芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。



    1 ひかり ★ :2020/09/22(火) 10:31:12.06 ID:CAP_USER9.net

     華原朋美が21日、今月に入って新設した自身のYouTubeチャンネルで物議を醸した件について、「ヤフコメさんへ」と題した投稿動画で真意の説明とおわびをした。華原は8月末をもって長年所属したプロダクション尾木を退社、事実上のフリーランスとなって今月16日にYouTubeチャンネルを開設。22日午前9時の時点で登録者数は約4万6000人となっている。

     華原は20日付の投稿で、どんどん「口座からお金が減っていく」と明かし、もし芸能の仕事がうまくいかない場合には、息子を育てるためにも「ウーバーイーツ」や「レジ打ち」も辞さないと心境を語った。しかしこれがニュースとして報じられるやネット上で物議を醸し、ヤフーニュースのコメント欄(ヤフコメ)にも「配達員やレジの仕事を見下しているのでは?」といった疑問の声が続出する事態となった。そこで華原は21日付の投稿で事情説明と謝罪をした、というのが事の流れだ。

     華原は「私自身はすごく健康で元気にやっています。ただ本当に口座からどんどんお金が減っていく状況です」と現状を説明。ただしそれは自分だけの問題ではないとして、コロナ禍にあって世の中全体が従来の生活とは変わって、お金がどんどん必要となっていく時代になったのでは、と分析。くだんの「ウーバーイーツ」「レジ打ち」発言については、YouTubeは直接会って話をしているわけではないので誤解を招きやすい、と断りつつ「(レジ打ちなどの仕事を)なめているとか、そういう気持ちで話したつもりではない」と釈明。「私が本当にレジ打ちをやるとなったとき、何もわからないのが現実。そこで一から教えてもらうことはすごい大変なことだしストレスだし絶対難しいと思いました。だからこの件に関してはものすごく反省しています。申し訳ございませんでした」と謝罪した。

     途中、周囲を不安にさせがちな自身の性格にも言及し「私は上がったり下がったりっていう、本当の自分を、いままで芸能界に入って見せてきてますんで、そういういままでの行動が皆さんを不安にさせているんだなって。私が信頼を取り戻さなきゃいけない部分なんだなって思い反省しました。すみませんでした」と自身を省みる発言も。

     さらに、これからの生活や展望についても言及。

     「私、出産を迎える日も親族は誰もついていませんでした。一人で手術室に入って一人で部屋に帰ってきました。家族の話になるのでこれ以上は言いませんが、親に頼ることは十分いままでやってきてしまった。兄弟にも両親にも迷惑ばかりをかけて、ニュースが出るたびにお母さんが血圧が上がってしまったり、本当に引退しようかなとか考えましたけど、私には歌がある、歌いたい、そこしか知らないんですよね」と、もう親には頼らないという気持ちと、歌うことへの思いを吐露。

     「いまままでいろんな方に支えられてここまでこれた。それを水に流したくない。支えてきてくれた方たちに感謝をしながらこの世界でやっていきたい、と覚悟を決めてフリーになりました」と、フリーになった理由についても明かした。

    以下略全文 THEPAGE
    https://news.yahoo.co.jp/articles/06c0ccb59e56404f3587ee408d31d1cb627584fd

    20200922-00010000-wordleaf-000-3-view


    【【芸能】華原朋美、レジ打ち発言の真意説明 支えた人々や歌への思いも明かす】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2020/09/22(火) 19:23:35.17 ID:CAP_USER9.net

    究極のソーシャルディスタンスライブです。

    ToshIさんは約1600席のホールで観客1人に向けてコンサートを開催しました。観客は5000倍を超える抽選で選ばれた1人です。抽選で選ばれた男性は夢のような時間を過ごしました。
     
    Toshl:「自分も勇気付けてもらえるようなこと、これからも発信して実践していきたいと思うので、これからも一緒に運命切り開いて楽しんでいきましょう」

    [2020/09/22 19:02]
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000193780.html

    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    【【芸能】Toshl、観客1人にホールで熱唱 倍率は5000倍超】の続きを読む



    1 あかみ ★ :2020/09/22(火) 12:46:16.76 ID:CAP_USER9.net

    9月22日(火)に「バナナサンド」(毎週水曜夜11:56-0:55、TBS系)の“ゴールデン3時間スペシャル”を放送。とんねるず・木梨憲武とハイヒール・リンゴが結成したコンビ「梨とりんご」がメディア初となる漫才を披露する。

    「梨とりんご」は、9月12日に木梨がパーソナリティーを務めるラジオ「土曜朝6時 木梨の会。」(TBSラジオ)で結成を発表し大きな注目を浴びたコンビ。1980年代からエンタメ界をけん引し続ける同い年の2人の本格漫才に注目が集まる。

    「梨とりんご」は同番組への出演を皮切りにさまざまなメディアに登場する予定。


    プロデューサー・井上整氏コメント

    番組の事前打ち合わせの際、木梨憲武さんから「リンゴ姉さんと漫才させてもらえないか?」と突然切り出され、「な、何のことですか?」と大変驚きました。

    そこからリンゴさんへの出演オファーも木梨さんご自身でしていただき、「梨とりんご」が誕生する初舞台に立ち会わせていただくことができました。

    第7世代の若手芸人の皆さんがネタを披露した同じステージで、“ベテラン第8世代”の2人が誰よりも声を張り上げて本気の漫才を披露します。お笑い界に伝説が生まれる瞬間をどうかお見逃しなく!


    (出典 thetv.jp)


    (出典 thetv.jp)

    https://thetv.jp/news/detail/244015/
    2020/09/22 12:00 配信


    【【芸能】木梨憲武&ハイヒール・リンゴ、漫才コンビ「梨とりんご」結成 『バナナサンド』SPで初披露】の続きを読む


    【独占】超有名歌手Aがテレビプロデューサーと不倫! 90年代から活躍しミリオンを何枚も出した歌手


    NO.8872431 2020/09/22 22:34
    【独占】超有名歌手Aがテレビプロデューサーと不倫! 90年代から活躍しミリオンを何枚も出した歌手
    【独占】超有名歌手Aがテレビプロデューサーと不倫! 90年代から活躍しミリオンを何枚も出した歌手
    超有名女性歌手A(Aはイニシャルではない)が妻子の居る男性と不倫しているという事実をつきとめた。

    これは噂ではなく、証拠もあり裏も取れている。

    その有名女性歌手Aは20年前から活動しており、数万や数十万枚という小さな売り上げではなくミリオンセラーを何枚も出す程の歌手。

    その実力は歌声にあり、彼女にしか出せない高音域が魅力。

    1990年代から活動し、90年代半ばに売れ始めた。

    それは大物プロデューサーのお陰でもある。

    そんな彼女が数年前からテレビ局のプロデューサーと不倫関係にあったという。

    そのテレビ局とはテレビ東京で、自身が担当する番組に女性歌手Aが出演していた。

    その頃から関係があり、お泊まりなどが繰り返されていた。

    プロデューサー側は妻子もちの既婚者で、ついには奥さんにこの不倫がバレてしまったのだ。

    不倫が発覚し今になって、奥さんとプロデューサーは離婚調停、更には裁判に持ち込もうとしているようだ。

    一方、その女性歌手Aは芸能界を引退し事務所を退所、数日前からはYouTubeに動画を投稿している。

    現在は1人の子供と暮らしている。

    事務所の退所時期や妊娠となった相手、出産時期などを書くと特定に至るのでその辺は割愛。

    今回この情報を入手したのはとある筋からの独自に入手。

    プロデューサーと有名女性歌手A、そして奥さんとでの電話による口論なども入手したが流石に個人が特定されてしまうので公開は見送った。

    ・番組プロデューサー、他の女優とも不倫関係にそのプロデューサーはかなり女性癖が悪く、有名女性歌手Aだけでなく女優のK.Aとも不倫疑惑が浮上している。

    こちらはLINEのやりとりしかないため本当に不倫したかどうかは不明であるが、ホテルに行く約束をしていたのは事実だ。

    また女優K.Aはプロデューサーが担当するドラマにも出演している。

    いずれにせよ有名女性歌手Aとプロデューサーとの不倫は確実だ。

    実はこちらの記事、2年前に情報提供頂いたものだが、諸事情により公開を見送っていたもの。

    【日時】2020年09月22日
    【提供】ゴゴ通信


    【【芸能】【独占】超有名歌手Aがテレビプロデューサーと不倫! 90年代から活躍しミリオンを何枚も出した歌手】の続きを読む


    米津玄師「迷える羊」1000年後の未来へ繋ぐメッセージに迫る!


    NO.8872157 2020/09/22 21:07
    米津玄師「迷える羊」1000年後の未来へ繋ぐメッセージに迫る!
    米津玄師「迷える羊」1000年後の未来へ繋ぐメッセージに迫る!
    「迷える羊」という名の舞台米津玄師の5枚目のアルバム『STRAY SHEEP』の表題曲とも言える『迷える羊』は、「カロリーメイト」のCM「変わらないもの」篇のために制作された楽曲。

    米津本人が出演したSF映画のような雰囲気の映像と、クラシック界の作曲家、坂東祐大がアレンジで参加した荘厳さを感じる楽曲で話題を集めました。

    作詞面でも、楽曲と同様に時空を超えた壮大な物語が描かれています。

    迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513冒頭のフレーズは「この世は舞台、人はみな役者だ」という名言を連想させるのではないでしょうか。

    それは、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『お気に召すまま』に登場するセリフ。

    人は誕生とともに人生という舞台に上がり、自分の役割を演じ、死によって舞台を降りるのだと、舞台を人生の縮図として表現しています。

    『迷える羊』では果たしてどんなドラマが繰り広げられるのか、期待と不安が高まる幕開けですね。

    米津玄師にとって「サンタマリア」とは?迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513「サンタマリア」と聴いて思い出すのは、米津玄師のメジャー初シングル『サンタマリア』でしょう。

    サンタマリアとは、イエス・キリストの母「聖母マリア」のこと。

    米津の『サンタマリア』も、信じる心や未来への希望を歌う聖歌のように静かで美しい曲ですよね。

    歌詞の中の「サンタマリア」という言葉も、救いや導きを求めて歌われているのではないでしょうか。

    また、『迷える羊』は、新型コロナウィルスの感染が拡大し、外出が自粛されていた時期に制作されました。

    そこで描かれる人生という名の舞台は、暗転を繰り返しながらどんどん物語が進んで行きます。

    しかし、その「楽屋には サンタマリアがいない」。

    過去のインタビューで『サンタマリア』を「指針になった曲」と語っている米津にとって、このフレーズは、今のこの世界には導いてくれる人がいないという意味なのではないでしょうか。

    変わりゆく社会で見えたもの迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513新型コロナウィルスの影響でツアーが中止となり自粛生活を送る中で、音楽の存在意義について考えた米津。

    そして、この世界で自分のやれることはポップソングを作ることだという結論に至ったと語っています。

    このフレーズには、筋書きも導きもないこの世界で音楽家という役割を担い、苦しみながらも歌を生み出そうとする自分自身の姿が描かれているのかも知れません。

    迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513「背骨をなくした 大きな機械」とは、未知のウィルスのような人知を超えた巨大な力を表しているのではないでしょうか。

    その大きな力が一瞬にして世界の風景を変えていった2020年の姿が表現されているのかもしれません。

    迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513続いて行く混乱の中で、羊飼いの群れからはぐれたかのように、真実を見失い右往左往する無力な人間たち。

    このフレーズは、「そんな状況で可能な限り音楽家としての役割を果たそう、今この瞬間も、すぐに歴史となって未来へと語り継がれるのだから」と伝えようとしているのかも知れません。

    米津玄師が考える未来迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513かぎ括弧で囲まれた部分は『迷える羊』という舞台で音楽家が歌っているのではないでしょうか。

    今から1000年後、地球が存在しているかどうかもわかりません。

    でも、もし人類が生き延びていたとしたら、今、私たちが1000年前の世界を振り返るように、3020年の人々も2020年のコロナ禍を知るでしょう。

    迷える羊 歌詞 「米津玄師」https://utaten.com/lyric/zg20080513コロナ禍の中で、迷いながらもがんばった人々の姿が未来の誰かを勇気付ける日が必ずやってくる。

    「未来のことをよく想像する」と語る米津の、自分たちの生きた証を未来へと繋ぎたいという気持ちが伝わってくる力強いフレーズですね。

    前作『BOOTLEG』から約3年、インタビューでも「考える」という言葉を頻繁に使う彼にとって『STRAY SHEEP』は、現時点の彼がたどり着いた思考の旅路の到達点なのかも知れません。

    TEXT 岡倉綾子

    【日時】2020年09月22日
    【提供】UtaTen
    【関連掲示板】


    【【芸能】米津玄師「迷える羊」1000年後の未来へ繋ぐメッセージに迫る!】の続きを読む

    このページのトップヘ