ネットをザワつかせる地下アイドル・恵中瞳 “33歳”「顔面美容のヒミツ」を語る 


NO.10016041 2021/11/25 18:04
ネットをザワつかせる地下アイドル・恵中瞳 “33歳”「顔面美容のヒミツ」を語る
ネットをザワつかせる地下アイドル・恵中瞳 “33歳”「顔面美容のヒミツ」を語る
知る人ぞ知る、いや、もはや知らなくてはいけないアイドルがいる。それが恵中瞳(えなかひとみ 通称:ひとみん)だ。

6年ほど前、たった数秒テレビに出ただけでネットの話題をさらい、その謎のヴェールに包まれた人物像から、今年7月『アウト×デラックス』(フジテレビ系列)に出演するまでに。人気は国内だけにとどまらず、海の向こうフィリピンでは彼女の楽曲『センチメンタルバースデー』が、11月2日現在、iTunesのJ-Pop部門音楽チャート1位を記録した。

そんな彼女が“33歳”のバースデーライブを期に、ついに独占インタビューに応じた。
知られざるデビューのきっかけや、美貌のヒミツ、ネット炎上事件、ほろ苦い思い出の初恋に至るまで、彼女の口からついに真実が語られる……!

■「小さいころは、牛に乗ってました」
ひとみんは、宮城県仙台市泉区のごく普通の家庭の長女として生を受けた。父と母、そして弟と妹の5人家族だったという。歌が好きな気持ちは、そんな家族との関わりの中から生まれた。

「幼稚園くらいから歌うのが楽しくなって、将来、歌を歌えたらいいなと思ってお風呂場でよく歌っていました。お父さんが好きだったのが伊藤咲子さんだったんです。小さいころはお父さんの海釣りについていっていて、釣りをしているお父さんに伊藤咲子さんの歌や、いろんな歌謡曲、演歌を教えてもらっていました。

お母さんは西城秀樹さんと、いまは二宮和也さんが好きで……。お父さんは亡くなってますが、今も実家には伊藤咲子さんのポスターと、ニノさんの写真が額に入れられて飾ってあります」

【日時】2021年11月25日 17:01
【ソース】週刊女性PRIME







#7 [匿名さん] :2021/11/25 18:12

>>0
なんで見出しで年齢を強調するんだよ


#13 [匿名さん] :2021/11/25 18:22

>>0
スレタイしか見て無いが、どう見てもお婆ちゃんにしこ見えん


#6 [匿名さん] :2021/11/25 18:09

真中瞳?


#10 [匿名さん] :2021/11/25 18:21

>>6
いたね~
たしか改名して東風万智子になった

電波少年の時はなんか好きだったなぁ