芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    カテゴリ: アナウンサー



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/17(月) 21:22:59 ID:kv+a+4S89.net

    NHKが春の改編で敢行する、人気女子アナ2人の「朝夜コンバート」が大きな話題となっている。「ニュースウオッチ9」でMCを務める桑子真帆アナ(32)と、「おはよう日本」のMC・和久田麻由子アナ(31)がそっくり入れ替わるのだが、これを「上層部を巻き込んだエース女子アナの『覇権バトル』」だとNHK関係者は語る。

    「桑子アナが2年連続で続けた『紅白歌合戦』の総合司会の座を、昨年は和久田アナが奪ったことからもわかりますが、上層部の間で『桑子推し』『和久田推し』がハッキリと分かれている。局内でもこのコンバートで『どちらが本当のエースか、白黒つけさせる』という意味合いがあるようです」

    同関係者は「現状は和久田アナの圧倒的優勢」だと明*。

    「2月13日に両者が出席した発表記者会見では、明らかに和久田アナに多くのフラッシュが焚かれていた。注目度に歴然の差があります。また『無類の酒好きである桑子アナに、朝の仕事は絶対ムリ』ともささやかれている」

    加えて桑子アナには、さらなる逆風が吹いているという。

    「昨年から『ニュース7』サブキャスターを務める上原光紀アナ(28)の台頭は、桑子アナにとっては驚異そのものでしょうね」(前出・NHK関係者)

    つい先日、慶応大学の先輩にあたる銀行員との結婚報道で話題を振りまいた上原アナだが、

    「実は、彼女は桑子アナへの強烈なライバル心を持っているんです」

    と同関係者は語る。

    「5年前、広島放送局に上原アナが桑子アナと入れ替わる形で配属されたのですが、そこで上原アナは『桑子さんには絶対負けたくない』と口癖のように周りに言っていたとか。今後の彼女の活躍次第では、上原・和久田“二強体制”もありうるかも」(前出・NHK関係者)

    2月18日発売の週刊アサヒ芸能2月27日号は、さらに民放局も交えた、この春大きく書き換えられるだろう女子アナ勢力地図を大胆予想している。

    http://dailynewsonline.jp/article/2197817/
    2020.02.17 17:58 アサ芸プラス
    f95ee855f5665c51ba53220ae6db7aff33fd8f21_w=66


    【【芸能】「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/16(日) 01:55:04.23 ID:RESYIVAX9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    フリーアナウンサーでタレントの山本モナ(44)が8日、自身のインスタグラムを更新した。

    山本は2010年に結婚し、昨年6月には第三子を出産。現在は子育ての様子などをインスタグラムにたびたび投稿している。

    そんな山本はこの日、「パパお誕生日おめでとう!」とつづり、「#今年で結婚10年だ」「#最近さらに夫婦の顔が似てきた」とハッシュタグを添え、夫の誕生日と結婚10年を迎えたお祝いの様子を公開した。

    この投稿に対し、インスタグラム上には「おめでとうございます!確かに目元とか似ていますね」「10年なんですね!おめでとうございます!素敵な夫婦!」「自然な笑顔ですごくいい!」といった声が多く寄せられている。

    しかし、ネット上からは「忘れないですよ、不倫してたこと」「元祖不倫女だよね(笑)」「あの写真は衝撃的で忘れられないよね」といった声も。

    山本は2006年に衆議院議員の細野豪志(48)と、さらに2008年には元プロ野球選手の二岡智宏(43)と不倫関係にあることが報道され、細野に関しては路上でキスをしている写真が週刊誌に掲載されたことでも話題に。

    多くの人がこの“路チュー写真”に衝撃を受け、現在も彼女の名前を見るだけで過去の不倫騒動を思い出してしまうようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2192385/
    2020.02.15 18:45 デイリーニュースオンライン


    (出典 Youtube)

    応援歌


    (出典 officee.jp)


    (出典 btbc.up.seesaa.net)


    【【芸能】山本モナ、結婚10年の夫婦ショットで蒸し返された“アノ話題”】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/15(土) 16:19:09.41 ID:bBojJ6ui9.net


    (出典 www.cyzo.com)


    元美人女流棋士として知られ、近年はバラエティ番組などで活躍してきた竹俣紅が、フジテレビのアナウンサーに内定したことが判明。キー局で相次ぐ有名人採用のブームが止まらない。

    竹俣は中学2年生の時に女流プロになり、美少女棋士として一躍話題に。2019年に将棋連盟を退会した後は、早稲田大学に通いながらタレントとして活躍してきたが、先日、フジテレビに内定したことが報じられた。女子アナ界では、平井理央(おはガール→フジ)、紺野あさ美(モーニング娘。→テレビ東京)、市來玲奈(乃木坂46→日本テレビ)、斎藤ちはる(乃木坂46→テレビ朝日)など、アイドルから女子アナへと転身する例が相次いでいるが、竹俣もそのレールに乗った形だ。週刊誌の芸能班記者がいう。

    「かつてはテレビ局が自前でアナウンサーを育てるのが当たり前でしたが、せっかく一生懸命育てても、人気が出るとフリーになってしまうので、即戦力が求められるようになりました。一方、女子アナになる側の事情でいえば、所属しているアイドルグループが超売れっ子でも、あれだけ人数がいればもらえる給料は雀の涙です。その点、アナウンサーならはるかに給料はいいですし、身分も安定している。まさにウィンウィンの関係です。

    しかも竹俣にはとんでもない援軍がいます。現在、フジテレビの社長は作家の遠藤周作の息子の遠藤龍之介氏ですが、彼は慶応大学時代に将棋部に所属した大の将棋好きで、将棋連盟の理事も務めています。『美人』『元タレント』『元女流プロ』と、ただでさえ持ち駒が豊富な上に、社長のお気に入りとなれば、局を挙げての大プッシュは間違いないでしょう」

    将棋界は現在、藤井聡太クンの快進撃でブームの真っ最中。将棋の駒をマイクに持ち替えた竹俣による踏み込んだ解説も期待されるが、問題はある。大の将棋ファンで、棋士との交友もあるフリーライターがいう。

    「竹俣は小学生時代から天才少女として将棋ファンの間では有名で、渋谷のデパートで開催されるイベントなどにもよく顔を出していました。ただ、問題なのは将棋を離れた経緯です。彼女は高校時代、学業を優先させるために対局を休場しましたが、すでにプロである以上、将棋よりも学業を優先させた時点でプロ失格。その後彼女は将棋界を離れましたが、関係者の間では、プロ棋士としての義務を放棄した彼女に反感を持つ人は多く、『将棋を踏み台にした』という声も聞かれます」(フリーライター)

    フジ女子アナに代々受け継がれてきた『○○パン』を竹俣は拒否?
    一方、不運としか言いようがない問題もある。女子アナウォッチャーがいう。

    「フジテレビの女子アナには、代々受け継がれてきた『○○パン』という愛称があります。これはもともと千野志麻アナの名字とかけた『チノパン』からスタートしたもので、その後、高島彩(アヤパン)、生野陽子(ショーパン)、加藤綾子(カトパン)、三田友梨佳(ミタパン)など、歴代のエースが受け継いできましたが、竹俣紅はちょっと使いにくい。順当にいけば『ベニパン』ですが、これではアダルトグッズの『ペニバン』に見えてしまうのでマズい。『タケパン』にするという手もありますが……難しいところですね」(女子アナウォッチャー)

    “棋士よりも女子アナ”という一手は、果たして正しかったのだろうか。

    https://www.cyzo.com/2020/02/post_231470_entry.html
    (2020/02/13 17:58)


    【【芸能】まさかのベニパン!? フジ内定の元女流棋士・竹俣紅、出世確実でも「パン襲名」は絶対NGか】の続きを読む



    1 湛然 ★ :2020/02/15(土) 04:17:21 ID:gjaJHTvC9.net

    2/15(土) 4:00 スポーツ報知
    元NHKの青山祐子アナ、8年ぶり公の場へ…3月14日「日本博」記念式典で司会決定
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-02150021-sph-ent

    青山祐子アナ

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     昨年3月にNHKを退局した青山祐子アナ(47)が、3月14日に東京・上野の東京国立博物館、本館前庭で開催される「日本博オープニング・セレモニー」の司会を務めることになった。公の場に姿を見せるのは約8年ぶりとなりそうだ。

     青山アナは俳優・谷原章介(47)と2人で、第1部・記念式典の司会を担当する。14日都内で詳細が発表された。マスコミに配布された資料には肩書きなどはなく「青山祐子」と名前のみが明記されていた。

     会見後、関係者は「青山祐子」が元NHKアナであることを認めた上で「安定した実力を持つベテランの方としてふさわしい」という認識のもと、司会起用に至ったことを説明した。しかし、今回の出演が「仕事復帰」を意味するものではなく、現在、家族と住む香港から一時帰国する“単発”での出演だという。

     青山アナはNHK時代、女子アナのエース格として活躍。しかし2012年に第一子を出産後、子宝に恵まれ、現在4児の母親。現場復帰は叶わないまま、19年退局した。スポーツキャスターとして長野(98年)、トリノ(06年)、北京(08年)、バンクーバー(10年)と五輪報道の経験も豊富だった。

    (おわり)


    【【芸能】元NHKの青山祐子アナ、8年ぶり公の場へ…3月14日「日本博」記念式典で司会決定】の続きを読む


    田中みな実、インスタライブでおっぱいアピール


    NO.8188855 2020/02/14 18:22
    田中みな実、インスタライブでおっぱいアピール
    田中みな実、インスタライブでおっぱいアピール
    田中みな実がインスタライブで視聴者から「中は何着てるの?」と聞かれ胸を強調しまくり話題になっている。

    増刷となった初写真集をきっかけに脱ぎたがりが加速。

    今後の露出が気になるところである。

    【日時】2020年02月14日 17:30
    【提供】激裏情報


    【【芸能】田中みな実、インスタライブでおっぱいアピール】の続きを読む

    このページのトップヘ