【有村架純さん】ドラマ『中学聖日記』で共演した岡田健史さんに思うこととは?


NO.8603966 2020/06/24 20:38
【有村架純さん】ドラマ『中学聖日記』で共演した岡田健史さんに思うこととは?
【有村架純さん】ドラマ『中学聖日記』で共演した岡田健史さんに思うこととは?
■有村架純 つむぐ彼女。

彼女は普段、決して瞬発的な発言をしない。

じっくり、ゆっくり、整理して言葉をつむぐ人だ。

だから、表面的には変わりないように見えて心の中ではめまぐるしく気持ちが揺れ動いている。

モア世代になって、たどり着いた答えとは。

■作品に対する母性みたいなものは、大きくなっていると思う。

2018年の前半、有村さんは悩んでいた。

「思い出したくないくらいです。本当にしんどかったし、毎日苦しかったから(笑)」前年の2017年といえば、連続テレビ小説『ひよっこ』で主演を務め、映画『3月のライオン』や『ナラタージュ』では清純派のイメージをくつがえす役で新境地を切り開いた。

そして年末の『紅白歌合戦』では司会の大役に抜擢。

はたから見れば誰もがうらやむキャリアを築いているし、本人ももちろんその幸せは理解していた。

ただし、がむしゃらに走り続けていた足をふと止めた時、「からっぽな私」を実感した。

表現の幅を広げたい、引出しを増やしたい、知識を得たい、言葉を知りたい……。

強烈な焦りに襲われたのだ。

その時の気持ちを5月に発表した写真集『Clear』で吐露している。

「仕事に対する想いや私の内面について、自分から発信するのはなんか違うなって思っていたんです。でも、写真集を手に取ってくださった多くの方々から『私もがんばろうと思いました』という声をいただいたり喜んでもらえたことで、普段言わない心の内をたまには伝えるべきなのかなって、そう思いました」多くの人の目に触れる女優という仕事は特殊だけれど、有村さんが私たちと変わらない揺れる心を持ったフツーの女の子だったことに、救われた人がいたのは確か。

最近の彼女のインスタグラムを彩るのは、スタッフや共演者への愛にあふれた感謝の言葉の数々だ。

「毎日あんなにがんばっているスタッフさんたちが報われないのはおかしい、イヤな思いや悲しい思いをしてほしくないって思うんです。だから私は私で、役者の仕事を全うするのはもちろん、発信や宣伝もできるだけがんばるねって感じ。自分のことで精いっぱいだった頃はそこまで考えられなくて。でもここ2年くらいは、作品に対する愛の深さや母性みたいなものが、大きくなっていると思います」ドラマ『中学聖日記』では、演技初挑戦の岡田健史さんと共演している。



【日時】2020年06月24日 18:34
【ソース】集英社ハピプラニュース
【関連掲示板】








#7 [匿名さん] :2020/06/24 20:57

>>0

続編「中学 "性" 日記」、早よぉ〜!


#13 [匿名さん] :2020/06/24 21:55

>>0お姉ちゃん止められなかったね


#1 [マンコニック] :2020/06/24 20:40

>>0❤️MANCONIQ❤️


#22 [匿名さん] :2020/06/24 22:58

岡田健史は良かったよね。*じゃなかったんだろうけど、それっぽい雰囲気あって。チンカスが少しカリ裏に残ってる初々しさがあったよね。


#24 [匿名さん] :2020/06/24 23:28

>>22お釜野郎ー!己〜www