芸能ニュースまとめサイト

2chなどでの女優さんや俳優さん、アイドルグループ又はジャニーズ関連などの芸能ニュースをまとめて紹介しております。


    AKB48柏木由紀、謎の30歳までアイドル宣言ビキニ披露

    NO.8199635 2020/02/18 13:35
    AKB48柏木由紀、謎の30歳までアイドル宣言ビキニ披露
    AKB48柏木由紀、謎の30歳までアイドル宣言ビキニ披露
    凋落甚だしいAKB48だが、古参メンバーの柏木由紀が週刊ビッグコミックスピリッツでビキニ披露。

    現在28歳だが30歳までアイドル宣言、誰得ムードが漂っている模様。

    クラスで数番目にカワイイレベルの売れないB級アイドルを寄せ集め、まとめて売り出し。

    往年の「おニャン子クラブ」秋元スタイルは飽きられれば一気に凋落する。

    元おニャン子工藤静香や渡辺満里奈レベルに生き残るメンバーはいるのだろうか。

    30歳まで脱ぐ宣言の柏木由紀、逆行の中どう転ぶのか、

    【日時】2020年02月18日 13:30
    【提供】激裏情報


    【【芸能】AKB48柏木由紀、謎の30歳までアイドル宣言ビキニ披露】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/17(月) 21:25:29 ID:kv+a+4S89.net


    (出典 www.cyzo.com)


    女優・桜井日奈子が16日、神奈川・横浜国際プールで行われたセガサミー冠協賛試合、
    プロバスケットボールB1リーグ第23節横浜ビー・コルセアーズ対サンロッカーズ渋谷戦にゲスト出演し、“女優軍団”による夢のバスケットボールチーム構想を明かした。


    幼少期から高校3年生まで約13年間のバスケットボール経験がある桜井はこの日、自身が中学生時代に背負っていたというキャプテンナンバー4番の横浜のユニホームに身を包み、
    セガサミーホールディングス株式会社の里見治紀社長と共に試合前やハーフタイムに行われたセレモニーに登場。

    制限時間1分以内にスリーポイントシュートを決める“3Pチャレンジ”では、開始15秒で早速1本目のシュートを決めると、その後も立て続けに決めてトータル5本のシュートを成功させた。


    (出典 www.cyzo.com)


    桜井は、「緊張しました。普段は立てないプロの方たちが試合をする場所に立たせていただいて、シュートができたことが感動です。ありがとうございました」と笑顔で感謝。

    その一方で、自身のチャレンジの点数を聞かれると、「40点」とし、「(学生時代の)ポジションがポイントガードで、スリーポイントシュートは得意だったので、本当だったらもっと入っていたと思うんですけど…」と悔しさもにじませた。

    そんな桜井は、「これからますますバスケットボールが広がるようにお手伝いできればいいなと思います。芸能界でバスケットボールのチームを作れたら面白いんじゃないかなと思います」と意欲を見せた。


    (出典 www.cyzo.com)


    チームの人選を聞かれると、「女優さんにバスケをやっていたという方が多くて。綾瀬はるかさんや広瀬すずさん、広瀬アリスさん、おのののかさんもやっていたと伺ったことがあります。
    “女優軍団”を結成できたら、別の意味で勝てそうですよね」とニッコリ。
    「自分がキャプテンをやる?」との問い掛けには「ぜいたくは言いません」と謙遜して笑わせていた。

    https://www.cyzo.com/2020/02/post_231822_entry.html
    2020/02/17 21:00


    【【芸能】桜井日奈子、13年間の経験生かして“女優軍団”による夢のバスケチーム構想を明かす】の続きを読む


    【観覧注意】高2女子が電車に飛び込み自殺 スマホでライブ配信していた いじめ・性的虐待を苦に!?


    NO.8200131 2020/02/18 17:53
    【観覧注意】高2女子が電車に飛び込み自殺 スマホでライブ配信していた いじめ・性的虐待を苦に!?
    【観覧注意】高2女子が電車に飛び込み自殺 スマホでライブ配信していた いじめ・性的虐待を苦に!?
    18日朝、横浜市の相鉄線瀬谷駅で高校2年の女子生徒(17)が電車にはねられて死亡しました。

    ホームのベンチにはスマートフォンが動画を撮影している状態で置かれていました。

    午前7時前、横浜市の相鉄線瀬谷駅で「人身事故が起きた」と駅員から通報がありました。

    警察によりますと、高校2年の女子生徒が通過予定だった特急電車にはねられ、駆け付けた警察官がその場で死亡を確認したということです。

    ホームのベンチには女子生徒のものとみられるスマートフォンが線路の方向にカメラを向けて置かれていました。

    動画を撮影したままの状態だったということです。

    女子生徒のものとみられるSNSのアカウントには線路に飛び降りる様子が残されていて、警察が確認を進めています。

    警察によりますと、特急は瀬谷駅には止まらない予定で、ホームの防犯カメラには通過する直前に女子生徒がホームから線路に飛び降りる様子が写っていたということです。

    警察は女子生徒が自殺した可能性があるとみて詳しいいきさつを調べています。

    この事故で相鉄線は一時、全線で運転を見合わせました。

    【日時】2020年02月18日
    【提供】gossip!
    【関連掲示板】


    【【観覧注意】高2女子が電車に飛び込み自殺 スマホでライブ配信していた いじめ・性的虐待を苦に!?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/17(月) 21:14:18 ID:kv+a+4S89.net

    『声優名鑑』は今から19年前の2001年に初めて同誌の付録になったが、当時、女性の掲載人数はわずか225名だった。
    しかし、令和最初になる今回の名鑑では『女性編』の掲載人数が907名に達しており、読者から驚きの声が上がった。

    ネット上では、

    《若い子の夢を聞くと?声優?というやつ多いよね。そりゃ人数も増えるわけだ》
    《昔に比べて4倍以上の増加か。すごいな》
    《声優が紅白に出る時代だからね。若い子の憧れなんだろう》
    《毎年楽しみにしているが、年々付録が厚くなっていくよね》

    など、大きな反響を呼んでいる。

    しかし、一方で、市場規模の小さい声優業界に、多くの女性声優希望者が集まっていることを危惧する声もある。

    《おいおい、こんなに声優の需要あるのか? 若いやつはよく考えて職業選べよ》
    《この名鑑に載っていない予備軍はさらに多いことだろう。みんなアフォとしかいいようがないなw》
    《どんだけ声優に夢持ってるんだろうか。仕事があるのなんてほんの数十人しかいないぞ》

    商売として成り立っていない
    「若い女性のなりたい職業の中で、声優はかなりポイントが高いですね。特に幼少期から日常的にアニメを見てきた人は憧れも強いのでしょう。
    実際、声優の専門学校への入学希望者も年々増加しており、学校側もさまざまなコースやカリキュラムを用意していますが、現実は声優事務所に所属できるのはごくわずか。
    大学と違い卒業しても何のアドバンテージもありませんから、ある意味、バクチみたいなもんです。
    むしろ、俳優を目指した方がまだ成功する可能性は高いかもしれませんね」(業界関係者)

    実際、多くの声優が仕事にあぶれているのが現状だという。

    http://dailynewsonline.jp/article/2197811/
    2020.02.17 17:30 まいじつ
    1954057139cd426a154d55c643e7ab8
    1954057139cd426a154d55c643e7ab8


    【【芸能】希望者殺到“声優界”にベテランが警鐘…「憧れだけではどうにもならない」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/17(月) 21:22:59 ID:kv+a+4S89.net

    NHKが春の改編で敢行する、人気女子アナ2人の「朝夜コンバート」が大きな話題となっている。「ニュースウオッチ9」でMCを務める桑子真帆アナ(32)と、「おはよう日本」のMC・和久田麻由子アナ(31)がそっくり入れ替わるのだが、これを「上層部を巻き込んだエース女子アナの『覇権バトル』」だとNHK関係者は語る。

    「桑子アナが2年連続で続けた『紅白歌合戦』の総合司会の座を、昨年は和久田アナが奪ったことからもわかりますが、上層部の間で『桑子推し』『和久田推し』がハッキリと分かれている。局内でもこのコンバートで『どちらが本当のエースか、白黒つけさせる』という意味合いがあるようです」

    同関係者は「現状は和久田アナの圧倒的優勢」だと明*。

    「2月13日に両者が出席した発表記者会見では、明らかに和久田アナに多くのフラッシュが焚かれていた。注目度に歴然の差があります。また『無類の酒好きである桑子アナに、朝の仕事は絶対ムリ』ともささやかれている」

    加えて桑子アナには、さらなる逆風が吹いているという。

    「昨年から『ニュース7』サブキャスターを務める上原光紀アナ(28)の台頭は、桑子アナにとっては驚異そのものでしょうね」(前出・NHK関係者)

    つい先日、慶応大学の先輩にあたる銀行員との結婚報道で話題を振りまいた上原アナだが、

    「実は、彼女は桑子アナへの強烈なライバル心を持っているんです」

    と同関係者は語る。

    「5年前、広島放送局に上原アナが桑子アナと入れ替わる形で配属されたのですが、そこで上原アナは『桑子さんには絶対負けたくない』と口癖のように周りに言っていたとか。今後の彼女の活躍次第では、上原・和久田“二強体制”もありうるかも」(前出・NHK関係者)

    2月18日発売の週刊アサヒ芸能2月27日号は、さらに民放局も交えた、この春大きく書き換えられるだろう女子アナ勢力地図を大胆予想している。

    http://dailynewsonline.jp/article/2197817/
    2020.02.17 17:58 アサ芸プラス
    f95ee855f5665c51ba53220ae6db7aff33fd8f21_w=66


    【【芸能】「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ】の続きを読む

    このページのトップヘ