で共演したことがきっかけで交際が始まりました」(スポーツ紙記者)

    今回の結婚で気がかりなのは、かつてふたりの交際に大反対したAさんの母親だろう。

    「Aさんの母は、大阪にある老舗質屋の女社長。2018年2月にふたりの密会が週刊誌に掲載されて話題になった際は、自身のブログで《恥さらし》《社会人として終わっています》と、怒りを爆発させていました」(同・スポーツ紙記者)

    ■結婚に反対!? 義母に聞いた
    ふたりの結婚発表を義母はどう受け止めているのか。

    9月上旬、大阪市内の自宅から出てきたところを直撃した。

    ─娘さんと西川さんのご結婚おめでとうございます。

    「……私ではありません。人違いじゃないですか?」ブログに自分の顔写真を掲載しているにもかかわらず、他人のふりをする。

    ─いや、Aさんのお母さんですよね。

    西川さんとは和解されたのですか?「…………」こちらの質問を無視し、そのまま去っていった。

    結婚できたということは、わだかまりはなくなったのだろうが、新たに西川を悩ませる問題が。

    ■結婚を機に関西へ移住計画
    「西川さんの祖母や父親の体調が優れないため近くにいたいらしいんです。彼は地元・滋賀県の観光大使を務めるほど愛着が強いのもあって、結婚を機に東京から関西へ生活拠点を移すことを検討しているそうです」(西川の知人)

    移住の思いは本当なのか。9月上旬、都内でラジオ収録を終えた西川に話を聞いた。



    【日時】2020年09月08日 05:00
    【ソース】週刊女性PRIME


    【【芸能】西川貴教が元女子アナと再婚、「恥さらし」と罵った因縁の義母は直撃に“他人のふり”】の続きを読む


    星野源、本人出演のスーパーマリオブラザーズ35周年記念 TVCMに新曲「創造」を提供!


    NO.8819758 2020/09/04 13:44
    星野源、本人出演のスーパーマリオブラザーズ35周年記念 TVCMに新曲「創造」を提供!
    星野源、本人出演のスーパーマリオブラザーズ35周年記念 TVCMに新曲「創造」を提供!
    ■マリオCMに新曲提供!出演も
    6月23日にソロデビュー10周年を迎えた星野源。

    ついに最終回を迎える話題の主演ドラマ「MIU404」での好演や、10月21日に発売される『Gen Hoshino Singles Box “GRATITUDE”』のリリースなど、引き続き大きな話題が続いている。

    そんな中、9月4日オンエアがスタートする任天堂株式会社「スーパーマリオブラザーズ」の35周年TVCMに星野自身が出演、さらに新曲「創造」を提供することがわかった。

    ■同作への愛情とリスペクトが詰まった楽曲
    CMの監督を務めたのは、映像監督の山岸聖太。

    CMは、楽曲のタイトル通り、星野源の“創造の場“であるレコーディングスタジオでの星野の演奏シーンに、歴代スーパーマリオブラザーズシリーズの象徴的なシーンが随所に映し出されたインパクトのある作品となっている。

    本CMにて解禁された新曲「創造」は星野源から同作への愛情とリスペクトが詰まった楽曲になっており、「ものづくりへのこだわり」という点で共通する、星野源とスーパーマリオブラザーズシリーズのコラボレーションをぜひチェックしてほしい。
    【日時】2020年09月04日
    【提供】UtaTen


    【【芸能】星野源、本人出演のスーパーマリオブラザーズ35周年記念 TVCMに新曲「創造」を提供!】の続きを読む

    このページのトップヘ