芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 浮気


    有名女優Xが無名俳優と不倫疑惑浮上!束縛に耐えられず「おしどり夫婦」に終止符? - 芸能ニュース掲示板


    NO.8036945 2019/12/19 15:29
    有名女優Xが無名俳優と不倫疑惑浮上!束縛に耐えられず「おしどり夫婦」に終止符?
    有名女優Xが無名俳優と不倫疑惑浮上!束縛に耐えられず「おしどり夫婦」に終止符?
    有名女優Xに“不倫疑惑”が浮上しているという。

    同じく表舞台で活躍する夫とは、結婚後も“仲の良い夫婦”として世間には知られているが、その裏でXは夫の激しい束縛に頭を抱えていたとされる。

    Xの“不倫疑惑”は、先頃から一部マスコミ関係者に情報が漏れつつあり、いずれは報道されると言われているが……。

    X夫妻は、メディアでお互いの話をする機会も多く、おしどり夫婦として知られる。

    ところが、実際の夫婦生活には何度か“危機的状況”が訪れていたという。

    「原因は夫の束縛だそうです。Xがほかの男性と電話で話しているだけで不機嫌になり、Xのスケジュールの詳細まで全てチェックしているという話も漏れ聞こえてきます。Xは事務所関係者に相談したこともあったようですが、ストレスからなのか、ついに『家の外』に居場所を求めるようになってしまった……ということなのかもしれません」(スポーツ紙記者) 

    Xの“不倫相手”と言われる男性も、同じ芸能界で活動する人物だが、Xとは決定的な格差があるのだとか。

    「一言で言えば『無名俳優』。それなりに活動歴はあるものの、若くしてブレークしたXと比べれば、不倫相手Aは世間的にはほとんど知られていない。夫と同じように、Xとは仕事を通じて知り合ったものの、ほどなくして男女の関係になってしまったようです。夫から、また世間の目からも逃れようとしているXからすれば、知名度のないAは、不倫相手として最適ということなのではないでしょうか」(同)

    しかし、不純な関係がいつまでも見逃されるわけもなく、周囲からも、次第に関係を疑われるようになってしまったようだ。

    「親しい関係者に、たびたびツーショットが目撃されているといい、両者の不倫関係は “公然の秘密”に近い状況になっている。そして、それを聞きつけた週刊誌がXを徹底マーク、張り込み取材が行われた時期もあったようです」(制作会社関係者) 

    すでに取材が進んでいるとすれば、スキャンダルとして世に出る日も近いかもしれない。

    2020年最初の“不倫スクープ”として、Xの名前が取り沙汰されることになるのだろうか。
    【日時】2019年12月19日 12:11
    【提供】サイゾーウーマン


    【【芸能】有名女優Xが無名俳優と不倫疑惑浮上!束縛に耐えられず「おしどり夫婦」に終止符? - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/14(土) 22:22:57.71 ID:dH4axsNY9.net

    ビートたけしにとって初となる人生相談本『たけしの人生相談 悩むの勝手~伊集院さんに聞けなかった話 ワールドカップAグループ』(徳間書店)が13日に出版された。
    同著は、たけしが責任編集長を務める同社のネットマガジン『お笑いKGB』の人気連載をまとめたものである。

    たけしといえば1972年、浅草のストリップ劇場・浅草フランス座で、芸人見習いとしてエレベーターボーイを始め、同年に相方のビートきよしと「ツービート」を結成。
    80年代の漫才ブームをけん引した後、日本の「お笑いBIG3」の一角をタモリ、明石家さんまとともに担い、長きにわたって第一線を走り続けている。
    また、日本国外では本名の北野武として、フランス芸術文化勲章を含め数々の賞を受賞した映画監督としても知られ、マルチな才能は多方面において健在だ。

    私生活では、1981年に長男、82年に長女が誕生し、4歳年下の元漫才師・北野幹子氏とは83年に入籍。
    しかし18年3月、たけしは「オフィス北野」から独立し、愛人と報じられている18歳年下の女性と設立した新事務所「T.Nゴン」で芸能生活を始め、これまで苦楽を共にした幹子氏と今年6月に離婚したと発表した。

    結婚当初から別居生活を続けてきたたけし。2018年3月発売の自著『ビートたけしのオンナ論』(サイゾー)では、「40年間で10日か、20日ぐらいは(自宅に)帰っている。
    自宅に帰らないんじゃなくて、要は居心地のいいほうに帰っているんだ。それがたまたまオネーチャンの家ってだけでね」と持論を展開し、愛人との生活を公にしていた。

    自由奔放ぶりは結婚当初から炸裂していたようだが、1994年8月に起こした原付バイク事故は、芸能活動存続が危ぶまれるものだった。

    当時、たけしは東京・新宿区の安鎮坂付近をスクーターで運転中、カーブを曲がりきれずガードレールの鉄柱に激突。
    4メートルも吹っ飛ばされて頭を強打し、意識不明の重体に陥った。
    幸いにも右側頭部頭蓋骨陥没骨折を含む重傷で済んだ。

    たけしは奇跡の生還を果たし、同年9月に退院会見に臨んだ。
    だが、目の焦点は合わず、口元が大きく歪んだ重度の顔面マヒ状態。
    たけしの姿は世間に衝撃を与えた。

    だが、たけしは「治らなかったら、芸名を顔面マヒナスターズにします」「頭に入っているボルトのせいで金属探知機に引っかかる」などと自虐ネタで笑いを誘い、再び表舞台に復帰した。

    さて、事故に遭ったそもそもの原因は何なのだろうか。たけしは、当時愛人と噂されていたタレントの細川ふみえ宅に向かう途中といわれていた。
    ふたりは、1983年放送の『スーパーJOCKEY』(日本テレビ系)で共演し、やがて交際に発展したようだ。また、事故の1週間前にたけしの別宅を訪れる細川を、『FOCUS』(新潮社、現在は休刊)に激写されていたのだ。

    長らく、事故の原因について明言を避けていたたけしだが、2016年1月放送の『新春大売り出し!さんまのまんま30周年スペシャル』(フジテレビ系)で、当時を回顧。
    たけしは、夜中に“浮気相手”に会いに行く途中の事故だったと激白し、細川との関係を半ば認めた。さらにたけしは、事故で「*でたらよかった」と告白。
    当時うつ状態だったことも以前明かしている。

    一方の細川は、2007年に8歳年上の不動産会社社長と結婚。しかし“不倫略奪デキ婚”の上、夫の離婚前に結婚式を挙げる「重婚」だったため騒動が勃発。
    しかし、夫の会社が倒産し、多額の借金からわずか2年で離婚した。13年には一部週刊誌に「月収10万円で、生活保護受給を検討している」と困窮ぶりが報じられるなど、波乱万丈な人生を送っているようだ。

    時代を股にかけてスキャンダル三昧だったたけし。これまで数々の女性たちの面倒を見てきたようだが、幹子氏との離婚で“一文無し”になったと、たけしは豪語している。オンナ遍歴もさすがに打ち止めだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17526984/
    2019年12月14日 21時0分 リアルライブ


    (出典 petitwings.com)

    h
    (出典 rr.img.naver.jp)
    %2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg

    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    (出典 Youtube)

    スキスキスー / 細川ふみえ【Official Music Video】


    【【芸能】ビートたけし、事故きっかけでうつ状態に 細川ふみえとの不倫を認めた?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】】の続きを読む


    不倫で「朝生」降板、村上記者よりスゴイ 田原総一朗の不倫武勇伝 - 芸能ニュース掲示板


    NO.7439407 2019/05/04 13:19
    不倫で「朝生」降板、村上記者よりスゴイ 田原総一朗の不倫武勇伝
    不倫で「朝生」降板、村上記者よりスゴイ 田原総一朗の不倫武勇伝
    『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)において司会を務める村上祐子記者が、NHK記者との不倫疑惑を「週刊ポスト」(小学館)に報じられ、番組を降板することがわかった。

    村上記者は2001年にアナウンサーとして入社。

    15年に政治部記者へ異動となるも『朝ナマ』には、引き続きアナウンサーとして出演していた。

    そこには司会を務める田原総一朗からの高い評価があったといえるだろう。

    『朝ナマ』は政治経済や国際情勢など社会派のテーマを扱う硬派な討論番組であるだけに、不倫のイメージはやはり印象が悪いのだろう。

    報道番組を中心に活躍していたフジテレビの秋元優里アナも、番組プロデューサーとの不倫が報じられ表舞台から消えてしまった。

    ただ『朝ナマ』は、長年討論の司会進行を務める田原総一朗も不倫と関わりの深い人物として知られる。

    「田原総一朗は、最初の妻と結婚したあとに、日本テレビアナウンサーだった田原節子(旧姓は村上)と知り合い不倫関係に陥ります。双方に家庭があったため、W不倫と話題になりました。彼女は女性の権利獲得を目指すウーマンリブの活動家として知られ、加齢により『容姿が衰えた』という今なら信じられない理由で、配置転換命令を受けるも拒否し、裁判を起こし戦っていました。そうした姿勢に田原も惹かれたのでしょう。さらに日テレ内で彼女を支えていたのは徳光和夫アナだったともいわれています。2人は田原の最初の妻が乳がんで病死したのを受け、89年に結婚。その経緯は『私たちの愛』(講談社)として書籍化されています。ところが彼女も同じ病気で04年に亡くなってしまいます」(業界関係者)

    こうした壮絶な経験をしている田原ならば、村上記者の気持ちにも理解を寄せているのではないだろうか。

    26日深夜の「平成最後の放送」では田原の口から何かを語ってほしいところだ。
    【日時】2019年05月04日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【【芸能】不倫で「朝生」降板、村上記者よりスゴイ 田原総一朗の不倫武勇伝 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/25(木) 12:53:36.08 ID:2uK2VV249.net

    今月4日に第1子が誕生していたDA PUMPのISSAだが、妻の妊娠中にホステスと“マッサージデート”を楽しんでいたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

    ISSAは2017年に一般女性と結婚していたことを、昨年6月に発表。今月4日に第1子が誕生していたことを発表したが、性別は明らかにしていなかった。

    同誌によると、妻が妊娠中だった3月半ばの夜、東京都心部にある高級エステ店に30歳くらいの女性と一緒に来店。
    2人ともかなり酔っており、受付でもむつまじくボディタッチするなど、まるで恋人のようだったとか。ISSAはマスクで顔を隠し、名前などの記入を渋るなど、“お忍び”を思わせる所作だったという。

    その後、同じ個室に通され、半裸状態でアロマトリートメントを受けたというが、所属事務所は女性は仲良くしているホステスで友人関係であることを主張。
    ISSA本人は、反省の弁を口にした上で、「不倫などはいたしません」と男女関係を否定した。

    「かつては『平成の火野正平』と呼ばれるほどのモテ男だったISSA。結婚しておとなしくなり、昨年はDA PUMPの曲『U.S.A.』が大ヒットし再ブレーク。
    再ブレークまで、自分の浮気などが原因で活動が停滞してしまっていたこともあり、ISSAはかなり気を付けていたようだが、そろそろ気が緩んでしまったのでは」(芸能記者)

    DA PUMPといえば、先日、一部でメンバーのKENZOが一般企業に勤務する女性と交際中であることが報じられた。

    「事務所は女性ファンが離れることを危惧しているようで、各メディアにKENZOの熱愛報道を後追いしないようにお願いしていた。そんな時にISSAの不倫疑惑報道はかなりのマイナス」(ワイドショー関係者)

    今回の報道でISSAの“浮気の虫”は収まりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16370592/
    2019年4月25日 11時45分 リアルライブ

    ce3dd_188_97ce9c63_702ba95b


    【【芸能】ISSA、妻の妊娠中の不倫疑惑が浮上 メンバーの熱愛報道の後追いもないワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ