「ピンク・レディー」昭和の可愛い大スターの色褪せない魅力!


NO.8947447 2020/10/18 19:21
「ピンク・レディー」昭和の可愛い大スターの色褪せない魅力!
「ピンク・レディー」昭和の可愛い大スターの色褪せない魅力!
大人から子供まで、幅広い年齢層から絶大な知名度を誇る『ピンク・レディー』。

彼女達は1976年、オーディション番組「スター誕生!」に合格してデビューを果たしました。

派手でセクシーなダンスと衣装は、デビュー直後に物議を醸しましたが、特徴的なダンスを子供達が真似するようになり、人気に火がつきました。

それからは新曲を出すごとに大ヒットし、その度に斬新な振り付けや衣装が多くの注目を集めます。

さらに、人気絶頂期にはたくさんのグッズが発売され、CDと共に爆発的な売り上げを記録。

キュートで異次元的な彼女達の存在感は一世を風靡し、もはや社会現象と言っても過言では無いほどでした。

革新的で類を見ない楽曲達に日本中が驚いた彼女達の楽曲は、アップテンポなメロディーに奇抜な歌詞が特徴的で、多くのファンを魅了しました。

昭和のヒットメーカーである都倉俊一が手掛けた、キャッチーで耳に残るメロディー。

そこに破壊力のある阿久悠の詩が載せられ、一度聴いたら病みつきになる楽曲達。

そんな楽曲達を、ミーとケイが圧倒的な歌唱力と表現力で完璧に歌い上げ、手懐けています。

あなたはミー派?それともケイ派?
『ピンク・レディー』の2人は正反対の性格で、それぞれがとても魅力的です。

ミーはおっとりしていてボーイッシュな女性。

さっぱりした性格と人懐っこい笑顔で、子供からお年寄りまで幅広いファン層を獲得しました。

ケイはしっかり者で女の子らしい性格。

のんびりしているミーを引っ張っていく姐御気質な所もあるそうです。

セクシーな彼女は特に若い男性達から人気を集めました。

2人は性格だけでなく歌声も正反対。

ミーのキュートでハイピッチな歌声と、ケイの色っぽくてハスキーな歌声が重なると、2人にしか出すことのできない魅力的なハーモニーが生まれます。

また2人は学生時代からの親友同士だそうで、その絆の深さも魅力の一つです。

1980年に一度は解散したものの、その後何度も断続的な再結成を繰り返してきました。

そして解散から30年たった2010年に「解散やめ!」宣言で、正式な再結成を果たすのです。

そんな彼女達の歴史からも、変わらない友情を感じますね。

「ピンク・レディー」の斬新な楽曲3選『ピンク・レディー』の魅力を引き出す個性的な楽曲達は、当時のオリコンチャートを席巻したものも多くあります。

そんな素晴らしい楽曲達から、今聞いても斬新さに驚く3曲を厳選してご紹介します。

「ウォンテッド (指名手配)」
ウォンテッド 歌詞 「ピンク・レディー」https://utaten.com/lyric/ja00004677120万枚の売り上げを記録した、5枚目のシングル『ウォンテッド(指名手配)』。

この楽曲にはイントロが無く、2人のユニゾンから始まります。

シンプルで力強いメロディーと、キャッチーな掛け声やセリフを組み合わせ、揺れ動く恋心をドラマチックに歌い上げています。

リズミカルで魅惑的な曲調に、自分を弄んだ男を探し出してやる、という女性の強い意志が表れています。

しかしサビの途中で、美しいハモリが特徴的な優しいメロディーへと、曲調がガラリと変わりるのです。

強気な女性が、恋する心細さを歌う女性へ一変する姿が描かれており、その演出は素晴らしく、多くのファンを虜にしました。

またこの曲は、海外で発売された『ペッパー警部』のB面曲として英語バージョンも収録されています。

彼女達の人気は、海外にも広がっていたことが分かりますね。

「S・O・S」
S・O・S 歌詞 「ピンク・レディー」https://utaten.com/lyric/ja00004678『S・O・S』は『ピンク・レディー』にとって初のオリコン1位を獲得した楽曲です。

イントロ部分ではSOSのモールス信号が流れるという、とても斬新で遊び心が溢れた演出になっています。

ポップでガーリーな曲調は、アイドルソングの古き良き時代を感じさせます。

また、彼女達の楽曲では珍しくスローテンポとなっており、乙女チックな歌詞ともマッチしています。

簡単に男性に心を許してはいけない、というアドバイスの様な歌詞も印象的です。

振り付けも、ハンドクラップが入っており、その可愛らしさにより若年層から絶大な人気を博しました。

「モンスター」
モンスター 歌詞 「ピンク・レディー」https://utaten.com/lyric/jb51111120彼女達の8枚目のシングルである『モンスター』は、売り上げ約110万枚のミリオンセラーです。

モンスターの笑い声と、2人の悲鳴で楽曲が始まる革新的な演出が、当時注目を集めました。

曲調もダイナミックで、ヴァイオリンの音や、グルービーなベースはまさに「モンスター」の名にふさわしい世界観を作り上げています。

歌詞は、人間の闇に傷ついている、怖い見た目とは異なる繊細なモンスターが描かれており、そんなモンスターを励ます様な、ポップでコミカルな歌詞が斬新で、日本中に衝撃を与えました。

「ピンク・レディー」の時代は終わらない
現在もアイドルとして活躍し続ける彼女達は、今も多くのファンを魅了しています。

確かな歌唱力とダンスの技術は、彼女達の凄まじい根性がなければ得られなかった、努力の賜物と言えるでしょう。

いつでも全力で、ファンの期待に答えようと頑張り続けた彼女達。

だからこそ他のアイドルと一線を画した存在になれたのだと、ハイクオリティなライブ映像や楽曲達が物語っています。

これからも最前線を走っていく彼女達と、色褪せない楽曲達が有る限り『ピンク・レディー』の時代が終わることはないでしょう。

TEXT 宮本采佳

【日時】2020年10月18日
【提供】UtaTen
【関連掲示板】








#21 [匿名さん] :2020/10/18 19:51

>>0
当時はCDじゃ無く、レコードだろ❗(怒)阿呆だろ此のスレ主


#1 [匿名さん] :2020/10/18 19:24

この偉大なスレに一番のり


#20 [匿名さん] :2020/10/18 19:50

>>1
何処が偉大なスレやねん知恵遅れ


#4 [匿名さん] :2020/10/18 19:27

あの時代にCDなんてなかった
嘘つき


#10 [匿名さん] :2020/10/18 19:32

>>4
レコードしかない時代


#7 [匿名さん] :2020/10/18 19:29

ミーちゃんのファン
同じ誕生日


#15 [匿名さん] :2020/10/18 19:39

>>7
ミー誕生日3月9日


#19 [匿名さん] :2020/10/18 19:48

>>15
レミオロメンの3月9日


#28 [匿名さん] :2020/10/18 20:07

ピンクレディーは当時幼稚園児の俺には刺激が強すぎた


#46 [匿名さん] :2020/10/18 20:33

>>28
同じく幼稚園児だったけど
自分を含め周りの女児は全員ピンクレディーのダンスを真似していた
男児は当時からエロスを理解できていたのか


#30 [匿名さん] :2020/10/18 20:09

アニメで「ピンクレディー物語」やっていた。サクセスストーリーになっていた。


#35 [匿名さん] :2020/10/18 20:17

>>30
そうそう( ^∀^)『ピンクレディー物語・栄光の天使たち』ってアニメーション番組が有ったね❤💕


#31 [匿名さん] :2020/10/18 20:10

ドリフの人形劇、西遊記でオープニングを歌っていた


#36 [匿名さん] :2020/10/18 20:18

>>31
スーパー・モンキー孫悟空♪


#34 [匿名さん] :2020/10/18 20:11

中学生だった俺は、明星や平凡のピンクレディの写真見てシコシコした🤛


#42 [匿名さん] :2020/10/18 20:28

>>34
中学生の頃ミーがセミヌードになった。*ピンクやったわ。


#41 [匿名さん] :2020/10/18 20:25

UFO振付してカラオケで歌う🎤


#45 [匿名さん] :2020/10/18 20:32

>>41
振付師の先生はゲイだったわね。


#48 [匿名さん] :2020/10/18 20:34

>>45
優秀な振付師はゲイと言う都市伝説


#47 [匿名さん] :2020/10/18 20:33

睡眠時間が2〜3時間で働いて
月給10万円だったらしい


#53 [匿名さん] :2020/10/18 21:00

>>47
昭和50年代前半の10万円なら今の10万円より価値あるだろ。物価も安かったし


#58 [匿名さん] :2020/10/18 21:06

>>53
当時の初任給10万円なかった時代


#52 [匿名さん] :2020/10/18 20:59

小1の時からミーちゃんのパンツ見たいとTVにかじりついてた笑


#55 [匿名さん] :2020/10/18 21:02

>>52ませてたんだな


#59 [匿名さん] :2020/10/18 21:12

とーめーにんげん 飛びます飛びます


#60 [匿名さん] :2020/10/18 21:19

>>59
何か違わないか??


#68 [匿名さん] :2020/10/18 21:27

絶頂期は凄かったけど、落ちていくのもあっという間だったよなぁ


#72 [匿名さん] :2020/10/18 21:31

>>68
あの頃って天池真理とかも3年位だよ。
百恵ちゃんやキャンディーズは引退したから伝説に


#82 [匿名さん] :2020/10/18 21:40

>>72
天地真理は今?


#74 [匿名さん] :2020/10/18 21:35

子供の頃はミーフアンだったが年をとるとケイのほうがよい女に見える


#77 [匿名さん] :2020/10/18 21:38

>>74
あ〜分かる


#76 [匿名さん] :2020/10/18 21:37

社会現象起こしたアイドルや芸能人
ドリフターズ かぐや姫   天地真理
山本リンダ
浅田美代子  沢田研二   ピンクレディーキャンディース田中星児
桜田淳子
石野真子
寺尾聰
世良公則&ツイスト
アリス
矢沢永吉
小柳ルミ子
松田聖子
岡田有希子
中森明菜
早見優
河合奈保子
wink
松浦亜弥
ぐらいかな


#80 [匿名さん] :2020/10/18 21:40

>>76
知識が偏りすぎ


#78 [匿名さん] :2020/10/18 21:38

ミーちゃんで
よくぬいてた


#79 [匿名さん] :2020/10/18 21:39

>>78
ピンクレディーは警視庁女警部の前でペッパー警部を歌ってた?


#83 [匿名さん] :2020/10/18 21:42

リリーズは両方ピンクレディーはミーちゃん
winkはさっちんキャンディースはスーちゃん


#84 [匿名さん] :2020/10/18 21:43

>>83
二回目の間違いだから指摘するぞ?
キャンディースじゃなくてキャンディーズだ


#86 [匿名さん] :2020/10/18 21:45

幼いながらにミーの太ももをネタにシコってた記憶がある


#91 [匿名さん] :2020/10/18 21:47

>>86
ほぼ同じく


#98 [匿名さん] :2020/10/18 21:52

>>86
俺も明星平凡のミーの水着で抜いたわ❤️


#93 [匿名さん] :2020/10/18 21:47

ナイトスクープ


#95 [匿名さん] :2020/10/18 21:50

>>93円広志


#94 [匿名さん] :2020/10/18 21:49

ピンクレディー和訳したら
桃色少女


#99 [匿名さん] :2020/10/18 21:52

>>94
エッチじゃん