芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。



    1 牛丼 ★ :2020/01/19(日) 22:19:14 ID:HScDYk3X9.net

    4年の時を経て、神々がよみがえった。「みんなで叶える物語」をキーワードに、オールメディア展開するスクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」シリーズが18、19の両日、さいたまスーパーアリーナでライブイベント「ラブライブ! フェス」を開催。2015年のNHK紅白歌合戦にも出場した伝説のアイドルグループ「μ’s(ミューズ)」が4年ぶりにステージに上がり、ラブライバー(ラブライブ! ファンの愛称)のみならず、共演者も感涙にむせぶ歴史的なライブとなった。

     「ラブライブ! フェス」は、同プロジェクト発のグループ「μ’s」「Aqours(アクア)」、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」がいずれも9人組であることにちなみ、2010年のプロジェクト発足から、まる9年を迎えた昨年に始まった「ラブライブ! シリーズ9周年」記念プロジェクトで企画されたライブ。μ’s、Aqours、虹ヶ咲に加え、Aqoursのライバルであり親友でもある北海道・函館発の姉妹スクールアイドル・Saint Snow(セイントスノー)を加えた総勢29人が一堂に会する超豪華な顔ぶれとなった。

     プロジェクトの初代グループであるμ’sは、アニメ第1期が2013年、第2期が2014年に放送され、楽曲を使用したアプリゲーム「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」の人気も加わって大ブレーク。2015年には劇場版「ラブライブ! The School Idol Movie」が興行収入28.6億円のメガヒットを記録。μ’sもリアルの声優アイドルとして人気爆発、同年の紅白に出場する快挙を達成した。しかし、絶頂期の2016年4月、東京ドームでのライブをもってグループとしての活動を終了。伝説的な存在となっていた。メンバーは声優、音楽活動などそれぞれの道を歩んでおり、ラジオの企画などに出演はしていたものの、9人揃ってグループとしてステージに上がるのは、東京ドームのラストライブ以来、4年ぶりのことだ。

     観客は、開演前にBGMとしてμ’sの曲が流れると、総立ちでペンライトを振って早くもヒートアップ。ライブ後半、μ’sがファーストシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」とともに登場すると、感激で泣き崩れるラブライバーが続出した。そして高坂穂乃果役の新田恵海が「皆さん、お久しぶりです!μ’sです!」と呼びかけると、場内のボルテージは最高潮に達した。

     100曲以上の楽曲を持つμ’sは、この日のための新衣装でテレビアニメで流れた名曲をつなげた「『ラブライブ!』TVアニメメドレー」を歌い、フロート(移動式のステージ)で場内を1周。18日はくしくも関東地方に雪が降ったが、ラストの曲はμ’sの楽曲の中でも屈指の人気を誇る名曲中の名曲、「Snow halation(スノー・ハレーション)」。ラブライバーは大光量オレンジのペンライトを一斉に点灯し、場内はまばゆいオレンジ一色に染め上げられた。

     μ’sの後継であり、現役の声優グループとして活動しているAqoursの高海千歌役・伊波杏樹も“一人のμ’sファン”と化し、エンディングでは涙ぐんで「『Snow halation』の余韻がすごくて…最高でした」と声を震わせるシーンも。新田は「何度でも言わせて下さい。私たちはずっとμ’sです!!」と大歓声にこたえた。公演後、SNS上でも「鳥肌立った」「声が枯れた」「涙が止まらなかった」という反応で埋め尽くされ、衰えぬ人気のほどを物語っていた。

     19日の公演のラストで、μ’sが3月25日にアニメーションPV付きの新曲「A song for You! You? You!!」を発売することが発表された。また、ラブライブ! シリーズの新プロジェクト始動も発表。伝説は受け継がれ、時代を超えて10年目へと物語を紡いでいく。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-01190172-sph-ent

    20200119-OHT1I50158-L


    【【芸能】新田恵海!μ’sが帰ってきた! 伝説のグループ約4年ぶりの降臨にラブライバーもAqnursも感涙…ラブライブ!】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/19(日) 22:12:21 ID:NsDvf11d9.net

    NHK朝ドラ『スカーレット』でヒロインを務める女優の戸田恵梨香と、劇中で夫婦役を演じる松下洸平の熱愛が加速。戸田の周囲が“デキ婚”を警戒しているという。

    「戸田は、朝ドラのヒロインが決まった途端に身辺整理を敢行。交際が報じられていたイケメン俳優の成田凌も捨てて、撮影に臨んでいたといいます」(芸能記者)

    ところが、共演者キラーとして知られる戸田は、そう簡単に“うずき”を抑え切ることができなかったようで、案の定、松下に走ったというのだ。

    「朝ドラや大河の主役、ヒロインは超VIP待遇です。楽屋も他の共演者から隔離され、本来は身内しか立ち入ることができません。それなのに、松下は戸田の楽屋にフリーパスで出入りしているのです。2人きりになった後の撮影で、戸田と松下の顔がツヤツヤしていると、『休憩時間に楽しんできたんじゃないの?』なんてウワサされていますよ」(NHK関係者)

    朝ドラといえば、2013年下半期の『ごちそうさん』で共演したヒロインの杏と夫婦役を演じた東出昌大が放送終了後に結婚しているが、クランクアップ前に何かあれば一大事。

    「戸田は男にドハマリするタイプですが、今回は今までとレベルが違うそうです。万が一、妊娠なんてことになれば戸田の事務所はNHKに顔向けできなくなる。事務所の上層部が、戸田にやんわりと言い聞かせているようですが、聞く耳を持つかどうか…。逆に事務所から交際を反対された戸田が“デキ婚”に踏み切るのではないかと危惧されています」(前出の芸能記者)

    松山ケンイチ、綾野剛、『関ジャニ∞』の村上信五などなど、戸田の歴代の彼氏は、いずれも交際後に大出世している。直近の成田も、公開中の映画『カツベン!』の好演で評価がうなぎ上りだ。

    俳優業と音楽活動を続けていたものの、鳴かず飛ばずだった松下も、素朴な好青年ながら男らしい気質の八郎役で女性ファンが急増。朝ドラの撮影終了後に戸田と結婚しても、捨てられても、このまま売れっ子になることは間違いなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2160992/
    2020.01.19 21:42 週刊実話

    7f02dd65b34d35ca0b40981c3932a


    【【芸能】戸田恵梨香“デキ婚”周囲が警戒…朝ドラ『スカーレット』夫婦役が現実に!?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/19(日) 17:33:32 ID:787rOGwB9.net

     ナイツが19日放送の日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」に出演し、土屋伸之(41)が恐妻家ぶりを相方の塙宣之(41)との掛け合いで紹介した。

     塙「朝、風呂場からポコポコポコって音がするんですって。怖いですね」

     土屋「ウチのカミさんが、朝はコーヒーメーカーをいれる音がうるさいからっていうので、風呂場を閉め切って俺が一人でやってんの。風呂の湯船の上のふたの上に置いたらブルブルって音しちゃうから、俺は風呂場の洗い場のところでしゃがんで膝の上にコーヒーメーカー置いて、こうやってコーヒーいれてんの」

     塙「トイレの怪談話もありましたよね。『いちま~い、にま~い』っていう怖い話(番町皿屋敷)聞いたことあるでしょ。アレ、あったらしいんですよ、土屋家でも。『いちま~い、にま~い』、『何やってんのよ!取ってんのよ!』って」

     土屋「それはウチのカミさんが、俺がトイレットペーパーをね、二巻き以上使うと怒るっていう」

     塙「UFO見たんですよね?朝、ポワ~ンっていう、UFOみたいな光を見たって聞きましたけど」

     土屋「俺が早起きして、目覚まし時計の音がうるさいって言われたから、顔面に強めのライトを当てる、そういう新しい目覚ましを買ったんだよ!それやったら、俺、朝寝ぼけている時に、俺、UFO来たのかなって思ったという」

     なお、土屋の妻は*大学の後輩。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00000059-dal-ent
    1/19(日) 14:03配信

    20200119-00000059-dal-000-view


    【【芸能】ナイツ・土屋が恐妻エピを告白 風呂場とトイレの怪談話、UFO出現 土屋の妻は創価大学の後輩。】の続きを読む



    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/20(月) 10:20:05.35

    NTTドコモ モバイル社会研究所は、「動画サービスの認知率・利用率」に関する調査結果を発表した。同研究所では2019年1月~2月に一般向けモバイル動向調査を実施。今回、無料動画サービス/有料動画サービスに焦点を当てて分析を行った。

     
    .

    無料動画サービス:YouTubeの認知が9割を突破、他サービスは利用率で低迷

    まず「無料動画サービス」について認知率を聞くと、「YouTube」が92.4%と突出。すでにテレビなどに比肩しうるレベルで認知されていることが明らかとなった。以下「ニコニコ動画」74.9%、「GYAO!」62.2%、「AbemaTV」55.1%も高い数字を示した。
    .

    同様に、「有料動画サービス」について認知率を聞くと、「Amazonプライム・ビデオ」(アマプラ)と「Hulu」が、6割台後半でほぼ並ぶ。以下、やや数字を落として「dTV」48.5%、「スカパー!オンデマンド」47.0%、「Netflix」44.7%が続く。
    .

    しかし有料動画サービスでも、利用率を見ると、「Amazonプライム・ビデオ」13.0%がかろうじて目立つぐらいで、その他サービスは一桁前半で低迷していることが明らかとなった。「Hulu」は認知率66.3%とAmazonプライム・ビデオの66.7%に並ぶ一方で、利用率は4.2%と、アマプラの3分の1程度に収まっている。コンテンツラインアップや料金体系にも依存するので、一律に評価判断はできないが、認知率と利用率にかなりのギャップがあるのは興味深い結果と言えるだろう。



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    1/20(月) 8:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000004-webtan-sci


    【【動画サービス】無料「YouTube」有料「アマプラ」の一強が鮮明に YouTubeの認知は9割突破】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/19(日) 20:01:58 ID:NsDvf11d9.net

    昨年の大みそか、テレビ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)で、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が揃って出演。これが“地上波出演本格解禁”として話題を呼んでいる一方、そんな“祝福ムード”に水を差す声が上がり始めているようだ。

    「元SMAPマネージャーで3人が所属するCULEN代表の飯島三智さんの天狗ぶりに呆れるメディアが、出始めています。ジャニーズ事務所取締役だった飯島さんのメディア対応は、いまだに“ジャニーズ方式”。ジャニーズという大きな後ろ盾がない今、そんな天狗対応ではやっていけないのですが、いまだにご本人はそれに気づいていない様子です。昨年は公正取引委員会から注意を受けたりしたこともあり、ジャニーズが影響力を利用してメディアに圧力をかけていると、よく指摘されますが、それだって飯島さんがかつて使っていた手法。そうやってSMAPを国民的アイドルに仕立て上げたんですから」(テレビ局関係者)

     そんな飯島氏の姿勢は、タレントも同様だという。今月10日、草なぎが主演の舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』の公開舞台稽古と囲み取材に登場したときのことだ。

    「当日昼頃に、取材時間の変更連絡がメディアにきたんです。午後5時20分からの予定だった囲み取材が、午後6時からに。舞台稽古中ですから時間がずれるのは珍しくもないので、特段気にしていませんでした。しかし、草なぎ本人が囲み取材中に『さっき40分くらい昼寝したんですけど』と言ったんです。40分押しは、まさかの草なぎの昼寝待ちだったのでしょうか。

     さらに、舞台初日の前日なのに『まだセリフを覚えていない』とか『芝居って難しいですよね、怒ってないのに怒ったり、悲しくないのに泣いたり』などと、とてもプロとは思えないような発言ばかり。SMAP時代なら許された言動かもしれませんが、ただの怠慢にしか見えませんね。正直呆れました」(メディア関係者)

    深夜会見でメディアから反感
     翌11日には、稲垣と香取が東京パラリンピック関連イベント「NO LIMITS SPECIAL 2020」に小池百合子都知事とともに出演した。

    「囲み取材は用意されていませんでしたが、スポーツ紙6紙だけが集められての囲み取材が行われていました。スポーツ紙の事務所担当記者だけを別室に呼んで、レクチャーや囲み取材をしたりするのは、ジャニーズ事務所のやり方です。社名と記者の顔もしっかり把握できているので下手なことを書かれなくてすみますし、都合の良いことを吹き込めばいいわけです。

     スポーツ紙に扱われた記事は、翌日朝の民放情報番組が紹介することで一気に拡散されるため、情報をコントロールしやすい方法なんです。しかし、今となってはスポーツ紙だってそこまでこの3人の情報を欲しがってはいません。この日も何紙かの記者はすでに現場を離れて、事務所サイドから呼び出しをかけられるほど。メディアも興味をなくしているんですよ」(テレビ局関係者)

     3人は2017年9月に「新しい地図」というユニットを立ち上げ再始動したが、こんなこともあったという。

    「再始動当初、東京・千代田区の帝国ホテルで期間限定のグッズ売り場を開設する際も、深夜にメディアを集めて会見を開くなどして、メディアからの反感を買っていました。こうしたことの積み重ねが、今後の活動にボディーブローのように効いてくると思いますよ」(スポーツ紙記者)

    地上波への“本格復帰”を果たしたこのタイミングだけに、新しい地図サイドは“配慮ある”対応を求められそうだ。

    2020.01.19
    https://biz-journal.jp/2020/01/post_137578_entry.html

    1375781


    【【芸能】新しい地図、飯島三智氏の“天狗ぶり”にメディアが総スカン…ジャニーズ方式抜けず】の続きを読む

    このページのトップヘ