芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: 浮気・不倫


    Zeebra、一部の不倫報道を謝罪「自分の不甲斐ない行いにより大切な家族を傷つけてしまった事を、深く反省」


    NO.8790994 2020/08/25 12:32
    Zeebra、一部の不倫報道を謝罪「自分の不甲斐ない行いにより大切な家族を傷つけてしまった事を、深く反省」
    Zeebra、一部の不倫報道を謝罪「自分の不甲斐ない行いにより大切な家族を傷つけてしまった事を、深く反省」
    人気ラッパーのZeebra(49)が25日、自身のツイッターを更新。

    一部で報じられた女性との不倫旅行報道について謝罪した。

    【コメント全文は以下の通り】
    「この度は自分の軽率な行動により、関係者の方々やファンの皆さまにご迷惑、ご心配をお掛けしてしまった事、心からお詫び申し上げます。そして何よりも、自分の不甲斐ない行いにより大切な家族を傷つけてしまった事を、深く反省しております。今後は家族ひとりひとりに対し真摯に向き合い、二度と悲しませる事の無い様努めて参ります。本当に申し訳ありませんでした」(原文ママ)。

    Zeebraは1991年に結婚し、2人の息子が誕生したが離婚。

    2002年にモデルの中林美和(41)と再婚し2人の娘をもうけ、その一人が女性9人組「NiziU」で活躍するリマ(16)。



    【日時】2020年08月25日 08:05
    【ソース】スポーツ報知
    【関連掲示板】


    【【芸能】Zeebra、一部の不倫報道を謝罪「自分の不甲斐ない行いにより大切な家族を傷つけてしまった事を、深く反省」】の続きを読む


    不倫や性犯罪に厳しい韓国 “東方便器”ユチョンと渡部健の共通点


    NO.8673266 2020/07/18 12:39
    不倫や性犯罪に厳しい韓国 “東方便器”ユチョンと渡部健の共通点
    不倫や性犯罪に厳しい韓国 “東方便器”ユチョンと渡部健の共通点
    「男は短い棒で人生を棒に振るんだ」韓国で大ヒットした映画「怪しい彼女」でヒロインが口にするセリフだ。

    不倫が発覚したお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建も“棒”で“棒”に振ってしまいそうだが、この件に対する韓国での関心は意外にも低かった。

    今年1月、東出昌大と唐田えりかの不倫が発覚したときとは大違いだ。

    当時、東出昌大については、まるで自国の俳優かのように批判が浴びせられた。

    韓国人女性はこう説明する。

    「東出昌大の場合は映画『寝ても覚めても』(2018年)が韓国で公開され、知名度もありました。渡部建は、ほとんど知られていません。佐々木希は韓国でも有名ですが、夫にまで興味がないんです」

    実際、韓国でも渡部建の不倫が報じられたがコメント数は少なく、無関心ぶりがうかがえる。

    「佐々木希に対する同情の声もありますが、それよりはむしろ日本の芸能界の不倫の多さに驚きます」

    たしかに、韓国では芸能人の不倫報道が極端に少ない。

    「韓国では男性の不倫や性犯罪は厳しく叩かれます。一度でもそういうレッテルを貼られたら復帰するのが難しい。不倫するならそれこそ命がけでしょうね」と前出の韓国人女性は言う。

    また、渡部建の“トイレ不倫”については「元JYJのパク・ユチョンみたい」と切り捨てた。

    2016年、JYJのメンバーだったパク・ユチョン(元・東方神起)がトイレで女性を性的暴行したとして告訴された。

    現場となったのはキャバクラの個室トイレ。

    その後もユチョンにトイレでレイプされたという女性たちが次々と登場。

    「ユチョンの自宅トイレでレイプされた」という女性まで現れた。

    結局、強制性はなかったとして嫌疑なしとなったが、ユチョンの兵役中に起きた出来事でイメージダウンは免れなかった。

    くしくも渡部建の不倫現場もビルのトイレで、ユチョンと共通している。

    そのユチョンは“便器ユチョン”“東方便器”と呼ばれていた。

    別の韓国人女性はこう話す。

    「韓国ではユチョンや渡部建のような男を“ちんこの宿主”と呼んでいます。“ちんこが脳を支配して操っている”という意味です」

    韓国ではさほど知られていなかった“世界の渡部”に、このような不名誉なイメージがついてしまったのは残念だ。



    【日時】2020年07月18日 09:26
    【ソース】日刊ゲンダイ
    【関連掲示板】


    【【芸能】不倫や性犯罪に厳しい韓国 “東方便器”ユチョンと渡部健の共通点】の続きを読む


    渡部、東出、優樹菜、2020年不倫芸能人の共通点


    NO.8650461 2020/07/10 18:12
    渡部、東出、優樹菜、2020年不倫芸能人の共通点
    渡部、東出、優樹菜、2020年不倫芸能人の共通点
    7月9日、複数メディアが木下優樹菜さんの不倫疑惑を報じました。

    木下さんと言えば、姉が働いていたタピオカドリンク店の経営者に対する恫喝騒動をきっかけに芸能活動を自粛していましたが、今月1日に活動再開しながらも、6日に芸能界引退を発表したばかり。

    しかも不倫相手に3人の男性が浮上しているほか、「裏は取れている」と語るメディアもいるなど厳しい論調が目立ちます。

    真相はわからないものの、あわてて引退発表して口をつぐんでしまっただけに、世間の見方を覆すことは難しく、「東出昌大、渡部建に続く、2020年3人目のゲス不倫」という声も少なくありません。

    案の定と言うべきか、まだ記憶に新しい2人と木下さんには、いくつかの共通点が見られるのです。

    それらの共通点は売れっ子の芸能人だけでなく、一般人にも当てはまることも含まれていました。

    世間を騒がせた東出さん、渡部さん、木下さんにはどんな共通点があり、なぜそれが不倫につながってしまったのでしょうか。

    ■過剰な「よき夫」「いいママ」アピール
    まず誰の目にもはっきりわかる共通点は、結婚によってイメージアップし、仕事が増えるなどステイタスが上がったこと。

    東出さんはメインキャストとしてのオファーが増え、渡部さんは情報番組のMCや芸能界のグルメ王として定着し、木下さんはママタレントのトップクラスに登り詰めました。

    しかし、「好事魔多し」なのか、「油断大敵」なのか。

    仕事の調子がよく、ステイタスが上がったことが、「自分は成功しているから不倫くらい大丈夫」という根拠のない自信につながってしまいました。

    不倫が発覚したら家族だけでなく、現在の仕事やステイタスも失ってしまうリスクが高いにもかかわらず、利己的な欲求に勝てなかったのは、「こんなにうまくいっているのだから自分だけはバレないだろう」という気持ちがあったからとしか思えないのです。

    それに伴う共通点として特筆すべきは、3人が「よき夫」「いいママ」というアピールをしていたこと。

    実際ネット上には、たびたび家族の話を口にしていた3人に対して、「そこまでアピールすると、かえってあやしく見えてしまう」という声も上がっていました。



    【日時】2020年07月10日 16:01
    【ソース】東洋経済ONLINE


    【【芸能】渡部、東出、優樹菜、2020年不倫芸能人の共通点】の続きを読む



    1 プーアル ★ :2020/07/01(水) 17:34:53 ID:QwJd7j689.net

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0701/asg_200701_2412831850.html 
    thumb-12104-153000-entame

    女優の佐々木希が6月29日、17日ぶりにインスタグラムを更新し、話題となった。

     佐々木は自身が出演する同日放送の「所JAPAN」を告知。番組のスタジオをバックに花柄のワンピースを着て笑顔の写真を載せている。
    前回、12日に更新したインスタでは、「週刊文春」によって報じられた夫、アンジャッシュ・渡部建の複数女性との不貞を謝罪。
    〈夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います。私自身としては、今後もお仕事を続けさせていただければと思っております〉としていた。

    佐々木のほうは、今後もテレビ出演があるたびに株が上がりそうだ。


    【【芸能】渡部と大違い!佐々木希、堂々インスタ再開と番組出演で株爆上がりの強靭気質】の続きを読む



    1 Egg ★ :2020/06/29(月) 19:57:18 ID:1I62F5TI9.net

    複数の女性と不倫していたことが発覚し、芸能活動を休止することとなったアンジャッシュの渡部建(47才)。その後、第一報を報じた『週刊文春』の独占取材を受け、謝罪するとともに、妻である佐々木希(32才)や、相方の児嶋一哉(47才)に対する思いを告白した。しかし、公の場に登場し“謝罪会見”を開くには至っていない。

     スキャンダルを報じられた有名人が謝罪会見を開くべきかどうかについては、意見がわかれている。

     たとえば、社会学者の古市憲寿氏は、6月25日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、渡部の行為が社会にダメージを与えたわけではないとして、〈そもそも謝罪会見をする必要がない〉と発言した。

     落語家の立川志らくは、6月25日放送の『グッとラック!』(TBS系)で、謝罪会見をする必要はないとしながらも、〈“あいつすごいね、あんな会見したね”と伝説になるくらいのことをしたらいいのに〉と発言。週刊誌で告白するよりも、会見での“芸人らしい”姿が見たかったと話した。

     東国原英夫氏は6月12日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で〈記者会見は絶対にすべき〉と主張し、事情説明と謝罪を求めた。さらに、タレントの峰竜太は6月21日放送のTBS系『アッコにおまかせ!』で、〈(佐々木希が渡部を)助けるつもりなら、2人で(会見を)すればいい〉と話していた。

    「会見を開くことで“一発逆転”があるなら別ですが、ほとんどの場合、許されることなどありません。原田龍二さんのように会見後に仕事を増やしたケースや、会見でのやり取りが逆に好感度上げた三遊亭円楽さんのようなケースは本当にまれ。大抵の場合は、あまり上手に受け答えすることができず、逆にバッシングが強まってしまうんです」(芸能記者)

     昨年は、闇営業騒動の雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮、申告漏れのチュートリアル・徳井義実などが謝罪会見を開いたが、それで事態が好転したわけではない。

    つづく

    6/29(月) 16:05 ポストセブン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8eeab83dc5e0185d62b355553e0d81076edac92a

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】<渡部建>「文春で告白」の影響、バッシングを加速させた可能性】の続きを読む

    このページのトップヘ