芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの今話題の女優さん俳優さん、アイドルグループ、芸人さんなど多数芸能ニュースをまとめて紹介しております。

    2022年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     9月28日に放送されたテレビ朝日系の深夜バラエティ番組『NEWニューヨーク』にサプライズ登場した稲村亜美に絶賛の声が相次いでいる。

     この日の『NEWニューヨーク』は「三四郎・小宮の結婚披露宴リハ」という企画で、今年2月に一般女性との入籍が発表された三四郎・小宮浩信の結婚披露宴を練習するというもの。
     会場には小宮と実際に付き合いのある放送作家や後輩芸人が集められ、本番さながらのクオリティで行われた。

     ​>>稲村亜美の立場が危うい? スキルが高くギャラが安い“野球女子”続々登場か<<​​​

     小宮の妻は一般人。今回の企画には「新婦の代役」として、なんと稲村が登場したのだ。
     新婦役が稲村だったのには理由がある。一部週刊紙によると小宮の妻は「稲村亜美似の美女」。よって稲村がキャスティングされたという。

     稲村にとっては何のプラスにもならない「ネタキャスティング」かと思いきや、本人は「本当にうれしい」「本当に(小宮と)結婚する気持ちになってます」とノリノリだった。

     実は稲村は以前から小宮に対してわずかながら好意を抱いていたといい、「こういう世界線もあったのではないか」と口に。これには小宮も思わず照れ笑いしていた。
     
     なお「稲村が小宮に対し好意を抱いていた」というのはどうも事実であるようだ。2020年11月に放送された『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(関西テレビ)では、稲村は小宮が好みのタイプだとし「今度ご飯誘ってください」と積極的にアピールしていた。

     また、リハーサルの後半では、小宮と稲村が即興漫才を行った。ボケの小宮に対し、ドSのキャラを演じるツッコミ・稲村は野球で鍛えた剛腕を活かしハリセン片手に大暴走。即興ながら息も合っており、ネットでは「ハリセンがまじで痛そう」「これは貴重過ぎる」「マジで夫婦漫才みたい」といった絶賛の声が相次いでいた。

     今回の稲村のキャスティングある意味ネタ枠だったが、稲村の言う通り「世界線」が違っていればまた別の展開があったのではないか……と感じざるを得ない回であった。

    m_npn-200024416


    稲村亜美


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】稲村亜美、過去にも三四郎・小宮にアピール?「ご飯誘ってください」新婦役演じ、本心を明かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    7月7日スタートした木曜ドラマ六本木クラス」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)で主演を務める竹内涼真が、同ドラマ最終話が放送される9月29日に自身の公式Instagramを更新。共演者やスタッフへ、熱い想いのこもったメッセージを送り、反響を集めている。

    【写真】「六本木クラス」主演・竹内涼真の笑顔の撮影オフショット(他、22枚)

    同作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」のリメーク版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間とともに立ち向かっていく姿を描く。ジャパンオリジナル六本木クラス」として、ダブルヒロイン新木優子平手友梨奈が務め、東京・六本木を舞台とするストーリー

    この日、竹内は「今夜いよいよ最終回です。」とつづり、白黒写真で自身の頼れる背中姿を投稿。この投稿には、「全員がクランクアップして10日間が経過しようとしている今、やっと終わったんだと実感が湧いてきました。色んな感情が湧き出過ぎてうまく言い表す事ができませんが…1つ言えることは楽しかったなと、」「それはやっぱり素晴らしい原作があってこそなのかもしれません。後は、“人”です。どんなに素晴らしい土台があっても人がよくないと壊れてしまう。新が言ってました『店っていうのは人ですら』この台詞が僕はとても好きです。作品創りに置いても結局は人なんだと実感しました。」「六本木の街で様々な人間関係を創れたことが何より幸せでした。色んな制限があった中でも全員でゴールできて良かった。ありがとう。愛してます。」と、共演者やスタッフへ熱い想いのこもったメッセージを送った。

    この投稿にファンからは「お疲れ様でした!」「毎週の楽しみが…」「終わるの寂しすぎる」「最終回じっくり楽しみます」など、多くの声が寄せられている。


    g0ndARUSui64eWvbtqyMrR-gCFLoTx1JpC2-ynOtqMg

    竹内涼真がInstagramを更新/ ※2018年ザテレビジョン撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】竹内涼真、『六本木クラス』最終回前に共演者へ“熱い想い”のこもったメッセージを投稿「愛してます」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アイドルグループ=LOVEの齊藤なぎさが、30日に放送されるカンテレドキュメンタリー特番『視聴者1人テレビ』(25:25~※関西ローカル)に出演する。

    今年3月に放送された特番『V-1グランプリ めざせ優勝特番! 新世代No.1 VTR決定戦』内で、テレビプロデューサー佐久間宣行氏から「レギュラーになる企画」、テレビディレクター・名城ラリータ氏から「テレビとして連続性が期待できる」と称賛され優勝を果たした同番組。「その相手の人(=視聴者1人)にだけ見てもらえればいい」「誰か1人に本気で伝えたいものがあれば、他の視聴者にも深く伝わるはず」そんなコンセプトの新感覚ドキュメント番組で、スタッフが見つけてきた“超個性的な人物”たちのメッセージVTR作りを“テレビのチカラ”をフル活用してお手伝いする。完成したVTRをたくさんの視聴者が見守るテレビで放送し、「たった1人」に超個人的な想いを届けるがその結果は……。

    MCは3月の特番に続き陣内智則が担当し、特番で審査員を務めた佐久間氏は、先日=LOVEからの卒業を発表したばかりの齊藤と共にパネラーとして出演。収録直後に感想を聞くと、佐久間は「30分番組とは思えない“疲労”を感じるんです……」と話し、陣内も「見ていて“疲れる”ってスゴイですね! いい意味の“疲れ”ですね」と頷いた。齊藤は「普段だったら絶対に関わることのないような人たちの人生、カッコよかったです!」と絶賛。さらに佐久間が「とにかくガチな番組でしたね……。ヤベェ番組が誕生したな!」というと、陣内は「(取材対象者は)まだまだいますよ、10代とか若い子でもいるかもしれない」と期待。齊藤からは「私も波瀾万丈な人生なので、ぜひ私にも(密着取材をしてほしい)!」とのラブコールが飛び出した。

    ogp

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】=LOVE・齊藤なぎさ、密着取材熱望「波瀾万丈な人生なので」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本テレビコントドラマ『イザミと東京03』(毎週土曜14:30~ ※関東ローカル)では、10月1日最終回放送後から、スピンオフ企画をHuluで配信する。

    これは、東京03佐倉綾音の「4人のその後」を描くショートストーリーオークラ氏が2つの物語を書き下ろし、音声メインで展開される。

    22日に行われた『イザミと東京03』のライブ配信イベントに1,300人を超えるファンが集まったが、この配信の前に1本、後に1本のスピンオフストーリー収録が行われた。声優・佐倉綾音でないと絶対に演じられないオークラ氏の脚本に、リハーサルから現場は笑いに包まれた。

    企画・演出の佐久間宣行氏は「4回の収録を経て、完全にできあがった東京03佐倉綾音さんのコンビネーションがこの音声コントでさく裂しています。特に佐倉さんの声優としての実力が悪魔的に発揮される“キャラ変”のコントは、このイザミと東京03の集大成の一つかもしれません。最高でしたし、これ聞いてまたこの番組やりたいと思いました。必見です!!」とコメント

    おなじく、企画・演出の橋本和明氏(日本テレビ)は「多忙なオークラさんが、コント中の歌を自ら作詞作曲。佐久間さんも忙しい中、現場に駆けつけて演出を。東京03さんも佐倉綾音さんも終始楽しそうで、コント好きな人が集まっている幸せな収録現場でした。視聴者の皆さんがこれを見て、イザミロスになってくださったら、きっとまたやれると思うので、応援よろしくお願いします」と話している。

    10月1日に放送される第4話は、「妹はVTuberをやりたくないはず。誰かにやらされているに違いない」と思いこんでいる、ちょっと怖いお兄ちゃん(岡田義徳)が、配信部屋を訪問。配信の言い出しっぺが自分と言い出せない角田は、飯塚がVTuberを勧めたとウソをつくが、そこに飯塚たちが帰ってきてしまう。この第4話は、Huluで先行配信中。

    12102786_src_0

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】佐倉綾音の実力が「悪魔的に発揮される」『イザミと東京03』スピンオフ配信】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    モデルプレス=2022/09/29】俳優の竹内涼真が29日、自身のInstagramを更新。同日最終回を迎える主演を務めたテレビ朝日系木曜ドラマ六本木クラス」(毎週木曜よる9時~)への想いをつづった。

    【写真】竹内涼真「24時間テレビ」舞台裏で“神対応”

    竹内涼真六本木クラス最終回に向け感謝

    橋の上で幻想的に佇む後ろ姿ショットを投稿し、「今夜いよいよ最終回です。全員がクランクアップして10日間が経過しようとしている今、やっと終わったんだと実感が湧いてきました」と心境を吐露した竹内。

    「色んな感情が湧き出過ぎてうまく言い表す事が出来ませんが…1つ言えることは楽しかったなと、それはやっぱり素晴らしい原作があってこそなのかもしれません」と作品へのリスペクトを改めて示し、「後は 人 です。 どんなに素晴らしい土台があっても人が良くないと壊れてしまう。新が言ってました『店っていうのは人ですら』この台詞が僕はとても好きです。作品創りに置いても結局は人なんだと実感しました。六本木の街で様々な人間関係を創れたことが何より幸せでした」と自身が演じる新の台詞を引用しながら、周りの人へ感謝。

    「色んな制限があった中でも全員でゴール出来て良かった。ありがとうございました。愛してます」と結び、最終回の視聴を呼びかけると、最後は共演者の名前を一人ひとりハッシュタグでつけ、チームへの愛が伝わってくる投稿になっていた。

    竹内涼真の投稿に反響

    同作は、絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓って、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく姿を、下剋上を主軸にラブストーリー、そして青春群像劇を交錯させながら描いた韓国ドラマ「梨泰院クラス」を、日韓共同プロジェクトのもとテレビ朝日リメイクジャパンオリジナル六本木クラス」として、東京・六本木を舞台に描いた。

    放送とともにNetflixでも配信され、原作の「梨泰院クラス」をランキングで抜くなど、話題に。この投稿にファンからは「ロスです」「最後までお疲れ様です!」「感動しました」「すでに泣いちゃいます…」と感動と感謝の声が寄せられている。(modelpress編集部)


    Not Sponsored 記事】

    thumb-12160-1899258-entame

    竹内涼真 (C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能】竹内涼真「六本木クラス」完走に心境つづる「全員でゴール出来て良かった」】の続きを読む

    このページのトップヘ